2020年09月12日

尚巴志伝 あらすじと解説 第二部 236.クーイの若ヌル

中山王が攻めて来るという噂を聞いて、攀安知に連れられて今帰仁グスクの一の曲輪の御殿に入ったクーイの若ヌルのマナビダルは、戦が始まるから島に帰れと攀安知に言われましたが帰りませんでした。
島から連れて来た侍女のカフィとイリーを連れて、グスク内をうろうろしていても、攀安知に寵愛されているマナビダルに文句を言う者はいませんでした。
奥間から贈られた側室のウクとミサは、奥間が焼かれてから御内原に戻って来ないで、外曲輪にいると聞いたので行ってみました。
城女たちと一緒に炊き出しをしていたウクとミサから、志慶真ヌルが南部にいた時、女子サムレーだったと聞いたマナビダルは志慶真ヌルに会いに行きました。
「志慶真のウトゥタル」のお芝居を観てから、マナビダルは強いウトゥタルに憧れて、武芸を身に付けたいと思っていたのでした。
マナビダルは志慶真ヌルに頼んで、朝のお祈りの後に武芸を習う事になりました。

マナビダルが朝早くから剣術の稽古を始めると言ったので攀安知は驚きましたが、マナビダルはカフィとイリーを連れて志慶真村に行きました。
志慶真ヌルに師事して2日目の朝、マナビダルたちが志慶真ヌルの屋敷に行くと志慶真ヌルはいませんでした。
諸喜田大主が捕まえに来て、クボーヌムイに籠もっているというので、マナビダルたちはクボーヌムイに行って、志慶真ヌルと一緒にお祈りをして、剣術を習いました。
3日目の朝、諸喜田大主から、志慶真ヌルをウタキから出してくれと頼まれましたが、マナビダルは断りました。
4日目の朝、剣術の稽古を終えて志慶真曲輪に戻ると山北王が待っていて、一緒に散歩しました。
10日間、辛抱すれば梅雨に入って敵は逃げていくだろうと攀安知は言いました。

剣術の稽古を始めて7日目の正午頃、いよいよ、中山王の兵が今帰仁に来ました。
4月6日、9日目の稽古が最後となり、中山王が攻めて来たから明日の朝は来なくていいと志慶真ヌルは言って、マナビダルに武当拳の呼吸法と套路(形の稽古)を教えてくれました。
稽古が終わったあと、当分、会えなくなるからと言って、志慶真ヌルはマナビダルの祖母の話をしてくれました。
祖母が今帰仁の若ヌルだったと聞いて驚き、攀安知の祖父は祖母の敵で、あなたは知らないうちに、敵の孫を好きになってしまったのよと言われて、マナビダルは愕然となりました。

4月7日の夜明け頃、戦が始まり、雷が落ちたかという大きな音でマナビダルは目を覚ましました。
その日の正午前、鉄炮の音がまた鳴り響いて、鉄炮の音はやむ事がなく、続けざまに鳴り響きました。
鉄炮の玉が屋敷を破壊する音が聞こえ、あちこちから悲鳴も聞こえ、生きた心地がしない恐ろしい時が永遠に続くと思われ、恐ろしさのあまり、マナビダルは気を失いました。
目を覚ましたマナビダルは記憶を失い、目の前にいる攀安知が誰だかわからず、破壊された部屋の中を見ても、ここがどこなのかわかりませんでした。

その頃、クボーヌムイの山頂近くで、志慶真ヌルがシンシン、ナナ、タマと一緒にマジムン(悪霊)退治をしていました。
マジムンはマナビダルの祖母で、祖母は帕尼芝に対する恨みを娘に伝える事なく、一人で抱えたまま亡くなりましたが、亡くなったあとも、その怨念が消える事はなく、マジムンになってしまい、孫のマナビダルに取り憑いたのでした。

マナビダルはカフィとイリーから話を聞いて、自分が山北王の側室として今帰仁グスクにいると聞いて驚きました。
カフィとイリーは島の娘なので記憶にありましたが、山北王と出会った記憶はありません。

4月8日、飾ってあった綺麗な壺に鉄炮の玉が当たって、壺が壊れて、その破片がイリーの背中に刺さり、イリーは亡くなりました。
4月10日、三の曲輪を敵に奪われ、4月11日、朝から鉄炮の音が鳴り響き、何かが崩れる大きな音がして、天井から太い柱が落ちてきて、マナビダルとカフィは押しつぶされました。









登場人物

・クーイの若ヌル
マナビダル。
祖母は今帰仁ヌルで、攀安知の祖父、帕尼芝によって沖の郡島に流されるが、マナビダルは知らない。
沖の郡島に来た攀安知と結ばれて側室になる。
攀安知が築いた豪華な御殿に移り、侍女たちに囲まれて暮らす。
安須森参詣に参加して、佐敷ヌルと平田ヌルと仲良くなる。
新年の行事を終えた攀安知が島に来て、新年を祝う。
奥間を攻めた一月後、攀安知が来たので、王妃のマアサを追い出してと言うが、攀安知が中山王になった時の王妃はお前だと言われて満足する。
今帰仁のお祭りに行き、城下の屋敷に滞在して、攀安知とお祭りを楽しむ。
お祭りの翌日、中山王が攻めて来るという噂を聞いて驚き、攀安知に連れられて今帰仁グスクの一の曲輪の御殿に入る。
夜、城下が全焼する。
攀安知から島に帰れと言われるが帰らず、2人の侍女を連れて外曲輪に行き、ウクとサキと一緒に炊き出しを手伝う。
ウクとサキと一緒に志慶真村に行き志慶真ヌルと会い、朝のお祈りの後に武芸を教えてもらう事になる。
3月30日、諸喜田大主から、志慶真ヌルをウタキから出してくれと頼まれるが断る。
4月1日、剣術の稽古を終えて志慶真曲輪に戻ると山北王が待っていて、一緒に散歩する。
4月4日、中山王の兵が今帰仁に来て、城下の焼け跡で陣地作りを始める。
4月6日、最後の稽古の日、志慶真ヌルから武当拳を教わり、祖母が今帰仁若ヌルだった事を聞いて驚く。
4月7日、戦が始まり、鉄炮の玉が飛んできて、恐怖に襲われて気を失い、目を覚ますと記憶を失っていて、攀安知の事を覚えていない。
4月8日、鉄炮にやられて侍女のイリーが亡くなる。
4月10日、三の曲輪を敵に攻め取られ、あと5日の我慢だと攀安知に言われる。
4月11日、朝から鉄炮の音が鳴り響き、何かが崩れる大きな音がして、天井から太い柱が落ちてきて、カフィと一緒にを押しつぶされる。

・攀安知
山北王。
父はa、母は名護按司の娘。童名はハーン。
祖父は初代山北王の帕尼芝(はにじ)。
妻は武寧(ぶねい)の娘、マアサ。
奄美大島攻めを失敗した腹いせに伊平屋島を攻める。
中山王に奪われた与論島を取り戻すために中山王と同盟する。
娘婿の保栄茂按司を助けるために南部に兵を送る。
若按司のミンを山南王の世子として送り込み、山南王を倒そうとたくらむ。
女たちを連れて沖の郡島に行き、クーイの若ヌルと出会い、一目惚れをして側室に迎える。
今帰仁のお祭りにクーイの若ヌルを呼び、城下に屋敷を用意して入り浸る。
湧川大主が鬼界島攻めに行った後、クーイの若ヌルに会うため沖の郡島に行くが、新しい海賊がやって来たので、慌てて運天泊に行き、海賊を歓迎する。
今帰仁に来た王女たちと会い、歓迎する。
お寺も三つ建って首里は都として完成しつつあるし、浮島には南蛮の船も来ている。そろそろ首里を奪い取る時期が来たのかもしれないと琉球の絵地図を眺めながら首里グスクを攻める作戦を練る。
新しい進貢船は下賜されたが、リュウインを明国に置いて来たテーラーを怒鳴り、高価な茶碗を投げつける。
鬼界島攻めに失敗した湧川大主を怒鳴って追い返す。
新年に挨拶に来た湧川大主とテーラーを追い返し、新年の行事を終えると沖の郡島に行ってクーイの若ヌルと会う。
機嫌良く今帰仁に帰ってきたが、クンから奥間ヌルのマレビト神が島添大里按司だと聞いて、抑えていた怒りを爆発させ、奥間を攻め滅ぼせと諸喜田大主に命じる。
奥間を焼き払った後、中山王が攻めて来ないかと不安になり、義弟の愛宕之子を首里に送って中山王の様子を探らせる。
中山王に戦を始める気配がないという報告を受け、安心してクーイの若ヌルに会いに行く。
那覇陣に来た李芸を機嫌良く迎えて、領内で被慮人を探して、朝鮮に連れて帰る許可を出す。
娘のママキを瀬長按司の息子に嫁がせ、瀬長島に兵を送り込んで、中山王を攻めようと考える。
本部のテーラーを今帰仁に呼び、娘のママキの縁談をまとめるように頼み、今帰仁のお祭りで行なわれる武芸試合の検分役も頼む。
今帰仁のお祭りにクーイの若ヌルを呼び、お忍びでお芝居を楽しむ。
お祭りの翌日、中山王が攻めて来るという噂を聞いて驚き、クーイの若ヌルを連れて今帰仁グスクに帰り、重臣たちを集めて意見を聞き、中山王が攻めて来ても、このグスクを攻め落とすのは不可能だとテーラーに言われて、その通りだと思い、冷静さを取り戻す。
サムレー大将たちに戦の準備をさせ、諸喜田大主を奥間から撤収させ、湧川大主を呼べと命じる。
一晩のうちに父親が造った城下が全焼してしまい、うなだれるが、中山王が攻めて来れば城下は焼かれる。それが少し早かっただけだと開き直る。
今帰仁に来た湧川大主に、中山王を倒すために、武装船の鉄炮をすべてはずして持って来いと言う。
湧川大主の逃亡を知り、怒りにまかせて高価な茶碗を投げつる。
勢理客ヌルと今帰仁ヌルの進言によって、志慶真曲輪の守りを変える。
リュウインが作った投石機を思い出して、同じ物を作らせる。
外曲輪の今帰仁ヌルの屋敷は本陣として使う事にして、ヌルたちを御内原に移動させる。
4月1日、クーイの若ヌルを連れてグスク内を見回る。
4月4日、中山王の兵が今帰仁に来て、城下の焼け跡で陣地作りを始める。
4月7日、戦が始まり、三の曲輪にある物見櫓の上から指揮を執る。
御内原のウタキでお祈りをしていた姉の今帰仁ヌルが鉄炮の玉で砕けた岩の破片が刺さって亡くなる。
一の曲輪の御殿に戻るとクーイの若ヌルが恐怖のあまりに記憶を失っている。
外曲輪を敵に奪われ、側室のウクとミサ、娘のママキも殺されたと思う。
本陣を三の曲輪から御内原に移す。
4月8日、諸喜田大主と謝名大主が戦死し、志慶真曲輪が敵に奪われる。
鉄炮にやられてクーイの若ヌルの侍女、イリーが亡くなる。
4月9日、志慶真村のサムレー大将、前原之子と上原之子が外曲輪に突撃するが、裏切られて投降する。
リュウインの弟子10人に外曲輪に出て攻撃するように命じる。
4月10日、抜け穴を利用した敵に三の曲輪を奪われ、クンが裏切ったのかと疑う。
4月11日、天井から落ちてきた太い柱にクーイの若ヌルが潰される。

・カフィ
クーイの若ヌルの侍女。
沖の郡島生まれ。
お祭りの翌日、クーイの若ヌルに従い今帰仁グスクの一の曲輪の御殿に入る。
クーイの若ヌルと一緒に志慶真ヌルから武芸を習う。
4月11日、天井から落ちてきた太い柱にクーイの若ヌルと一緒に潰される。

・イリー
クーイの若ヌルの侍女。
沖の郡島生まれ。
お祭りの翌日、クーイの若ヌルに従い今帰仁グスクの一の曲輪の御殿に入る。
クーイの若ヌルと一緒に志慶真ヌルから武芸を習う。
4月8日、鉄炮にやられて亡くなる。

・フミ
中山王から贈られた山北王の側室。
ウニタキの配下。
クンと仲がよく、クンが国頭に帰ったので側室たちに仲間はずれにされている。
大将たちの配置図を書いて、外曲輪にいるウクに渡す。

・ウク
奥間から贈られた山北王の側室。
外曲輪にできたお芝居小屋で、娘たちに踊りや笛を指導している。
娘のママキはお芝居に夢中になっていて、攀安知はママキのためにお芝居小屋を建てた。
奥間炎上後、御内原に行く事はなく、芝居小屋でユラと一緒に寝泊まりする。
今帰仁のお祭りでクン、ミサと一緒に華麗な踊りを披露する。
外曲輪で焼け出された人たちの炊き出しをやっていて、クーイの若ヌルと一緒に志慶真ヌルに会いに行く。
中山王の兵が今帰仁に来たので、御内原に戻れと山北王に言われるが断る。
外曲輪内の屋敷に避難していて、中山王の兵が外曲輪に攻め込んだ時、ウニタキに保護される。
サハチと会い、フミから渡された敵将の配置図を渡す。

・ママキ
攀安知の四女。母はウク。
「志慶真のウトゥタル」で千代松を演じる。
外曲輪で焼け出された人たちの炊き出しをやっていて、クーイの若ヌルと一緒に志慶真ヌルに会いに行く。
中山王の兵が今帰仁に来たので、御内原に戻れと山北王に言われるが断る。
母と一緒に外曲輪内の屋敷に避難していて、ウニタキに保護される。

・ミサ
奥間から贈られた山北王の側室。
父親は思紹。
外曲輪にできたお芝居小屋で、娘たちに踊りや笛を指導している。
奥間炎上後、御内原に行く事はなく、芝居小屋でユラと一緒に寝泊まりする。
今帰仁のお祭りでウク、クンと一緒に華麗な踊りを披露する。
外曲輪で焼け出された人たちの炊き出しをやっていて、クーイの若ヌルと一緒に志慶真ヌルに会いに行く。
中山王の兵が今帰仁に来たので、御内原に戻れと山北王に言われるが断る。
外曲輪内の屋敷に避難していて、中山王の兵が外曲輪に攻め込んだ時、ウニタキに保護され、サハチと会う。

・今帰仁ヌル
攀安知の姉。
いつまでも敵討ちにこだわっている先代の浦添ヌルを追い出す。
山北王と一緒に沖の郡島に行く。
若ヌルを連れて安須森参詣に参加する。
志慶真ヌルの葬儀のため志慶真村に来ていたら、ササたちが来て、ナハーピャーのお婆の孫娘ミナを連れて来たので驚く。
若ヌルが志慶真ヌルの勾玉に首を絞められたのをミナが助けて、ミナがその勾玉を身に付けたので驚く。
屋嘉比のお婆がやって来て、ミナを新しい志慶真ヌルに認め、クボーヌムイで志慶真ヌルの葬儀とミナの志慶真ヌル就任の儀式を行なう。
屋嘉比のお婆の死の知らせが来て、ミナを連れて屋嘉比村に行き、お婆の葬儀を行なう。
城下が焼け野原になったのも、ヤンバルの按司たちが寝返って中山王が攻めて来るのも、すべて、志慶真ヌルの仕業に違いないと今帰仁ヌルと一緒に志慶真ヌルを責め、捕まえて今帰仁ヌルの屋敷の物置に閉じ込める。
逃げ出した志慶真ヌルを捕まえに行くが、志慶真ヌルの姿に神様を見て、慌ててひざまずいて両手を合わせる。
山北王に進言して、志慶真曲輪の守りを替えてもらう。
外曲輪の今帰仁ヌルの屋敷が本陣となったため、御内原に移る。
鉄炮の玉が落ちる中、御内原のウタキでお祈りをしていて、鉄炮の玉で砕けた岩の破片が刺さって亡くなる。

・志慶真ヌル
島添大里の女子サムレーだったシジマ。
今帰仁の志慶真村出身。ナハーピャーのお婆の孫娘のミナ。
志慶真ヌルの病死後、志慶真ヌルを継ぐ。
3歳の時、今帰仁合戦で祖父と父が戦死する。
6歳の時、母が亡くなり、祖母に育てられる。
9歳の時、祖母に連れられて国頭に行き、屋嘉比のお婆と会う。
11歳の時、祖母が亡くなり、サミガー大主に連れられてキラマの島に行く。
18歳の時、島添大里グスクの女子サムレーになる。
サハチの子供たちにお婆から聞いた昔話をして喜ばれる。
サグルーと一緒に山南王の婚礼に行く。
お芝居「瓜太郎」の犬を演じる。
交易船に乗ってヤマトゥに行く。
島添大里グスクに来た唐人の娘が、サハチと言ったので驚き、リナーに命じられてサハチを呼びに行く。
島添大里グスクの東曲輪で行なわれた娘たちの武当拳の勝ち抜き試合の第二試合でリーポー姫に負ける。
安須森ヌルの屋敷でリーポー姫の送別の宴が開かれ、別れを惜しむ。
島添大里グスクに来た油屋のユラに、志慶真のウトゥタルの話をする。
松堂夫婦と一緒にヤンバルに行くハルとシビーの護衛として従う。
名護に行き、国頭に行き、屋嘉比のお婆と出会い、お婆の話を聞いて幼い頃の事を思い出す。
お前は志慶真ヌルを継ぐべき正当な血筋で、ウトゥタル様の血を引いているだけでなく、初代の今帰仁ヌルだったアキシノ様の血を引いているとお婆から言われて驚き、戸惑う。
ユーナから、シジマが知っている昔話は多すぎると言われ、もしかしたら、神様になったお婆と話をしていたのかもしれないと思う。
親泊に行き、志慶真のウトゥタルのお墓で、祖母の声を聞き、ウトゥタルの声も聞く。
ウトゥタルから、志慶真ヌルを継ぎなさい。でも、時期が少し早いから、もう少し待っていなさいと言われ、志慶真村には近づくなと言われる。
ユラ、ハル、シビーから頼まれて、ウトゥタルから色々な事を聞く。
旅から帰り、神人になった事を安須森ヌルに話し、サハチも神人だと知って驚く。
シジマヌルを継ぐ決心をして安須森ヌルのもとでヌルになるための修行を始める。
アキシノの声を聞き、今の志慶真ヌルが病気で寿命が短い事と志慶真ヌルの勾玉はクボーヌムイヌルに代々受け継がれて来た大切な勾玉だと聞く。
島添大里グスクに来たササから一緒に志慶真村に行こうと言われて、お礼を言う。
ユンヌ姫から志慶真ヌルが倒れた事を知ったササたちが島添大里グスクに来て、ササたちと一緒に読谷山に向かう。
読谷山で東松田の若ヌルを連れて、ヤンバルに行き、玉グスクヌルと会い、スムチナムイのウタキでスムチナムイヌルと会う。
スムチナムイヌルも役行者から勾玉をもらったと聞いて驚き、コモキナが楚という国の王様の息子だった事を知る。
勢理客村に行き、勢理客大主に歓迎され、湧川グスク跡地のウタキで、カユと会う。
カユがアビーを説得すると約束してくれ、勢理客大主の孫娘のマナを勢理客ヌルに育てるとササは約束する。
勢理客村で村人たちと酒盛りをしていたら、ユンヌ姫が志慶真ヌルの死を知らせる。
今帰仁に行き、「まるずや」でウニタキから志慶真村の様子を聞き、志慶真村に行く。
志慶真ヌルの勾玉を首に下げて苦しんでいる若ヌルを助け、その勾玉を身に付ける。
屋嘉比のお婆が志慶真村に来て、自分が新しい志慶真ヌルに認められる。
クボーヌムイでの志慶真ヌルの葬儀に参列し、就任の儀式をして志慶真ヌルになり、アキシノに祝福される。
屋嘉比のお婆の死の知らせを聞いて、今帰仁ヌルと一緒に屋嘉比村に行き、ササたちと会う。
ササたちは勢理客ヌルに追い出され、勢理客ヌルが中心になってお婆の葬儀を執り行なう。
今帰仁のお祭りに来た国頭の娘たちにお芝居の事を色々と話す。
3人の按司たちが裏切って中山王が攻めて来るという噂を聞いた志慶真大主から問い詰められる。
城下が焼け野原になったのも、ヤンバルの按司たちが寝返って中山王が攻めて来るのも、すべて、志慶真ヌルの仕業に違いないと勢理客ヌルと今帰仁ヌルに責められ、捕まって今帰仁ヌルの屋敷の物置に閉じ込められる。
夜明け近く、ヂャンサンフォンの呼吸法をしていると、ウニタキが来て、「神様の力だと言って、お前の力を見せてやればいい」と言って、一緒に抜け出して志慶真村に帰る。
朝のお祈りをしてクボーヌムイから帰ると今帰仁ヌルが待っていて、捕まえようとしたサムレーを吹き飛ばす。
サムレーたちは恐れた顔をして、両手を合わせて頭を下げ、今帰仁ヌルも慌ててひざまずくと両手を合わせる。
成り行きを見ていた村の人たちも、志慶真ヌルが神様になったと言って両手を合わせる。
志慶真村に来たクーイの若ヌルに武芸を教えてと頼まれ引き受ける。
志慶真曲輪の守備に代わった諸喜田大主に捕まりそうになり、クボーヌムイに籠もる。
クボーヌムイで朝のお祈りの後、クーイの若ヌルに武芸を教える。
4月6日、最後の稽古の日、クーイの若ヌルに武当拳を教え、クーイの若ヌルの祖母が今帰仁若ヌルだった事を教える。
4月7日、中山王のヌルたちがクボーヌムイに来て、一緒に戦勝を祈願する。
クボーヌムイの山頂近くで、シンシン、ナナ、タマと一緒にマジムン退治をして、クーイの若ヌルに取り憑いていたマジムンになった祖母を取り払う。
勝連按司と越来按司が戦死したと知らせが来て、安須森ヌルが勝連ヌル、越来ヌル、伊波ヌル、山田ヌル、安慶名ヌル、浦添ヌルを連れて外曲輪に行く。
サグルーたちが志慶真曲輪を奪い取り、ヌルたちと一緒に志慶真曲輪のお清めをする。
ヌルたちと一緒に志慶真村の屋敷で休んでいると、山北王が御内原内にあるアマチヂウタキの霊石を真っ二つに斬ってしまうという場面を東松田の若ヌルが見て、みんなで話し合い、クボーヌムイに行ってアキシノから話を聞く。
アキシノは大丈夫だというが、東松田の若ヌルは心配して、シンシンとナナと一緒に外曲輪にいる安須森ヌルに相談に行く。

・タキ
ミナの幼馴染み。
ミナが無事に生きていた事を喜び、勢理客ヌルにナハーピャーのお婆の孫娘だと教える。

・諸喜田大主
ジルー。
今帰仁のサムレー大将。
妻は志慶真の長老の孫娘マカーミ。
湧川大主と一緒に鬼界島を攻める。
山北王の兵を率いて南部に来て、本部のテーラーに山北王の作戦を告げる。
新兵器を使って島尻大里グスクの門を壊して攻め込む。
島尻大里グスクを攻め、山南王に命じられた通りに山南王の役人たちを皆殺しにする。
湧川大主と一緒に鬼界島を攻めるが敗れる。
援軍が来て、総攻撃を掛けるが敵の罠にやられて敗北する。
運天泊に帰り、兵を率いて今帰仁に帰る。
突然、山北王から奥間を攻め滅ぼせと命じられ、耳を疑うが、山北王は何を言っても聞く耳を持たず、これ以上怒らせたら自分の首が危ないと思い承諾する。
サムレー大将の並里大主と仲宗根大主に奥間攻めを話し、兵たちにはどこを攻めるか教えるなと言う。
仲宗根泊から三隻の船で奥間に向かい、奥間村を焼き払い、裏山にグスクを築き始める。
中山王が今帰仁に攻めて来るとの噂を聞き、山北王から撤収命令が来て、奥間から引き上げる。
テーラーと一緒に兵たちを引き連れて罠をいくつも作り、今帰仁グスクは絶対に攻め落とせないと強く言って士気を高めるが、密かに逃げ出す兵があとを絶たない。
志慶真の兵に代わって志慶真曲輪の守備を命じられる。
志慶真ヌルを捕まえようとするが、クボーヌムイに逃げられる。
志慶真ヌルから武芸を習っているクーイの若ヌルに、志慶真ヌルをクボーヌムイから出してくれと頼むが断られる。
厳重に守りを固めていたが、夜明け前にマウシとウハに潜入され、激戦の末にジルムイに倒される。

・本部のテーラー
今帰仁のサムレー大将、瀬底之子。
マハニの幼馴染み。
進貢船の護衛のサムレーとして何度も明国に行っている。
湧川大主と一緒に兵を率いて奄美大島を攻め、北半分を支配下に組み込む。
山北王の怒りを買って謹慎中。
謹慎が解け、花嫁の護衛として島尻大里グスクに行く。
ヂャンサンフォンの弟子になる。
ハーリーで山北王の龍舟を優勝させる。
山北王の書状を持って首里グスクに行き中山王と会う。
奄美大島攻めの大将として出陣する。
中山王の孫チューマチに嫁ぐ山北王の娘マナビーの護衛をして首里に行く。
山伏姿になって中南部を旅して、各地の様子を探る。
山南王妃の使者として今帰仁に行く。
保栄茂按司家族と一緒に豊見グスクに移る。
賀数グスクが敵の手に落ちたので、豊見グスクと保栄茂グスクの中程にある山の上にグスクを築き始める。
兵を率いて南部に来た諸喜田大主から山北王の作戦を聞いて驚き、総大将を務める。
他魯毎と一緒に島尻大里グスクを攻め落とし、摩文仁を殺す。
テイラーグスクを完成させて城主になり、瀬底大主を名乗る。
他魯毎の山南王就任の儀式に立ち会う。
山北王の条件を他魯毎に示して、承諾を得る。
馬天浜のヂャンサンフォンの送別の宴にンマムイと一緒に参加する。
糸満港に来た山北王の若按司ミンを迎え、先導する。
山北王のサムレー大将として、中山王の進貢船に乗って明国に行く。
新しい海船を手に入れる事ができたが、リュウインは永楽帝に仕える事になって琉球に帰れなくなる。
リュウインから、永楽帝の娘リーポー姫が冊封使と一緒に琉球に行き、サハチに預けたと聞き、サハチが永楽帝に信頼されている事に驚く。
琉球に帰り、首里の会同館でサハチと会い、リュウインの事を話し、ナコータルーと真喜屋之子の事も話す。
今帰仁に帰り、リュウインの事を話し、山北王に怒鳴られる。
リュウインの妻と子を連れて首里に行き、サハチに預ける。
山北王に呼ばれて今帰仁に行き、山北王の娘ママキの縁談をまとめる事を引き受け、今帰仁のお祭りで行なわれる武芸試合の検分役も引き受ける。
山北王の娘ママキと瀬長按司の息子との縁談をまとめ、今帰仁のお祭りで武芸試合の検分役を務める。
3人の按司たちが裏切って中山王が攻めて来るという噂を聞いて今帰仁グスクに行き、怒り狂っている山北王を静め、中山王の兵を迎える準備を始める。
夜、城下に火災が起こり、消火活動をするが風が強く、城下は全焼してしまう。
湧川大主が来たので、火事の様子を知らせ、山北王が待っていると告げる。
湧川大主の逃亡を知り、2人のサムレー大将は戻って来ないし、湧川大主まで逃げるなんて、まったく信じられんと溜め息をつく。
諸喜田大主と一緒に兵たちを引き連れて罠をいくつも作り、今帰仁グスクは絶対に攻め落とせないと強く言って士気を高めるが、密かに逃げ出す兵があとを絶たない。
山北王直属の兵50人を率いて、御内原を守っている。

・シンシン(杏杏)
ヂャンサンフォンの弟子。
両親は山賊に殺され、ヂャンサンフォンに拾われて、ファイチの妹夫婦に育てられる。
ヂャンサンフォンと一緒に琉球に行く。
ササと仲よくなる。
ササと一緒にヤマトゥに行く。
読谷山で見つけた青いガーラダマを身に付ける。
サハチたちと一緒に朝鮮とヤマトゥに行く。
トカラの宝島でンマムイに勝ち、ンマムイから師姐と敬われる。
ササを真似して笛の稽古を始める。
ササと一緒にスサノオの神様の事を調べていて鞍馬山に登る。
高橋殿に武当拳を披露して、高橋殿はヂャンサンフォンの指導を受ける事になる。
ササと一緒に将軍様の屋敷に呼ばれて、御台所様(日野栄子)と会う。
サハチたちと朝鮮に行く。
ササと一緒にヤンバルや久高島に行ってスサノオの神様の事を調べる。
丸太引きのお祭りで久米村の守護神を務める。
佐敷のお祭りのお芝居「瓜太郎」でサシバを演じる。
京都の船岡山でスサノオの神様の声を聞く。
ササと一緒にセーファウタキに行く。
明国から帰って来たシラーと再会を喜ぶ。
ササと一緒に与論島に行く。
ササと一緒に熊野に行く。
ササとサスカサと一緒に久高島に行く。
佐敷ヌルと一緒に安須森に行く。
ササと一緒にヤマトゥに行く。
厳島神社の弥山で、アキシノに声を掛けられて、シンシンのガーラダマがアキシノのものだった事を知る。
今帰仁のクボーヌムイで平維盛とアキシノに再会する。
琉球に帰り、ササと一緒に佐敷から与那原グスクに移る。
サハチに連れられて、ササと一緒に古いウタキを巡る。
ササと一緒にササの弟子になった4人の娘たちを指導する。
ササと一緒に忘れ去られたウタキを探しに旅に出る。
ササと一緒に一月遅れの久高島参詣に行き、小渡ヌルの久高ヌル就任に立ち会う。
セーファウタキでササの運玉森ヌル就任の儀式をする。
アマン姫から今帰仁ヌルを継げと言われて驚く。
ササと一緒に慶良間の島に行く。
ササと一緒に久米島に行く。
クイシヌと一緒にニシタキに登り、クミ姫様と会う。
ヌルたちの安須森参詣に参加して、玻名グスクヌルが神憑りになったのを見る。
琉球に来たシーハイイェンたち、スヒターたちと再会して喜ぶ。
与那原グスクのお祭りで、お芝居「武当山の仙人」でチャンオーを演じる。
島添大里グスクの十五夜の儀式に参加する。
ササと一緒にシーハイイェンたち、スヒターたち、リェンリーたち、旅芸人たちを連れて慶良間の島に行く。
愛洲ジルーの船に乗って、ササと一緒に南の島を探しに行く。
ミャークの狩俣でクマラパと出会い、クマラパの案内で、与那覇勢頭、目黒盛豊見親と会う。
漲水のウプンマと一緒に狩俣に行き、狩俣の祖神マツミガから話を聞く。
池間島に行き、ウパルズの神様から歓迎されるが、クマラパがウバルズに責められたので驚く。
ササと一緒に大嶽、赤名、赤崎、上比屋、百名、保良、野城、高腰と行く。
高腰グスクにスサノオが現れ、ユンヌ姫、アキシノも現れ、ウバルズと娘たちも現れて、神様たちと酒盛りを楽しむ。
ササたちと伊良部島に行き、久米島から来たトゥムと会う。
ササと一緒に来間島に行き、多良間島に行く。
愛洲ジルーのお陰で、イシャナギ島の平久保按司に歓迎されるが、平久保按司を警戒して、ナナと一緒に寝ずの番をする。
名蔵でマッサビに歓迎され、ノーラオンでノーラ姫に挨拶をして、ウムトゥダギに登る。
ウムトゥダギの山頂で、ウムトゥ姫とノーラ姫、ノーラ姫の子供たち、スサノオ、ユンヌ姫、アキシノ、赤名姫、異国の神様たちと酒盛りを楽しむ。
名蔵でブナシルの娘ミッチェと会い、一緒にシィサスオン(白石御嶽)とミズシオン(水瀬御嶽)に行く。
ヤラブダギに登り、サラスワティからアマンの国が沈んだと聞いて驚く。
ヤキー退治でスサノオが倒れた事をササから聞いて、一緒にナルンガーラに行き、ミッチェに酒の入った瓢箪を渡す。
スサノオが快復した後、ミッチェの父親の富崎按司と会い、タキドゥン島(竹富島)に行ってタキドゥンと会う。
クン島(西表島)のユーツンに着いて、クンダギ(古見岳)に登って、イリウムトゥ姫と会う。
ユーツンの若者たちを鍛え、ドゥナン島(与那国島)に向かう。
ドゥナン島で苗代大親の娘ナーシルと会い、サンアイ村に行く。
サンアイ村からドゥナンバラ村に行き、ヤラブダギに登って、ユウナ姫と会う。
ダティグ村に行き、ダティグチディに登って、メイヤ姫と会う。
ナウンニ村、ダンヌ村に行く。
クブラ村に行き、ミミシウガンでクブラ姫と会い、南遊斎からターカウの話を聞き、メイユーがターカウに来ていたと聞いて驚く。
ササと愛洲ジルー、ミッチェとガンジューを祝福して、ドゥナン島からターカウに向かう。
ターカウでキクチ殿に歓迎され、ササを訪ねて来たトンドの王女アンアンと会う。
ターカウの熊野権現で五峰尼と会い、阿蘇津姫の事を聞く。
ターカウの唐人町の天妃宮にメイユーが神様として祀ってあったので驚く。
マカタオ族の首長のパランと会って、遙か昔の話を聞き、アマンの人たちもこの島から行ったのだろうかと思う。
松景寺の慶真和尚からメイユーの活躍を聞いて驚く。
慶真和尚が連れて行った遊女屋で、女将をやっている女海賊ヂャンジャランと会う。
慶真和尚とクマラパを遊女屋に置いて宮殿に帰り、アンアンの兄の太守が開いてくれた歓迎の宴でトンドの料理を御馳走になる。
ミッチェと一緒に日本人町の南光院に行って、娘たちに剣術の指導をする。
ターカウからトンドに行き、トンド王に歓迎される。
ユンヌ姫から海賊チェンジォンジーがササたちの船を狙っていると知らされ、船に戻って待ち伏せをして敵を倒す。
チェンジォンジーの隠れ家に行くと、ヂャンジャランによってチェンジォンジーは殺されている。
「宮古館」に行って、マフニ、上比屋のツキミガ、来間島のインミガと再会し、日本人町で太守を務める南遊斎の息子に歓迎される。
宮殿の中の御殿から「印度館」に移る。
日本人町の熊野権現で、スサノオたちと新年を祝っているとサラスワティが現れる。
印度館で娘たちに武当拳の指導をしていたら、兄弟子のシュヨンカが現れたので驚き、さらに、シュヨンカがシュミンジュンの孫だと知って驚く。
佐伯新十郎の船に乗ってパラワン島に行って、円通坊と会い、砂金採りをする。
琉球から戻ってきたユンヌ姫から、瀬織津姫が琉球の人で、垣花のお姫様だった事を聞く。
若ヌルたちがユンヌ姫の声を聞く事ができるようになったので喜ぶ。
四か月滞在したトンドを去り、ミャークの船と一緒にパティローマ島に行き、サングルミーの娘がいたので驚く。
パティローマ島からイシャナギ島に寄って、ミャークに戻り、与那覇勢頭の船と一緒に琉球に向かう。
無事に琉球に帰り、出迎えてくれたシラーと再会を喜ぶ。
南の島から来た人たちを先導して首里グスクに行き、後の事は安須森ヌルに任せて、ササと一緒にセーファウタキに行く。
セーファウタキで豊玉姫から瀬織津姫の事を聞き、玉グスクに行ってアマツヅウタキでお祈りをするが神様の声は聞こえない。
知念ヌルと波田真ヌルと会い、ササが知念姫の勾玉を首に掛けて、知念グスクのウタキでお祈りすると、ササだけが瀬織津姫の妹の知念姫の声を聞く。
ササの会話を聞いて、ササの父親の母親が瀬織津姫の子孫らしいとわかって、驚きを超えて呆然となる。
浮島に行って、ヒューガからササの祖母の事を聞く。
8人の若ヌルたちを連れてヤマトゥ旅に出る。
八代の名和弾正の案内で阿蘇山に登るが阿蘇津姫の声は聞こえず、豊玉姫のお墓で玉依姫から、瀬織津姫は武庫山(六甲山)か、那智の滝か、伊勢の神宮か、天川の弁才天社か、富士山にいるだろうと教えてもらう。
上関で村上あやと再会して、一緒に那智の滝に行き、愛洲ジルーの知り合いの山伏、慶覚坊と会う。
慶覚坊の案内で天川の弁才天社に行き、サラスワティにそっくりな弁才天を見て感激し、役行者に声を掛けられて、マサキが身に付けている勾玉が、琉球に行った役行者が沢岻ヌルに贈ったものだとわかる。
ジルーの故郷に行って愛洲隼人に歓迎され、ジルーの案内で伊勢の神宮に行くが、瀬織津姫の声は聞こえず、ホアカリとトヨウケ姫に挨拶をする。
ジルーの船で沼津に行き、富士山の北側にある樹海の中に入って、瀬織津姫の声を聞く。
精進湖のほとりで焚き火を囲んで酒盛りを始め、大噴火で犠牲になった生き物たちのためにササが鎮魂の曲を吹く。
ササの曲を聴いて、立ち直った瀬織津姫が役行者と一緒に姿を現す。
わしらも仲間に入れろとスサノオの声がして、スサノオ、玉依姫、ホアカリ、トヨウケ姫、ユンヌ姫、アキシノ、赤名姫、メイヤ姫も現れ、一緒に酒盛りを楽しむ。
瀬織津姫から富士山まで来たいきさつを聞き、秦の国から来た徐福の事も聞く。
五ヶ所浦に戻り、村上あや、愛洲ジルーたちと別れて、覚林坊と一緒に京都に向かう。
山伏の道を通って無事に京都に着き、高橋殿の屋敷でタミー、ハマ、クルーと再会し、お忍びで来た御台所様と再会する。
高橋殿とお忍びの御台所様と一緒に広田神社参詣に出かける。
箕面の大滝で役行者から、元気になった瀬織津姫はスサノオと一緒にサラスワティに会いにクメール王国に行ったと聞き、広田神社の別宮、浜の南宮にトヨウケ姫が豊姫に贈った宝珠があるから見て行けと言われる。
広田神社の元宮で瀬織津姫の娘の武庫津姫の声を聞き、神呪寺の奥の院で真名井御前から瀬織津姫と空海の話を聞いて、ササが鎮魂の曲を吹く。
浜の南宮で秘宝の宝珠を拝み、兵庫の港から細川家の船に乗って阿波の国に行く。
八倉比売神社の奥の宮で豊玉姫の跡を継いだ玉依姫の次女、アイラ姫から若い頃のヒューガの事を聞き、大粟神社に行き、大粟山の山頂で阿波津姫から大三島の伊予津姫の事を聞く。
トヨウケ姫からサルヒコが奈良の三輪山にいると聞いて、船に乗って住吉大社に行き、三輪山に向かう。
三輪山でサルヒコと会い、タミーの勾玉が、サルヒコがスクナヒコに贈った物だと聞いて驚く。
サルヒコからスクナヒコの事を聞き、豊姫がアイラ姫の孫だと聞いて、近くにある豊姫のお墓に行って豊姫と会う。
生駒山に行き、生駒神社で瀬織津姫の孫の伊古麻津姫と会う。
琉球の交易船が兵庫に着いたとアキシノが知らせてくれたので、京都に帰り、交易船に乗って来た人たちと一緒に京都の町を行列して、御台所様に呼ばれて、将軍様の御所に滞在する。
一文字屋の船で京都を去り、因島で村上あやと再会して、あやの案内で大三島に行く。
大山積神社の大巫女ウキから、大三島でも瀬織津姫の名前が消された事を知り、ウキの案内で「入り日の滝」に行き、伊予津姫と会う。
身に付けている青い勾玉が、伊予津姫が娘の吉備津姫に贈った物だと知って驚く。
琉球に行ったきり遭難してしまった吉備津姫は楚の国に行って子孫を残し、シンシンは吉備津姫の子孫だと伊予津姫に言われて、頭の中は混乱していたが、琉球に行ったのも、ササと一緒に神様の事を調べたのも、すべて、神様に導かれた運命だったのだと思う。
「入り日の滝」でお酒の用意をして、ササが笛を吹くと、ユンヌ姫、赤名姫、アキシノ、トヨウケ姫、アイラ姫、キキャ姫が現れ、若ヌルたちも皆、眠りに就く事なく、神様を見る事を許され、ウニチルとミワも神様の声が聞こえるようになる。
伊予津姫、安芸津姫、ミシマ姫、ムナカタ姫が現れ、ヴィーナの調べが聞こえてきたと思ったら、スサノオ、瀬織津姫、サラスワティが現れ、酒盛りを楽しむ。
対馬に来た愛洲ジルーたちと再会を喜び、愛洲ジルーの船の乗って琉球に帰る。
交易船と愛洲ジルーの船を奥間沖に泊め、小舟に乗って辺土名に上陸して、奥間ヌルとウニタキに会う。
具合の悪そうな年寄りと幼い子供たちを交易船と愛洲ジルーの船に乗せて首里に向かう。
浮島に着き、マチルギと一緒に李芸の歓迎の宴の準備を手伝い、サハチたちに旅の話を聞かせる。
アキシノからシジマがアキシノの子孫で、今の志慶真ヌルが病気なので、亡くなってから志慶真ヌルを継げばいいと言われて驚く。
アキシノからマチルギがアキシノの子孫だと聞いて驚く。
浮島から首里に行進し、ササとタミーと一緒に須久名森に行き、スクニヤ姫とスクナヒコと会う。
セーファウタキに行って豊玉姫からスクナヒコの事を聞き、タミーがイリヌムイで儀式を行ない、豊玉姫によって須久名森ヌルに就任する。
知念グスクに行き、知念姫から姉と会えた事へのお礼を言われ、ササが借りていた勾玉を知念ヌルに返す。
瀬織津姫から玉グスクに来てくれと言われ、玉グスクのアマツヅウタキでお祈りすると、ウタキの中から瀬織津姫の勾玉が飛び出して来て、ササの首にぶら下がったので驚く。
瀬織津姫から須久名森でササの笛を吹いてと言われ、須久名森に登って、ササと安須森ヌルが鎮魂の曲を吹くとサラスワティのヴィーナが加わって、スクナヒコの深い心の傷を癒やす。
島添大里グスクに行き、ヌルの修行をしているシジマと会い、一緒に志慶真村に行こうとササが言う。
首里の幹部会議に出たササが島添大里グスクに戻って来て、マユとウニチルと別れて、与那原グスクに帰る。
与那原に来たシラーとの再会を喜ぶ。
若ヌルたちを連れて沢岻に行き、沢岻ヌルからシネリキヨの事を聞き、マサキがシネリキヨの子孫で、美浜ヌルと東松田の若ヌルもシネリキヨの子孫だと聞く。
沢岻大主の娘キラを弟子にして、中グスク、越来、勝連と行き、勝連ヌルと一緒に美浜島に渡って、美浜ヌルと比嘉ヌルと会う。
美浜ヌルと比嘉ヌルからアマミキヨとシネリキヨの事を聞き、比嘉のアマミキヨのウタキで知念姫の孫娘、美浜姫の声を聞く。
中グスクヌルと勝連若ヌルをササの弟子に加えて、読谷山の喜名に行き、東松田の若ヌルのタマと会う。
タマがヤンバルのスムチナムイのウタキに行って、シネリキヨの神様から聞いた話をタマから聞く。
アビーというシネリキヨの神様が中山王の兵に襲いかかるから止めなければならないとタマが言うので、人間の戦に神様たちを関わらせてはならないとササが言う。
タマを連れて宇座の牧場に行き、宇座按司に歓迎され、宇座按司の孫娘クトゥを宇座ヌルにするためにササの弟子に加える。
酔っ払ったタマが、わたしのマレビト神は島添大里按司だと言ったので驚く。
アキシノと豊玉姫が対立しなくてよかったと安心したけど、琉球を統一するには、シネリキヨの神様も味方につけなければならないので、アマミキヨのサハチとシネリキヨのタマが結ばれるのもいいかもしれないとササが言う。
タマとハマと中グスクヌルと別れて与那原グスクに帰り、首里グスク内のキーヌウチに行き、真玉添姫からシネリキヨの事を聞き、シネリキヨの神様がコモキナという名の女神だと教えてもらう。
沢岻に行き、今帰仁ヌルだったイナと会い、イナから娘のカユの事を聞く。
初代今帰仁ヌルのアキシノが弓矢の名人だったとイナから聞いて驚くが、アキシノの娘の勢理客ヌルが武芸の名人なのも、アキシノの子孫のマチルギが武芸の名人で女子サムレーを作ったのも納得できると思う。
東松田の若ヌルのタマが与那原グスクに来て、シネリキヨの屋賀ヌルが島添大里グスクに来るので会いに行こうと言い、若ヌルたちを連れてササと一緒に島添大里グスクに行く。
島添大里グスクに来た屋賀ヌルと会い、スムチナムイの事を聞く。
屋賀ヌルと恩納ヌルを連れて、一の曲輪内のウタキに行き、ギリムイ姫から瀬織津姫がスサノオと一緒に帰って行った事を聞き、スムチナムイの事を聞く。
「アマミキヨ」の台本を書くためにミントゥングスクに行った安須森ヌルが、『コモキナ』『ネノパ』『ピャンナ』『ムマノパ』という四つの言葉を聞いて、『コモキナ』の事をギリムイ姫に聞いたと知って驚く。
屋賀ヌルを連れてスムチナムイに行かなければならないと思う。
ササと一緒に浜川ウタキに行って百名姫と会い、ミントゥングスクでシネリキヨの4つの言葉を聞き、垣花森で垣花姫と会う。
若ヌルたちを連れて久高島参詣に参加する。
ユンヌ姫から志慶真ヌルが血を吐いて倒れたと知らされ、若ヌルたちを連れて島添大里グスクに行き、若ヌルたちを安須森ヌルに預け、シジマと屋賀ヌルを連れて読谷山に行く。
読谷山で東松田の若ヌルを連れて、ヤンバルに行き、玉グスクヌルと会い、スムチナムイのウタキでスムチナムイヌルと会う。
スムチナムイヌルも役行者から勾玉をもらったと聞いて驚き、コモキナが楚という国の王様の息子だった事を知る。
勢理客村に行き、勢理客大主に歓迎され、湧川グスク跡地のウタキで、カユと会う。
カユがアビーを説得すると約束してくれ、勢理客大主の孫娘のマナを勢理客ヌルに育てるとササは約束する。
勢理客村で村人たちと酒盛りをしていたら、ユンヌ姫が志慶真ヌルの死を知らせる。
今帰仁に行き、「まるずや」でウニタキから志慶真村の様子を聞き、志慶真村に行く。
志慶真ヌルの勾玉を首に下げて苦しんでいる若ヌルをシジマが助け、その勾玉をシジマが身に付ける。
屋嘉比のお婆が志慶真村に来て、シジマを新しい志慶真ヌルに認める。
クボーヌムイでの志慶真ヌルの葬儀とシジマの志慶真ヌル就任の儀式に参列して、屋嘉比のお婆を送っていく。
屋嘉比森のウタキで屋嘉比姫から、もうすぐ、お婆の寿命が尽きるので見守ってあげてねと言われ、お婆の死を看取る。
お婆の葬儀のために屋嘉比村に来た勢理客ヌルに追い出され、喜如嘉大主の船に乗って仲尾泊に行き、翌日、湧川グスクのウタキでカユと会う。
アビーがマジムンになったので、あなたたちがマジムン退治をしなさいとカユに言われて驚くが、乙羽山の山頂でササと一緒にマジムン退治をする。
アビーに取り付いていたマジムンを退治して、スムチナムイのウタキでアビーと会うが、アビーはタマも屋賀ヌルも覚えていない。
玉グスク村に行って玉グスクヌルと会うが、玉グスクヌルも何も覚えていない。
ヤンバルの旅から帰ってサハチに報告に言ったら、ササの妊娠をナツに知られてしまう。
3月28日、思紹が正式に出陣命令を出し、島添大里グスクをササに任せて、サハチと一緒に首里に行く。
4月1日、馬天ヌルと一緒に出陣の儀式を行ない、今帰仁攻めに出陣する。
今帰仁に着き、ヌルたちと一緒にクボーヌムイに行き、志慶真ヌルと一緒に戦勝を祈願する。
クボーヌムイの山頂近くで、志慶真ヌル、ナナ、タマと一緒にマジムン退治をして、クーイの若ヌルに取り憑いていたマジムンになった祖母を取り払う。
勝連按司と越来按司が戦死したと知らせが来て、安須森ヌルが勝連ヌル、越来ヌル、伊波ヌル、山田ヌル、安慶名ヌル、浦添ヌルを連れて外曲輪に行く。
サグルーたちが志慶真曲輪を奪い取り、ヌルたちと一緒に志慶真曲輪のお清めをする。
ヌルたちと一緒に志慶真ヌルの屋敷で休んでいると、山北王が御内原内にあるアマチヂウタキの霊石を真っ二つに斬ってしまうという場面を東松田の若ヌルが見て、みんなで話し合い、クボーヌムイに行ってアキシノから話を聞く。
アキシノは大丈夫だというが、心配している東松田の若ヌルを連れて、ナナと一緒に外曲輪にいる安須森ヌルに相談に行く。
焼け跡の中の仮小屋で安須森ヌルとサハチに相談して、ササに会いに東松田の若ヌルを連れて、ナナと一緒に島添大里に向かう。

・ナナ
早田次郎左衛門の娘。
イトの弟子で、ヂャンサンフォンの弟子でもある。
漢城府に来たサハチたちを開京に連れて行く。
ササと気が合い、一緒に琉球に行く。
ササと一緒にヤンバルや久高島に行ってスサノオの神様の事を調べる。
丸太引きのお祭りで佐敷の守護神を務める。
佐敷のお祭りのお芝居「瓜太郎」で犬を演じる。
ササたちと一緒にヤマトゥに行き、京都で御台所様と会う。
ササと一緒にセーファウタキに行く。
ササと一緒に与論島に行く。
ササと一緒に熊野に行く。
ササとサスカサと一緒に久高島に行く。
ジャワのスヒターたちと一緒に与那原に行き、ヂャンサンフォンの指導を受ける。
佐敷ヌルと一緒に安須森に行く。
ササと一緒にヤマトゥに行く。
琉球に帰り、ササと一緒に佐敷から与那原グスクに移る。
サハチに連れられて、ササと一緒に古いウタキを巡る。
ササと一緒に祝い酒と料理を持って玻名グスクの陣地に行き、新年の儀式を行なう。
ササと一緒に4人の娘たちを指導する。
ササと一緒に忘れ去られたウタキを探しに旅に出る。
ササと一緒に一月遅れの久高島参詣に行き、小渡ヌルの久高ヌル就任に立ち会う。
セーファウタキでササの運玉森ヌル就任の儀式をして、豊玉姫の声を聞いて喜ぶ。
アマン姫からクーイヌルを継げと言われる。
ササと一緒に慶良間の島に行く。
ササと一緒に久米島に行く。
クイシヌと一緒にニシタキに登り、クミ姫様の声が聞こえたので喜ぶ。
ヌルたちの安須森参詣に参加して、玻名グスクヌルが神憑りになったのを見る。
琉球に来たシーハイイェンたち、スヒターたちと再会して喜ぶ。
与那原グスクのお祭りで、お芝居「武当山の仙人」でフーイーを演じる。
島添大里グスクの十五夜の儀式に参加する。
ササと一緒にシーハイイェンたち、スヒターたち、リェンリーたち、旅芸人たちを連れて慶良間の島に行く。
愛洲ジルーの船に乗って、ササと一緒に南の島を探しに行く。
ミャークの狩俣でクマラパと出会い、クマラパの案内で、与那覇勢頭、目黒盛豊見親と会う。
漲水のウプンマと一緒に狩俣に行き、狩俣の祖神マツミガから話を聞く。
池間島に行き、ウパルズの神様から歓迎されるが、クマラパがウバルズに責められたので驚く。
ササと一緒に大嶽、赤名、赤崎、上比屋と行き、平家の残党がミャークまで来ていたのに驚く。
ササと一緒に百名、保良、野城、高腰と行く。
高腰グスクにスサノオが現れ、ユンヌ姫、アキシノも現れ、ウバルズと娘たちも現れて、神様たちと酒盛りを楽しむ。
ササたちと伊良部島に行き、久米島から来たトゥムと会う。
ササと一緒に来間島に行き、多良間島に行く。
多良間島の女按司の夫がターカウから来たヤマトゥンチュだったので驚く。
愛洲ジルーのお陰で、イシャナギ島の平久保按司に歓迎されるが、平久保按司を警戒して、シンシンと一緒に寝ずの番をする。
名蔵でマッサビに歓迎され、ノーラオンでノーラ姫に挨拶をして、ウムトゥダギに登る。
ウムトゥダギの山頂で、ウムトゥ姫とノーラ姫、ノーラ姫の子供たち、スサノオ、ユンヌ姫、アキシノ、赤名姫、異国の神様たちと酒盛りを楽しむ。
名蔵でブナシルの娘ミッチェと会い、一緒にシィサスオン(白石御嶽)とミズシオン(水瀬御嶽)に行く。
ヤラブダギに登り、サラスワティからアマンの国が沈んだと聞いて驚く。
ヤキー退治でスサノオが倒れた事をササから聞いて、一緒にナルンガーラに行き、シンシンと一緒にマッサビの屋敷で待つ。
スサノオが快復した後、ミッチェの父親の富崎按司と会い、タキドゥン島(竹富島)に行ってタキドゥンと会う。
クン島(西表島)のユーツンに着いて、クンダギ(古見岳)に登って、イリウムトゥ姫と会う。
ユーツンの若者たちを鍛え、ドゥナン島(与那国島)に向かう。
ドゥナン島で苗代大親の娘ナーシルと会い、サンアイ村に行く。
サンアイ村からドゥナンバラ村に行き、ヤラブダギに登って、ユウナ姫と会う。
ダティグ村に行き、ダティグチディに登って、メイヤ姫と会う。
ナウンニ村、ダンヌ村に行く。
クブラ村に行き、ミミシウガンでクブラ姫と会い、南遊斎からターカウの話を聞き、メイユーがターカウに来ていたと聞いて驚く。
ササと愛洲ジルー、ミッチェとガンジューを祝福して、ドゥナン島からターカウに向かう。
ターカウでキクチ殿に歓迎され、キクチ殿が父親の次郎左衛門を知っていたので驚く。
ササを訪ねて来たトンドの王女アンアンと会い、熊野権現で五峰尼から阿蘇津姫の事を聞く。
ターカウの唐人町の天妃宮にメイユーが神様として祀ってあったので驚く。
マカタオ族の首長のパランと会って、遙か昔の話を聞き、アマンの人たちもこの島から行ったのだろうかと思う。
松景寺の慶真和尚からメイユーの活躍を聞いて驚く。
慶真和尚が連れて行った遊女屋で、女将をやっている女海賊ヂャンジャランと会う。
慶真和尚とクマラパを遊女屋に置いて宮殿に帰り、アンアンの兄の太守が開いてくれた歓迎の宴でトンドの料理を御馳走になる。
ミッチェと一緒に日本人町の南光院に行って、娘たちに剣術の指導をする。
ターカウからトンドに行き、トンド王に歓迎される。
ユンヌ姫から海賊チェンジォンジーがササたちの船を狙っていると知らされ、船に戻って待ち伏せをして敵を倒す。
チェンジォンジーの隠れ家に行くと、ヂャンジャランによってチェンジォンジーは殺されている。
「宮古館」に行って、マフニ、上比屋のツキミガ、来間島のインミガと再会し、日本人町で太守を務める南遊斎の息子に歓迎される。
宮殿の中の御殿から「印度館」に移る。
日本人町の熊野権現で、スサノオたちと新年を祝っているとサラスワティが現れる。
シンシンの兄弟子でシュミンジュンの孫のシュヨンカと出会う。
佐伯新十郎の船に乗ってパラワン島に行って、円通坊と会い、砂金採りをする。
琉球から戻ってきたユンヌ姫から、瀬織津姫が琉球の人で、垣花のお姫様だった事を聞く。
若ヌルたちがユンヌ姫の声を聞く事ができるようになったので喜ぶ。
四か月滞在したトンドを去り、ミャークの船と一緒にパティローマ島に行き、サングルミーの娘がいたので驚く。
パティローマ島からイシャナギ島に寄って、ミャークに戻り、与那覇勢頭の船と一緒に琉球に向かう。
無事に琉球に帰り、出迎えてくれたサタルーと再会を喜ぶ。
南の島から来た人たちを先導して首里グスクに行き、後の事は安須森ヌルに任せて、ササと一緒にセーファウタキに行く。
セーファウタキで豊玉姫から瀬織津姫の事を聞き、玉グスクに行ってアマツヅウタキでお祈りをするが神様の声は聞こえない。
知念ヌルと波田真ヌルと会い、ササが知念姫の勾玉を首に掛けて、知念グスクのウタキでお祈りするとササだけが瀬織津姫の妹の知念姫の声を聞く。
ササの会話を聞いて、ササの父親の母親が瀬織津姫の子孫らしいとわかって、驚きを超えて呆然となる。
浮島に行って、ヒューガからササの祖母の事を聞く。
8人の若ヌルたちを連れてヤマトゥ旅に出る。
八代の名和弾正の案内で阿蘇山に登るが阿蘇津姫の声は聞こえず、豊玉姫のお墓で玉依姫から、瀬織津姫は武庫山(六甲山)か、那智の滝か、伊勢の神宮か、天川の弁才天社か、富士山にいるだろうと教えてもらう。
上関で村上あやと再会して、一緒に那智の滝に行き、愛洲ジルーの知り合いの山伏、慶覚坊と会う。
慶覚坊の案内で天川の弁才天社に行き、サラスワティにそっくりな弁才天を見て感激し、役行者に声を掛けられて、マサキが身に付けている勾玉が、琉球に行った役行者が沢岻ヌルに贈ったものだとわかる。
ジルーの故郷に行って愛洲隼人に歓迎され、ジルーの案内で伊勢の神宮に行くが、瀬織津姫の声は聞こえず、ホアカリとトヨウケ姫に挨拶をする。
ジルーの船で沼津に行き、富士山の北側にある樹海の中に入って、瀬織津姫の声を聞く。
精進湖のほとりで焚き火を囲んで酒盛りを始め、大噴火で犠牲になった生き物たちのためにササが鎮魂の曲を吹く。
ササの曲を聴いて、立ち直った瀬織津姫が役行者と一緒に姿を現す。
わしらも仲間に入れろとスサノオの声がして、スサノオ、玉依姫、ホアカリ、トヨウケ姫、ユンヌ姫、アキシノ、赤名姫、メイヤ姫も現れ、一緒に酒盛りを楽しむ。
瀬織津姫から富士山まで来たいきさつを聞く。
五ヶ所浦に戻り、村上あや、愛洲ジルーたちと別れて、覚林坊と一緒に京都に向かう。
山伏の道を通って無事に京都に着き、高橋殿の屋敷でタミー、ハマ、クルーと再会し、お忍びで来た御台所様と再会する。
高橋殿とお忍びの御台所様と一緒に広田神社参詣に出かける。
箕面の大滝で役行者から、元気になった瀬織津姫はスサノオと一緒にサラスワティに会いにクメール王国に行ったと聞き、広田神社の別宮、浜の南宮にトヨウケ姫が豊姫に贈った宝珠があるから見て行けと言われる。
広田神社の元宮で瀬織津姫の娘の武庫津姫の声を聞き、神呪寺の奥の院で真名井御前から瀬織津姫と空海の話を聞いて、ササが鎮魂の曲を吹く。
浜の南宮で秘宝の宝珠を拝み、兵庫の港から細川家の船に乗って阿波の国に行く。
八倉比売神社の奥の宮で豊玉姫の跡を継いだ玉依姫の次女、アイラ姫から若い頃のヒューガの事を聞き、大粟神社に行き、大粟山の山頂で阿波津姫から大三島の伊予津姫の事を聞く。
トヨウケ姫からサルヒコが奈良の三輪山にいると聞いて、船に乗って住吉大社に行き、三輪山に向かう。
三輪山でサルヒコと会い、タミーの勾玉が、サルヒコがスクナヒコに贈った物だと聞いて驚く。
サルヒコからスクナヒコの事を聞き、豊姫がアイラ姫の孫だと聞いて、近くにある豊姫のお墓に行って豊姫と会う。
生駒山に行き、生駒神社で瀬織津姫の孫の伊古麻津姫と会う。
琉球の交易船が兵庫に着いたとアキシノが知らせてくれたので、京都に帰り、交易船に乗って来た人たちと一緒に京都の町を行列して、御台所様に呼ばれて、将軍様の御所に滞在する。
一文字屋の船で京都を去り、因島で村上あやと再会して、あやの案内で大三島に行く。
大山積神社の大巫女ウキから、大三島でも瀬織津姫の名前が消された事を知り、ウキの案内で「入り日の滝」に行き、伊予津姫と会う。
シンシンの勾玉が、伊予津姫が娘の吉備津姫に贈った物だと知って驚き、アキシノもシンシンも伊予津姫の子孫だとわかる。
「入り日の滝」でお酒の用意をして、ササが笛を吹くと、ユンヌ姫、赤名姫、アキシノ、トヨウケ姫、アイラ姫、キキャ姫が現れ、若ヌルたちも皆、眠りに就く事なく、神様を見る事を許され、ウニチルとミワも神様の声が聞こえるようになる。
伊予津姫、安芸津姫、ミシマ姫、ムナカタ姫が現れ、ヴィーナの調べが聞こえてきたと思ったら、スサノオ、瀬織津姫、サラスワティが現れ、酒盛りを楽しむ。
対馬に来た愛洲ジルーたちと再会を喜び、愛洲ジルーの船の乗って琉球に帰る。
奄美大島沖を南下していた時、奥間が燃えている情景をササが目にして、サタルーの事を心配する。
愛洲ジルーの船を奥間沖に泊め、小舟に乗って辺土名に上陸して、ウニタキからサタルーの無事を聞いて安心する。
具合の悪そうな年寄りと幼い子供たちを交易船と愛洲ジルーの船に乗せて首里に向かう。
浮島に着き、マチルギと一緒に李芸の歓迎の宴の準備を手伝い、サハチたちに旅の話を聞かせる。
アキシノからシジマがアキシノの子孫で、今の志慶真ヌルが病気なので、亡くなってから志慶真ヌルを継げばいいと言われて驚く。
アキシノからマチルギがアキシノの子孫だと聞いて驚く。
浮島から首里に行進し、ササとタミーと一緒に須久名森に行き、スクニヤ姫とスクナヒコと会う。
セーファウタキに行って豊玉姫からスクナヒコの事を聞き、タミーがイリヌムイで儀式を行ない、豊玉姫によって須久名森ヌルに就任する。
知念グスクに行き、知念姫から姉と会えた事へのお礼を言われ、ササが借りていた勾玉を知念ヌルに返す。
瀬織津姫から玉グスクに来てくれと言われ、玉グスクのアマツヅウタキでお祈りすると、ウタキの中から瀬織津姫の勾玉が飛び出して来て、ササの首にぶら下がったので驚く。
瀬織津姫から須久名森でササの笛を吹いてと言われ、須久名森に登って、ササと安須森ヌルが鎮魂の曲を吹くとサラスワティのヴィーナが加わって、スクナヒコの深い心の傷を癒やす。
島添大里グスクに行き、ヌルの修行をしているシジマと会い、一緒に志慶真村に行こうとササが言う。
首里の幹部会議に出たササがサタルーを連れて島添大里グスクに戻って来て、サタルーとの再会を喜び、サタルーも連れて与那原グスクに帰る。
若ヌルたちを連れて沢岻に行き、沢岻ヌルからシネリキヨの事を聞き、マサキがシネリキヨの子孫で、美浜ヌルと東松田の若ヌルもシネリキヨの子孫だと聞く。
沢岻大主の娘キラがササの弟子になり、中グスク、越来、勝連と行き、勝連ヌルと一緒に美浜島に渡って、美浜ヌルと比嘉ヌルと会う。
美浜ヌルと比嘉ヌルからアマミキヨとシネリキヨの事を聞き、比嘉のアマミキヨのウタキで知念姫の孫娘、美浜姫の声を聞く。
中グスクヌルと勝連若ヌルをササの弟子に加えて、読谷山の喜名に行き、東松田の若ヌルのタマと会う。
タマがヤンバルのスムチナムイのウタキに行って、シネリキヨの神様から聞いた話をタマから聞く。
アビーというシネリキヨの神様が中山王の兵に襲いかかるから止めなければならないとタマが言うので、人間の戦に神様たちを関わらせてはならないとササが言う。
タマを連れて宇座の牧場に行き、宇座按司に歓迎され、宇座按司の孫娘クトゥを宇座ヌルにするためにササの弟子に加える。
酔っ払ったタマが、わたしのマレビト神は島添大里按司だと言ったので驚く。
アキシノと豊玉姫が対立しなくてよかったと安心したけど、琉球を統一するには、シネリキヨの神様も味方につけなければならないので、アマミキヨのサハチとシネリキヨのタマが結ばれるのもいいかもしれないとササが言う。
タマとハマと中グスクヌルと別れて与那原グスクに帰り、首里グスク内のキーヌウチに行き、真玉添姫からシネリキヨの事を聞き、シネリキヨの神様がコモキナという名の女神だと教えてもらう。
沢岻に行き、今帰仁ヌルだったイナと会い、イナから娘のカユの事を聞く。
初代今帰仁ヌルのアキシノが弓矢の名人だったとイナから聞いて驚くが、アキシノの娘の勢理客ヌルが武芸の名人なのも、アキシノの子孫のマチルギが武芸の名人で女子サムレーを作ったのも納得できると思う。
東松田の若ヌルのタマが与那原グスクに来て、シネリキヨの屋賀ヌルが島添大里グスクに来るので会いに行こうと言い、若ヌルたちを連れてササと一緒に島添大里グスクに行く。
島添大里グスクに来た屋賀ヌルと会い、スムチナムイの事を聞く。
屋賀ヌルと恩納ヌルを連れて、一の曲輪内のウタキに行き、ギリムイ姫から瀬織津姫がスサノオと一緒に帰って行った事を聞き、スムチナムイの事を聞く。
「アマミキヨ」の台本を書くためにミントゥングスクに行った安須森ヌルが、『コモキナ』『ネノパ』『ピャンナ』『ムマノパ』という四つの言葉を聞いて、『コモキナ』の事をギリムイ姫に聞いたと知って驚く。
屋賀ヌルを連れてスムチナムイに行かなければならないと思う。
ササと一緒に浜川ウタキに行って百名姫と会い、ミントゥングスクでシネリキヨの4つの言葉を聞き、垣花森で垣花姫と会う。
若ヌルたちを連れて久高島参詣に参加する。
ユンヌ姫から志慶真ヌルが血を吐いて倒れたと知らされ、若ヌルたちを連れて島添大里グスクに行き、若ヌルたちを安須森ヌルに預け、シジマと屋賀ヌルを連れて読谷山に行く。
読谷山で東松田の若ヌルを連れて、ヤンバルに行き、玉グスクヌルと会い、スムチナムイのウタキでスムチナムイヌルと会う。
スムチナムイヌルも役行者から勾玉をもらったと聞いて驚き、コモキナが楚という国の王様の息子だった事を知る。
勢理客村に行き、勢理客大主に歓迎され、湧川グスク跡地のウタキで、カユと会う。
カユがアビーを説得すると約束してくれ、勢理客大主の孫娘のマナを勢理客ヌルに育てるとササは約束する。
勢理客村で村人たちと酒盛りをしていたら、ユンヌ姫が志慶真ヌルの死を知らせる。
今帰仁に行き、「まるずや」でウニタキから志慶真村の様子を聞き、志慶真村に行く。
志慶真ヌルの勾玉を首に下げて苦しんでいる若ヌルをシジマが助け、その勾玉をシジマが身に付ける。
屋嘉比のお婆が志慶真村に来て、シジマを新しい志慶真ヌルに認める。
クボーヌムイでの志慶真ヌルの葬儀とシジマの志慶真ヌル就任の儀式に参列して、屋嘉比のお婆を送っていく。
屋嘉比森のウタキで屋嘉比姫から、もうすぐ、お婆の寿命が尽きるので見守ってあげてねと言われ、お婆の死を看取る。
お婆の葬儀のために屋嘉比村に来た勢理客ヌルに追い出され、喜如嘉大主の船に乗って仲尾泊に行き、翌日、湧川グスクのウタキでカユと会う。
アビーがマジムンになったので、あなたたちがマジムン退治をしなさいとカユに言われて驚くが、乙羽山の山頂でササと一緒にマジムン退治をする。
アビーに取り付いていたマジムンを退治して、スムチナムイのウタキでアビーと会うが、アビーはタマも屋賀ヌルも覚えていない。
玉グスク村に行って玉グスクヌルと会うが、玉グスクヌルも何も覚えていない。
ヤンバルの旅から帰ってサハチに報告に言ったら、ササの妊娠をナツに知られてしまう。
3月28日、思紹が正式に出陣命令を出し、島添大里グスクをササに任せて、サハチと一緒に首里に行く。
4月1日、馬天ヌルと一緒に出陣の儀式を行ない、今帰仁攻めに出陣する。
今帰仁に着き、ヌルたちと一緒にクボーヌムイに行き、志慶真ヌルと一緒に戦勝を祈願する。
クボーヌムイの山頂近くで、志慶真ヌル、シンシン、タマと一緒にマジムン退治をして、クーイの若ヌルに取り憑いていたマジムンになった祖母を取り払う。
勝連按司と越来按司が戦死したと知らせが来て、安須森ヌルが勝連ヌル、越来ヌル、伊波ヌル、山田ヌル、安慶名ヌル、浦添ヌルを連れて外曲輪に行く。
サグルーたちが志慶真曲輪を奪い取り、ヌルたちと一緒に志慶真曲輪のお清めをする。
ヌルたちと一緒に志慶真ヌルの屋敷で休んでいると、山北王が御内原内にあるアマチヂウタキの霊石を真っ二つに斬ってしまうという場面を東松田の若ヌルが見て、みんなで話し合い、クボーヌムイに行ってアキシノから話を聞く。
アキシノは大丈夫だというが、心配している東松田の若ヌルを連れて、シンシンと一緒に外曲輪にいる安須森ヌルに相談に行く。
焼け跡の中の仮小屋で安須森ヌルとサハチに相談して、ササに会いに東松田の若ヌルを連れて、シンシンと一緒に島添大里に向かう。

・東松田の若ヌル
タマ。東松田ヌルの姪。
予知能力がある。
馬天ヌルたちと一緒にウタキ巡りの旅をする。
首里でサハチと出会う。
与那原に行きヂャンサンフォンのもとで、カミーと一緒に一か月の修行をする。
修行が終わった後、島添大里グスクに行ってサハチと会い、サハチがマレビト神だと気づく。
ヌルたちの安須森参詣に参加する。
屋良の古いウタキで屋良ヌルの声を聞き、屋良ヌルの子孫だと言われて驚き、シネリキヨの子孫たちを守ってくれと言われる。
屋良ヌルに言われた通りに山の中に入って、ガマの中で勾玉を見つける。
その勾玉は屋良ヌルが沢岻ヌルからいただいた勾玉なので、沢岻に行って沢岻ヌルの話を聞き、シネリキヨの聖地と言われているヤンバルのスムチナムイに行く。
スムチナムイのウタキで、アビーから、シネリキヨの事を色々と聞く。
ササたちが喜名に来るのを待っていて、スムチナムイのアビーから聞いたシネリキヨの事をササたちに話す。
中山王が今帰仁を攻めて、苦戦している場面を見て、中山王が勝つには、アビーを止めなければならないとササに言う。
ササたちと一緒に宇座の牧場に行き、酔っ払って、マレビト神は島添大里按司だと言ってしまうが、言った事を覚えていない。
シネリキヨの子孫の屋賀ヌルが島添大里グスクに行く場面を見て、与那原グスクに行き、ササたちと一緒に島添大里グスクに行く。
島添大里グスクでサハチと会い、サハチが自分の事を覚えていてくれたので喜ぶ。
島添大里グスクに来た屋賀ヌルからスムチナムイの事を聞く。
ササたちと一緒に一の曲輪内のウタキに入ってお祈りをする。
ササたちと一緒に浜川ウタキ、ミントゥングスク、垣花森に行くが、神様の声は聞こえない。
ササたちがシジマと屋賀ヌルを連れて喜名に来て、一緒にヤンバルの玉グスクに行き、スムチナムイのウタキでスムチナムイヌルと会う。
勢理客村に行き、勢理客大主に歓迎され、湧川グスク跡地のウタキで、カユと会う。
今帰仁に行き、「まるずや」でウニタキから志慶真村の様子を聞き、志慶真村に行く。
志慶真ヌルの勾玉を首に下げて苦しんでいる若ヌルをシジマが助け、その勾玉をシジマが身に付ける。
屋嘉比のお婆が志慶真村に来て、シジマを新しい志慶真ヌルに認める。
クボーヌムイでの志慶真ヌルの葬儀とシジマの志慶真ヌル就任の儀式に参列して、屋嘉比のお婆を送っていき、お婆の死を看取る。
お婆の葬儀のために屋嘉比村に来た勢理客ヌルに追い出され、喜如嘉大主の船に乗って仲尾泊に行き、翌日、湧川グスクのウタキでカユと会う。
アビーがマジムンになったので、あなたたちがマジムン退治をしなさいとカユに言われて驚くが、乙羽山の山頂でササと一緒にマジムン退治をする。
アビーに取り付いていたマジムンを退治して、スムチナムイのウタキでアビーと会うが、アビーは自分の事も屋賀ヌルも覚えていない。
玉グスク村に行って玉グスクヌルと会うが、玉グスクヌルも何も覚えていない。
サハチが兵を率いてやって来るのを待っていて、一緒に酒を飲みながら、サハチがマレビト神だと告げる。
サハチと過ごした2日間の記憶がなくなり、サハチに従って今帰仁攻めに出陣する。
今帰仁に着き、ヌルたちと一緒にクボーヌムイに行き、志慶真ヌルと一緒に戦勝を祈願する。
クボーヌムイの山頂近くで、志慶真ヌル、シンシン、ナナと一緒にマジムン退治をして、クーイの若ヌルに取り憑いていたマジムンになった祖母を取り払う。
勝連按司と越来按司が戦死したと知らせが来て、安須森ヌルが勝連ヌル、越来ヌル、伊波ヌル、山田ヌル、安慶名ヌル、浦添ヌルを連れて外曲輪に行く。
サグルーたちが志慶真曲輪を奪い取り、ヌルたちと一緒に志慶真曲輪のお清めをする。
ヌルたちと一緒に志慶真ヌルの屋敷で休んでいたら、山北王が御内原内にあるアマチヂウタキの霊石を真っ二つに斬ってしまうという場面を見て、みんなで話し合い、クボーヌムイに行ってアキシノから話を聞く。
アキシノは大丈夫だというが、心配になって、シンシンとナナと一緒に外曲輪にいる安須森ヌルに相談に行く。
焼け跡の中の仮小屋で安須森ヌルとサハチに相談して、ササに会いにシンシンとナナと一緒に島添大里に向かう。




尚巴志伝 第二部 236.クーイの若ヌル


尚巴志伝
ラベル:尚巴志伝 琉球
posted by 酔雲 at 13:10| Comment(0) | 尚巴志伝 あらすじと解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。