2017年12月25日

尚巴志伝 あらすじと解説 第二部 16.真武神の奇跡

「酔夢楼」で永楽帝に会ったあと、サハチ(尚巴志)たちは「桃香楼」に行って、ヂュヤンジンとリィェンファの婚約のお祝いをして一晩中騒いでいました。
夜が明けた頃、ヂュヤンジンの屋敷に帰り、ヂュヤンジンが出仕して行ったあと、ファイチは永楽帝と話した事をサハチたちに教えてくれました。

60万の官軍に対して、永楽帝の兵は800人しかいなかったそうです。
永楽帝は800人の兵で北京周辺の兵を攻略して兵を集めたようです。
皇帝に叛旗をひるがえした永楽帝は賊軍にされてしまい、南から運ばれて来る食糧も止められてしまいます。
戦に勝利して、皇帝になれたのは、まさに奇跡のような信じられない事でした。

ファイチは永楽帝に進貢船の下賜と冊封使の延期を頼みました。
進貢船の下賜はもう少し待ってくれと言われ、冊封使は送らないと言ったようです。
サハチとしてもまだ首里の都が完成していないのに、冊封使が来たら困るので、それでいいと納得します。

一眠りして、サハチが起きると、ウニタキが荷造りをしていました。
サハチは三姉妹に会いに行こうとしていた事を思い出します。
ファイチが起きて、三姉妹に会いに行く前に行くべき所があると言います。
永楽帝は今、有名な道士を探していて、その道士はファイチの師匠で、その道士を探しに武当山に行くとファイチは言いました。
武術が盛んだという武当山にはサハチもウニタキも行ってみたいと思っていました。
次の日、サハチたちは武当山を目指して旅立ちます。



◇永楽帝の挙兵
1360年4月17日、永楽帝、洪武帝の四男に生まれる。
1368年、洪武帝、明を建国。
1380年、永楽帝、燕王として北平(北京)に赴く。
1390年、永楽帝、北伐に勝利する。
1392年5月12日、洪武帝の長男の皇太子、死す。
1395年3月20日、洪武帝の次男、泰王、死す。
1396年、永楽帝、北伐に勝利する。
1398年3月30日、洪武帝の三男、晋王、死す。
1398年閏5月10日、洪武帝、死す。孫の建文帝が即位。
1398年7月、洪武帝の五男、周王、身分を剥奪され、雲南に流刑される。
1399年1月、洪武帝の13男、代王、身分を剥奪され、応天府に監禁される。
1399年2月、燕王、建文帝に呼ばれて応天府に行く
1399年3月、洪武帝の七男、斉王、身分を剥奪され、応天府に監禁される。
1399年5月26日、洪武帝の12男、湘王、建文帝の兵に攻められ戦死する。
1399年6月、洪武帝の18男、雲南王、身分を剥奪され、漳州(福建省)に流罪。
1399年7月4日、永楽帝、北平で挙兵する。
1399年8月15日、永楽帝、南京からの討伐軍を雄県の会戦で撃破する。
1399年11月、永楽帝、北平城下で50万の官軍に大勝する。
1400年1月、永楽帝、蔚州と大同を攻撃する。
1400年4月、永楽帝、白溝河の戦いで60万の官軍に勝利する。
1400年12月、永楽帝、東昌の会戦に敗れる。
1401年3月、永楽帝、コダ河の戦いに勝利する。
1401年12月、永楽帝、一気に応天府(南京)を攻め落とすため、北平を出陣する。
1401年1月、永楽帝、コダ川で官軍を撃破する。
1401年4月、永楽帝、霊壁の戦いで官軍に勝利する。各地の武将たちも永楽帝に寝返る。
1401年5月、永楽帝、泗州、揚州を制圧。
1401年6月、永楽帝、長江を渡河。
1401年6月13日、永楽帝、応天府を攻撃。建文帝は逃亡し、永楽帝が即位する。



登場人物

・サハチ(尚巴志)
島添大里按司。
父は中山王の思紹。
妻は伊波按司の妹、マチルギ。
父を中山王にして、明国に旅立つ。

・ウニタキ
表向きは地図を作っている重臣の三星大親。
中山王の裏の組織「三星党」の頭領。
妻は尚巴志の叔母のチルー。
尚巴志を守るために一緒に明国に行く。

・ファイチ(懐機)
中山王の客将。
久米村からアランポー一族を追い出し、長史のワンマオと一緒に新しい久米村を造っている。
旧友に会うために尚巴志と一緒に明国に行く。

・ヂュヤンジン(朱洋敬)
科挙に合格して、ファイチと一緒に宮廷に仕えたファイチの親友。
政策を批判して、宮廷から追放されるが、永楽帝が皇帝になると宮廷に戻り、永楽帝に仕える。

・リィェンファ(蓮華)
富楽院の妓楼「桃香楼」の女将。
富楽院で一、二を争う有名な妓女で、偉い文人の妾になる予定だったが、その文人は建文帝に殺される。
内乱のあと、富楽院に戻ると屋敷は無事で、ファイチが植えた桃の木も無事だった。
亡くなったタオファのためにも妓楼の女将になって、ファイチが帰って来るのを待とうと決心する。
妓楼の名を「春香楼」から「桃香楼」に変える。



尚巴志伝


ラベル:尚巴志伝 琉球
posted by 酔雲 at 15:27| Comment(0) | 尚巴志伝 あらすじと解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。