2008年03月11日

一九と艶本「葉男婦舞喜」

艶本「葉男婦舞喜」


「葉男婦舞喜(はなふぶき)」は享和2年(1802年)に刊行された喜多川歌麿の艶本です。
上巻、中巻、下巻と三冊からなる半紙本で、序文と付文は道楽人と号した十返舎一九が書いています。
艶本は最初に序文が付き、何枚かの春画があって、付文と呼ばれる、絵とは直接関係のない艶笑小話が付いていました。
一九が書いた付文は上巻が「若後家の精進おちに納所坊の口を吸物」というタイトルで、若後家と納所坊主の話、中巻では「大雁高の矢次速もおくれをとる油断大開(へき)」というタイトルで、六尺余りもある大女の姫君と細工職人の話、下巻では「飯焚男のしめた顔は淫乱の巾着陰(ぼぼ)」というタイトルで、好き者の妾と屋根屋の話を書いています。
享和2年は「東海道中膝栗毛」の初編が売り出された年でもあり、一九が売れっ子作家になった記念すべき年になりました。


草津温泉膝栗毛・冗談しっこなし


歌麿の謎美人画と春画  春画と肉筆浮世絵  絵入春画艶本目録  江戸版本解読大字典  


posted by 酔雲 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸時代>文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。