2017年11月27日

尚巴志伝 あらすじと解説 第二部 12.島影に隠れた海賊船

サハチ(尚巴志)たちは三姉妹と一緒に中洲の隠れ家を引き払って、海賊船を隠している島の近くまで馬に乗って行きました。
半日掛かりで着いた所は小さな漁師の村でした。
海の方を見ると大小様々な島がいくつもあって、海賊船はあの島のどこかに隠れているようです。
小さな家々が建ち並ぶ中に大きな屋敷があって、そこが三姉妹の屋敷でした。

サハチたちはメイファンから、配下の海賊、リュウジャジンとジォンダオウェンを紹介されます。
リュウジャジンはパレンバンに行っていて助かり、ジォンダオウェンは琉球に行っていて助かったのでした。
メイファンはパレンバンの商品を琉球に持って行って、中山王と取り引きをすると言います。
サハチたちはパレンバンの事や明国の海賊の事などを三姉妹から聞きます。
その夜、久し振りに酒を飲んだサハチは酔っ払ったわけではありませんが、自然の成り行きでメイユーと夜を過ごしていました。

翌日、サハチたちは海賊船を見に行きます。
岩陰に隠れていた海賊船には鉄炮(大砲)が積んでありました。
海賊船に乗って沖に出て、ジォンダオウェンは鉄炮を撃ってみせてくれました。
物凄い音がして、サハチとウニタキは驚きます。
ジォンダオウェンは鉄炮と火薬を手に入れると約束してくれました。



登場人物

・サハチ(尚巴志)
島添大里按司。
父は中山王の思紹。
妻は伊波按司の妹、マチルギ。
父を中山王にして、明国に旅立つ。

・ウニタキ
表向きは地図を作っている重臣の三星大親。
中山王の裏の組織「三星党」の頭領。
妻は尚巴志の叔母のチルー。
尚巴志を守るために一緒に明国に行く。

・ファイチ(懐機)
中山王の客将。
久米村からアランポー一族を追い出し、長史のワンマオと一緒に新しい久米村を造っている。
旧友に会うために尚巴志と一緒に明国に行く。

・メイファン(張美帆)
福州の海賊ヂャンルーチェンの三女。
父と敵対している海賊リンジェンフォンの長男と駆け落ちして琉球に行き、ファイチと出会う。

・メイユー(張美玉)
福州の海賊ヂャンルーチェンの次女。
広州の海賊に嫁ぐが、敵討ちのため離縁して戻って来る。
尚巴志といい仲になる。

・メイリン(張美玲)
福州の海賊ヂャンルーチェンの長女。
杭州の海賊に嫁ぐが夫は戦死して、息子を嫁ぎ先に残し、娘を連れて帰る。
ウニタキといい仲になる。

・リュウジャジン(劉嘉景)
三姉妹の配下。パレンバンに行っていて助かる。

・ジォンダオウェン(鄭道文)
三姉妹の配下。琉球に行っていて助かる。
山北王と密貿易をするために運天泊に行き、メイファンと再会して連れて帰る。

・ラオファン(老黄)
三姉妹の武術の師匠。

・リェンリー(黄怜麗)
ラオファンの次女。
三姉妹の仲間に加わる。


・チェンズーイー(陳祖義)
広州の海賊で、広州を追い出されて東南アジアで暴れ、進貢船も襲ったので洪武帝、永楽帝の怒りを買う。
永楽帝がパレンバンに送ったジェンフォに捕まって処刑される。

・リャンダオミン(梁道明)
広州の海賊。
パレンバンの王となるが、配下のシージンチンに譲って故郷に帰る。

・シージンチン(施進卿)
リャンダオミンの配下。
チェンズーイーが捕まったあと、ジェンフォによってパレンバンの宣慰司に任命される。

・ジェンフォ(鄭和)
永楽帝の命令で大船団を率いて大航海に出た宦官の武将。




尚巴志伝


ラベル:琉球 尚巴志伝
posted by 酔雲 at 20:19| Comment(0) | 尚巴志伝 あらすじと解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。