2008年09月09日

リリー・マルレーン



「リリー・マルレーン」は第二次世界大戦中、ドイツ人の歌手、ララ・アンデルセンが歌って、ドイツ兵だけでなく、敵のイギリス兵たちの間にも大流行した歌です。
ラジオからこの曲が流れると敵も味方も攻撃を中止して、歌に耳を傾け、遠い故郷の事を想ったそうです。
ドイツ出身でハリウッドで活躍していた女優、マレーネ・ディートリッヒはナチス政権を批判して、連合軍のために慰問を行き、この歌をよく歌いました。

マレーネ・ディートリッヒの「Lili Marlene


マレーネ・ディートリッヒのすべて  ジ・アンソロジー 1930〜1949 《ベスト名曲集》  ミルバ・クラシックス  ユーラシアン狂詩曲  加藤登紀子 全曲集
タグ:流行歌
posted by 酔雲 at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 20世紀>戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする