2007年07月12日

戦国大名の年齢差

関東を舞台に合戦に明け暮れた北条氏康、武田信玄、上杉謙信の年齢を比べてみますと、氏康は1515年生まれ、信玄は1521年生まれ、謙信は1530年生まれです。
最初の川中島合戦があった天文22年(1553年)、謙信は24歳、信玄は33歳でした。信玄から見れば、謙信は小憎らしい若造といった感じだったでしょう。
永禄3年(1560年)、謙信は始めて関東に攻めて行きますが、その時、31歳で、46歳だった氏康の本拠地、小田原城を包囲しています。
山本勘助が戦死したのは永禄4年の四回目の川中島合戦で、謙信32歳、信玄41歳でした。
氏康は57歳、信玄は53歳、謙信は49歳で亡くなっています。それぞれの二代目を比べてみますと、北条氏政は1538年生まれ、武田勝頼は1546年生まれ、上杉景勝は1555年生まれで、氏政は勝頼の義兄、勝頼は景勝の義兄という間柄でした。氏政は53歳で切腹、勝頼は37歳で自害、景勝は69歳まで生きました。
桶狭間の合戦の時の織田信長は27歳で、今川義元は42歳でした。
信長、秀吉、家康の年齢差は、信長が1534年生まれ、秀吉は1536年生まれ、家康は1542年生まれで、信長と秀吉は2歳違い、秀吉と家康は6歳違いでした。信長が49歳で本能寺で殺された時、秀吉は47歳、家康は41歳で、信長を殺した明智光秀は53〜55歳でした。
信長と光秀が亡くなった後、秀吉は63歳まで生き、家康は75歳まで生きました。

戦国草津温泉記・湯本善太夫

戦国草津温泉記・湯本三郎右衛門

時は今‥‥石川五右衛門伝


ラベル:武将
posted by 酔雲 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国時代>人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。