2007年08月16日

孫六兼元

孫六兼元


孫六兼元は「関の孫六」の名で有名な美濃の国、関の刀工です。永正年間(1504〜1521年)に活躍した二代目が最も有名で、数々の名刀を残しています。
二代目の刀は戦国の気風に合った実践向きの刀で、頑丈で折れる事なく、斬れ味が鋭く、武田信玄、豊臣秀吉など名のある戦国武将に好まれました。
「三本杉」と呼ばれる独特な刃文が特徴です。


ラベル:刀匠
posted by 酔雲 at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国時代>人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。