2020年05月02日

尚巴志伝 あらすじと解説 第二部 109.ヌルたちのお祈り

ウタキ巡りの旅をしている馬天ヌルたちは浮島から小禄、豊見グスク、座波、島尻大里、伊敷、真壁、米須と巡り、米須ヌルの紹介で小渡ヌルと会いました。
小渡ヌルは娘と一緒に小舟に乗って、海に潜って魚を捕っている変わったヌルでしたが、馬天ヌルは一目で気に入りました。
話を聞くと佐敷ヌルから剣術を習っていて、ヂャンサンフォンのもとでも一か月の修行を積んだと言うので、馬天ヌルは驚きました。

小渡ヌルと別れて、真栄平、与座、慶留、八重瀬と巡り、八重瀬按司の側室になっていたミミは奥間ヌルが一緒にいたので再会を喜びました。
八重瀬から玻名グスク、具志頭、玉グスクと行って、玉グスクヌルと一緒に、神様から英祖の父親のグルーの事を聞きました。
グルーは玉グスク按司の息子ではなく、玉グスク按司の三男の志喜屋大主の次男で、二百年前にヤマトゥに行ったきり帰って来ないという事がわかりました。

玉グスクから垣花、志喜屋、知念と行き、セーファウタキで豊玉姫様とアマン姫様に挨拶をして、馬天ヌルたちは久高島に渡りました。
久高島をあとにして、平田、手登根、佐敷、大グスクと巡って島添大里グスクに行き、奥間ヌルはユリと再会しました。
サハチは首里にいて留守でした。
奥間ヌルと会ったナツは、女の勘でサハチと奥間ヌルの関係を見破りました。

その頃、山南王のシタルーは側室の座波ヌルと酒を飲んでいて、今はじっと待っているべきですと座波ヌルに言われました。














登場人物

・馬天ヌル
中山王思紹の妹。
霊力が高く、各地のヌルたちに慕われている。
娘のササも霊力が高い。
マチルギと一緒にヤマトゥに行く。
ヂャンサンフォンのもとで一か月の修行をして、「ティーダシルの石」があるに違いないと気づく。
ササを連れて、「ティーダシルの石」を探しに行くが見つからず、その時が来るまで待とうと思う。
ササに連れられてセーファウタキで豊玉姫と会い、ティーダシルは石ではなく、鏡だと知る。
チューマチとマナビーの婚礼の儀式を執り行なう。
しゃべれるようになったカミーを連れて、ヤンバルのウタキ巡りの旅に出る。
屋嘉比のお婆と一緒に安須森に登り、神様からお礼を言われる。
浦添で朝盛法師のウタキを見つけて、仲順で舜天の声を聞く。
浦添ヌルのカナを連れて南部のウタキ巡りの旅をする。

・麦屋ヌル
マトゥイ。前与論ヌル。ウニタキの従妹。
山北王に攻められて家族を殺されるが、与論按司の娘を与論ヌルに育てるために生かされる。
死んだと思っていたウニタキと再会する。
与論島にいるのは危険なので、サハチと一緒に首里に行く。
馬天ヌルと一緒にヤンバルのウタキ巡りの旅に出る。
運天泊で敵の湧川大主と出会って驚く。
馬天ヌルと一緒に南部のウタキ巡りの旅をする。

・カミー
ヤンバルの山の中で慈恩禅師に拾われた口のきけない娘。
佐敷ヌルが安須森の封印を解くとしゃべれるようになる。
アフリヌルの孫娘で、アフリヌルを継ぐために馬天ヌルのもとに来ていた。
馬天ヌルと一緒にヤンバルのウタキ巡りの旅に出る。
辺戸村に帰って両親と再会する。
馬天ヌルと一緒に南部のウタキ巡りの旅をする。

・奥間ヌル
先代の奥間ヌルの孫。
サハチと結ばれて跡継ぎの娘ミワを産む。
奥間に来た佐敷ヌルと気が合い、一緒に安須森に行く。
屋嘉比のお婆に呼ばれて国頭按司の船に乗ると馬天ヌルたちがいたので驚く。
馬天ヌルと一緒にウタキ巡りの旅をして、首里に行きサハチと会う。
馬天ヌルと一緒に南部のウタキ巡りの旅をする。
セーファウタキで豊玉姫様から天孫氏だと言われて喜ぶ。

・東松田若ヌル
タマ。東松田ヌルの姪。
予知能力がある。
馬天ヌルたちと一緒にウタキ巡りの旅をする。
首里でサハチと出会う。

・カナ
浦添按司になった當山親方の娘。
浦添ヌルになるために馬天ヌルのもとで修行。
馬天ヌルがヤマトゥ旅に出たあと、運玉森ヌルのもとで修行する。
セーファウタキで運玉森ヌルによって、厳かな儀式をして浦添ヌルに就任する。
丸太引きのお祭りで浦添の守護神を務めて、見事に優勝する。
極楽寺跡地で古い鉄の剣を発見する。
浦添グスクのお祭りのために女子サムレーたちとお芝居の稽古に励む。
浦添の神様からヤマトゥに行った英祖の父親の事を調べてくれと頼まれる。
馬天ヌルと一緒に南部のウタキ巡りをする。
玉グスクで英祖の父親が志喜屋大主の次男だった事を知る。

・先代小禄ヌル
小禄按司の伯母。

・豊見グスクヌル
山南王シタルーの娘。
豊見グスク按司の姉。
馬天ヌルと一緒に南部のウタキ巡りの旅をする。

・座波ヌル
シタルーの側室。
若ヌルの頃にシタルーと出会い、二人の男子を産む。

・島尻大里ヌル
山南王シタルーの妹ウミカナ。
島添大里ヌルだった頃、馬天ヌルに命を救われる。
父親が殺した大勢の人たちを弔わなければならないと悟り、父親に滅ぼされた八重瀬按司の一族、島添大里按司の一族、大グスク按司の一族、島尻大里按司の一族たちを弔う。

・大村渠ヌル
初代山南王の娘。
汪英紫が山南王になった時、島尻大里ヌルから大村渠ヌルになる。

・伊敷ヌル
先代伊敷ヌルの娘。
伊敷按司と結ばれて跡継ぎの娘クキーを産む。

・李仲ヌル
李仲按司の次女。

・真壁ヌル
真壁按司の妹。

・米須ヌル
米須按司の娘。

・マルク
米須若按司の長男。

・小渡ヌル
越来の若ヌル。
父は中山王察度の三男の越来按司、母は山北王aの妹。
越来按司が滅んだあと、母と一緒に伯父の米須按司を頼り、小渡に落ち着く。
敵討ちのために佐敷ヌルから剣術を習い、ヂャンサンフォンのもとで修行をする。
米須按司の次男のクグルーと結ばれ、娘ユイを産む。

・真栄平ヌル
新垣大親の側室。

・与座ヌル
与座按司の姉。

・慶留ヌル
前島尻大里ヌル。
山南王シタルーの従妹。

・八重瀬ヌル
タブチの妹。

・ミミ
奥間から贈られた八重瀬按司の側室。
八重瀬に来た奥間ヌルと再会する。

・玻名グスクヌル
玻名グスク按司の娘マフー。

・具志頭ヌル
具志頭按司の伯母。

・マナミー
玉グスクの若按司の妻。
サハチの妹。

・玉グスクヌル
玉グスク按司の娘。
若按司の姉。

・垣花ヌル
垣花按司の妹。

・マグサンルー
垣花若按司の長男。

・志喜屋ヌル
志喜屋大主の娘。
先代の姪。

・マカマドゥ
知念若按司の妻。
尚巴志の妹。

・知念ヌル
知念按司の娘。

・久手堅ヌル
佐宇次ヌルと一緒にセーファウタキを守っている。

・豊玉姫
スサノオの妻。


・アマン姫
スサノオと豊玉姫の娘。
玉依姫の妹。


・フカマヌル(外間ノロ)
久高島のヌル。尚巴志の母違いの妹、ウミチル。
ウニタキの娘、ウニチルを産む。
佐敷ヌルたちと一緒にヤマトゥに行く。
佐敷のお祭りでウニタキと一緒にチルーに謝る。

・ウニチル
ウニタキとフカマヌルの娘。
佐敷のお祭りに来て、舞台で歌っているウニタキを見て、お父さんと呼ぶ。

・大里ヌル
久高島の月の神様を祀るヌル。
太陽を見た事がないので、色白で妖艶。

・平田のフカマヌル
久高島のフカマヌルの母親。
シラタル親方の長女。

・平田大親
尚巴志の弟、ヤグルー。
妻は玉グスク按司の娘ウミチル。
従者として明国に行く。
交易船の責任者としてヤマトゥに行く。
首里大通りからグスクまで、マナビーの花嫁行列を先導する。

・佐敷大親
尚巴志の弟。マサンルー
妻は奥間大親の娘、キク。
従者として明国に行く。
ヤマトゥと朝鮮に行く交易船の総責任者になる。
首里大通りからグスクまで、マナビーの花嫁行列を先導する。
中山王の代理としてハーリーに行く。

・クルー
尚巴志の弟。
妻は山南王シタルーの三女、ウミトゥク。
従者として明国に行く。
思紹とヂャンサンフォンと一緒に明国に行く。
一緒に旅をしてユンロンに好意を持つ。
中山王の使者として山南王と会い、同盟をまとめる。
手登根にグスクを築いて手登根大親を名乗る。

・大グスクヌル
大グスク按司の姉。
サハチの幼馴染み。

・サスカサ
島添大里ヌル。
尚巴志の長女、ミチ。
サグルーと一緒に山南王の婚礼に行き、有名になる。
丸太引きのお祭りで島添大里の守護神を務める。
ヂャンサンフォンの弟子になる。
交易船に乗って、ササたちと一緒にヤマトゥに行く。
ササと一緒に熊野に行く。
ヤマトゥから帰って来たらサハチが自分よりも若いハルを側室に迎えていたので怒って、サハチと口を利かない。
新宮の十郎の事を神様に伝えるために、ササたちと久高島に行く。

・ユリ
奥間で生まれたヒューガの娘。
武寧の長男、カニムイの側室になり、娘を産む。
浦添グスク炎上時、ウニタキに助けられて佐敷で娘と暮らす。
笛の名手。佐敷ヌルに笛の指導をする。
佐敷のお祭りの準備を佐敷ヌルと一緒にする。
佐敷ヌルを助けて、お芝居の音楽を担当する。
佐敷ヌルと一緒にヂャンサンフォンの指導を受ける。
サハチたちと一緒に慶良間の島に行く。
島添大里グスクに来た奥間ヌルと再会する。

・ナツ
ウニタキの配下だったが、尚巴志の側室になる。
マチルギが首里にいるので、島添大里グスクを任される。
尚巴志の七男、ナナルーを産む。
佐敷のお祭りで、マチルギと一緒に、チルーとフカマヌルの話を聞く。
側室になったメイユーに色々と教える。
側室になったハルに色々と教える。
子供たちを連れてサハチと一緒に津堅島に帰郷する。
島添大里グスクに来た奥間ヌルと会い、サハチとの関係を見破る。

・シタルー
山南王。島尻大里按司。
妻は察度の娘、トゥイ。
首里グスクを奪い取るために山北王と同盟する。
山北王と同盟を結ぶためにンマムイ家族を暗殺しようとするが失敗に終わる。
山北王が中山王と同盟を結んだと聞き、中山王と同盟する。




尚巴志伝
posted by 酔雲 at 12:41| Comment(0) | 尚巴志伝 あらすじと解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。