2018年06月18日

尚巴志伝 あらすじと解説 第二部 39.娘からの贈り物

マチルギと話したい事がいっぱいあったのに、サハチ(尚巴志)は飲み過ぎてしまい、朝起きたら、マチルギは首里に行ってしまって、いませんでした。
サハチが首里グスクに行くとマチルギは御内原で、王妃たちに旅の話をしていました。
サハチは、夕方、屋敷で待っていると言って、浮島に行ってファイチと会います。

浮島から帰って首里の屋敷に行くと思紹の側室のユイが留守番をしていました。
ユイと碁を打っているとマチルギが帰って来て、ユイは首里グスクに帰りました。
御内原の侍女たちが酒と料理を持って来て、サハチはマチルギから旅の話を聞きます。
対馬で思い切り船に乗ったので、もう気が済んで、女の水軍は作らないとマチルギが言ったので、サハチは安心します。

マチルギのお土産は、一節切(ひとよぎり)という竹の縦笛でした。
イトからのお土産は、手作りの着物でした。
ユキからのお土産は、龍の彫刻のある短刀でした。

サハチとマチルギは酒を飲みながら夜遅くまで語り合いました。



登場人物

・サハチ(尚巴志)
島添大里按司。
父は中山王の思紹。
妻は伊波按司の妹、マチルギ。
父を中山王にして、明国に旅立つ。
妻のマチルギをヤマトゥ旅に行かせる。

・ナツ
ウニタキの配下だったが、尚巴志の側室になる。
尚巴志の七男、ナナルーを産む。

・マチルギ
尚巴志の妻。伊波按司の妹。
女子サムレーたちの総大将。
島添大里按司の奥方だが、首里にいる事が多い。
女たちを連れてヤマトゥに行く。
対馬で船の操縦に熱中する。

・ユミ
勝連按司後見役サムの長女。
ジルムイの妻。

・ジタルー
ジルムイの長男。後の尚思達

・中山王妃
ミチ。サハチの母親。
越来按司の姉。

・佐敷ヌル
尚巴志の妹。シンゴと結ばれて、マユという娘がいる。
娘たちの剣術の師範で、女子サムレーたちの師範でもある。
強い霊力を持っているが、本人はまだ気づいていない。
マチルギ、馬天ヌルと一緒にヤマトゥに行く。

・馬天ヌル
中山王思紹の妹。
霊力が高く、各地のヌルたちに慕われている。
娘のササも霊力が高い。
マチルギと一緒にヤマトゥに行く。
ヂャンサンフォンのもとで一か月の修行をして、「ティーダシルの石」があるに違いないと気づく。

・チルー
ウニタキの妻。
中山王妃の妹。
マチルギたちと一緒にヤマトゥに行く。

・ササ
馬天若ヌル。父親は水軍大将のヒューガ、母親は馬天ヌル。
幼い頃から母親に剣術を習い、娘たちの師範代を務めるほとの腕を持っている。
ヌルとしても強い霊力を持っていて、尚巴志と懐機を出会わせたのもササだった。
山田に行って、久良波のマサルーの息子、シラーに一目惚れをするが、その熱も下がる。
シンシンと仲よくなる。
ヒューガ、馬天ヌルと一緒にヤマトゥに行く。
嵐を予言して、宝島の神様になる。
仁位のワタツミ神社で豊玉姫とスサノオを知る。
徳之島に異変に気づいて、徳之島には寄らずに帰国する。

・シンシン(杏杏)
ヂャンサンフォンの弟子。
両親は山賊に殺され、ヂャンサンフォンに拾われて、ファイチの妹夫婦に育てられる。
ヂャンサンフォンと一緒に琉球に行く。
ササと仲よくなる。
ササと一緒にヤマトゥに行く。

・伊是名親方
マウー。首里のサムレー大将。
伊是名島出身。思紹の従弟。

・ラオファン(老黄)
三姉妹の武術の師匠。
リェンリーの父親。

・ファイチ(懐機)
中山王の客将。
久米村からアランポー一族を追い出し、長史のワンマオと一緒に新しい久米村を造っている。
旧友に会うために尚巴志と一緒に明国に行く。
明国で旧友と再会し、永楽帝とも再会し、師匠のヂャンサンフォンとも再会する。

・シラー
山田按司の家臣、久良波のマサルーの次男。
首里のサムレー。
ササを諦めて、シンシンとつき合う。

・ユイ
思紹の側室。
奥間生まれで、碁が得意。



尚巴志伝
ラベル:琉球 尚巴志伝
posted by 酔雲 at 20:11| Comment(0) | 尚巴志伝 あらすじと解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。