2007年08月23日

和泉守兼定

和泉守兼定


戦国時代、二代目孫六兼元と双璧を成すのが和泉守兼定です。
初代兼定の倅で、二代目孫六とは兄弟弟子の間柄です。
孫六の刀と同じように、実践向きの頑丈で鋭い斬れ味を持ち、しかも、風格のある優れた出来ばえが、名立たる戦国武将に好まれました。武田信玄、細川幽斎、森長可などが愛用していたようです。
新撰組の土方歳三も和泉守兼定を所持していましたが、二代目ではなく、幕末に活躍した会津藩の刀匠、11代目の兼定のようです。


ラベル:刀匠
posted by 酔雲 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国時代>人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。