2007年10月04日

和泉式部

和泉式部日記(上)


和泉式部は中古三十六歌仙の一人で、情熱的な恋多き女性として有名です。
10世紀後半に生まれ、「源氏物語」を書いた紫式部より5歳位若いようです。
19歳頃、和泉守橘道貞と結婚して、翌年、小式部内侍を産みますが、道貞との仲は冷めてしまい、為尊親王との恋に落ちます。しかし、為尊親王は腫れ物を患って、26歳の若さで亡くなってしまいます。
悲しみに暮れていると、為尊親王の弟、敦道親王から声が掛かかります。敦道親王は和泉式部よりも年下でしたが、敦道親王の求愛を受け入れて敦道親王のもとへと行きます。その幸せも長続きしませんでした。敦道親王も27歳で亡くなってしまいます。
敦道親王の死から3年位経って、和泉式部は20歳年上の藤原保昌の妻となり、京都を離れて、保昌の任地、丹後の国へと赴きます。保昌は藤原道長の四天王と称された有能な武将だったようです。保昌の弟、保輔は和泉式部がまだ子供に頃に亡くなっていますが、盗賊の頭だったようです。
興味深い女性で、詳しく調べれば面白いエピソードが数多くありそうです。


和泉式部日記(中)  和泉式部日記(下)  和泉式部  和泉式部  宮廷の女性たち  小説和泉式部  


【関連する記事】
posted by 酔雲 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 平安時代>人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

約束 (角川文庫 い 60-1)
Excerpt: もう立ち上がれないほどの悲しみに見舞われた時、深い絶望に心が凍りついた時『あぁもうダメだ』と思ったとき、私はきっとこの本の事を思い出すと思います。「避けられない悲しみの中にも、人は希望を見出す事が出来..
Weblog: りなのブログ
Tracked: 2007-10-09 05:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。