2018年03月26日

尚巴志伝 あらすじと解説 第二部 28.久高島参詣

マチルギと一緒にヤマトゥ旅に行くのは馬天ヌル、佐敷ヌル、フカマヌル、馬天若ヌルのササ、ウニタキの妻のチルー、女子サムレーが十人と決まりました。
彼女たちを守るためにヒューガ、ジクー禅師、三星党のイーカチとシズが行き、ヂャンサンフォンとシンシンも行く事になりました。

浦添按司は首里のサムレー大将の當山親方に決まりました。
當山親方は配下のサムレーたちを率いて、浦添グスクを再建するために浦添に向かいました。

3月3日、中山王の久高島参詣が行なわれました。
グスク内から自由に出られない女たちを連れての旅でした。
サハチ(尚巴志)は留守番で、首里グスクでジクー禅師と囲碁をしながら,ヤマトゥの楼閣の事を聞いていました。
中山王を襲う者がいるかもしれないので充分に警護を固めていましたが、襲撃されました。
襲撃したのは武寧の三男のイシムイで、十五人の兵が戦死してしまいました。



登場人物

・サハチ(尚巴志)
島添大里按司。
父は中山王の思紹。
妻は伊波按司の妹、マチルギ。
父を中山王にして、明国に旅立つ。

・マチルギ
尚巴志の妻。伊波按司の妹。
女子サムレーたちの総大将。
島添大里按司の奥方だが、首里にいる事が多い。
尚巴志が明国に行ったので、女たちを連れてヤマトゥに行こうと考える。

・馬天ヌル
中山王思紹の妹。
霊力が高く、各地のヌルたちに慕われている。
娘のササも霊力が高い。

・當山親方
當山之子。越来按司(美里之子)の弟。
中山王のサムレー大将から浦添按司になる。

・外間之子
マニウシの次男、グルータ。
島添大里のサムレー大将から首里のサムレー大将になる。

・慶良間之子
苗代大親の次男、サンダー。
島添大里のサムレー大将。

・ウニタキ
表向きは地図を作っている重臣の三星大親。
中山王の裏の組織「三星党」の頭領。
妻は尚巴志の叔母のチルー。
尚巴志を守るために一緒に明国に行く。

・苗代大親
中山王思紹の弟。武術師範。
サムレーたちの総大将。

・思紹
中山王。尚巴志の父親。
佐敷按司を隠居して、東行法師を名乗り、慶良間の島で若い者たちを鍛える。
一千人の兵を育て、その兵力によって、中山王武寧を倒し、中山王となる。
王となってもじっとしているのは苦手で、兵たちの指導をしている。

・ジクー禅師
京都妙心寺の禅僧だったが、妙心寺が将軍義満につぶされ、志佐壱岐守と一緒に琉球に来る。

・イーカチ
「三星党」の副頭。
絵を描くのが得意。

・伊是名親方
マウー。首里のサムレー大将。
伊是名島出身。思紹の従弟。

・苗代之子
苗代大親の長男、マガーチ。
島添大里のサムレー大将。

・ヂャンサンフォン(張三豊)
武当山の道士。ファイチの師匠。
永楽帝が会いたいと思って必死に探しているが、権力者には会いたくないと逃げている。
武当拳、武当剣の創始者。
シンシンを連れて琉球に行く。

・イシムイ
武寧の三男。
父の敵を討つため、中山王を狙う。



尚巴志伝


ラベル:琉球 尚巴志伝
posted by 酔雲 at 14:05| Comment(0) | 尚巴志伝 あらすじと解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。