2018年01月29日

尚巴志伝 あらすじと解説 第二部 21.西湖のほとりの幽霊屋敷

龍虎山から杭州に戻ったサハチ(尚巴志)たちは三姉妹と再会します。
三姉妹はヂャンサンフォンと会って感激します。
三姉妹はすでに拠点となる屋敷も見つけていて、翌日、西湖のほとりにあるその屋敷に行きます。
その屋敷は幽霊屋敷と呼ばれていて、安く手に入れられたとの事です。
幽霊が出ましたが、一流の道士であるヂャンサンフォンによって退治されます。

応天府(南京)に行っていた琉球の使者たちが今、杭州に滞在していると聞いてサハチたちは会いに行きます。
使者のサングルミーは驚いて、サハチたちを迎え、無事だった事を喜びます。
八重瀬按司のタブチが現れて、サハチたちは驚きます。
泉州の来遠駅には山南王の使者の従者たちが滞在していて、タブチと騒ぎが起こるような気配があったので、応天府まで連れて行ったとサングルミーは言いました。
タブチはサハチたちが永楽帝と会った事を知っていて、サハチたちを見る目が変わっていました。

サハチたちは三姉妹とヂャンサンフォンと別れ、サングルミーたちと合流して泉州に向かいます。
半年間の楽しかった旅も終わり、サハチたちは進貢船に乗り込みました。



登場人物

・サハチ(尚巴志)
島添大里按司。
父は中山王の思紹。
妻は伊波按司の妹、マチルギ。
父を中山王にして、明国に旅立つ。

・ウニタキ
表向きは地図を作っている重臣の三星大親。
中山王の裏の組織「三星党」の頭領。
妻は尚巴志の叔母のチルー。
尚巴志を守るために一緒に明国に行く。

・ファイチ(懐機)
中山王の客将。
久米村からアランポー一族を追い出し、長史のワンマオと一緒に新しい久米村を造っている。
旧友に会うために尚巴志と一緒に明国に行く。
明国で旧友と再会し、永楽帝とも再会し、師匠のヂャンサンフォンとも再会する。

・ヂャンサンフォン(張三豊)
武当山の道士。ファイチの師匠。
永楽帝が会いたいと思って必死に探しているが、権力者には会いたくないと逃げている。

・シンシン(杏杏)
ヂャンサンフォンの弟子。
両親は山賊に殺され、ヂャンサンフォンに拾われて、ファイチの妹夫婦に育てられる。

・メイファン(張美帆)
福州の海賊ヂャンルーチェンの三女。
父と敵対している海賊リンジェンフォンの長男と駆け落ちして琉球に行き、ファイチと出会う。

・メイユー(張美玉)
福州の海賊ヂャンルーチェンの次女。
広州の海賊に嫁ぐが、敵討ちのため離縁して戻って来る。
尚巴志といい仲になる。

・メイリン(張美玲)
福州の海賊ヂャンルーチェンの長女。
杭州の海賊に嫁ぐが夫は戦死して、息子を嫁ぎ先に残し、娘を連れて帰る。
ウニタキといい仲になる。

・ラオファン(老黄)
三姉妹の武術の師匠。

・リェンリー(黄怜麗)
ラオファンの次女。
三姉妹の仲間に加わる。

・サングルミー
与座大親。中山王の正使。
山南王のシタルーと一緒に明国の国士監に留学して、帰国後、中山王武寧の正使となる。
明国から帰国すると武寧は亡くなっていて、思紹が中山王になっていたが、思紹に仕える。

・タブチ
八重瀬按司。
汪英紫の長男。山南王(シタルー)の兄。
中山王の武寧と組んでシタルーを倒し、山南王になるつもりだったが、尚巴志に邪魔される。
尚巴志を恨むが、父も弟も行った事のある明国に行ってみようと考え、中山王に従って明国に行く。
サングルミーと一緒に応天府まで行き、ようやく、父親の気持ちがわかる。

・リュウジャジン(劉嘉景)
三姉妹の配下。パレンバンに行っていて助かる。

・ジォンダオウェン(鄭道文)
三姉妹の配下。琉球に行っていて助かる。
山北王と密貿易をするために運天泊に行き、メイファンと再会して連れて帰る。



尚巴志伝


ラベル:尚巴志伝 琉球
posted by 酔雲 at 14:18| Comment(0) | 尚巴志伝 あらすじと解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。