2017年10月30日

尚巴志伝 あらすじと解説 第二部 8.遙かなる船旅

中山王思紹が初めて送る進貢船が浮島(那覇)から船出して行きました。
正使はサングルミーで、護衛のサムレー大将は宜野湾親方、副大将は當山親方でした。
サハチ(尚巴志)、ウニタキ、ファイチ(懐機)も従者として乗っていました。
按司たちは明国に行く従者として、若按司を選んだ者が多かったのですが、八重瀬按司のタブチは留守を若按司に任せて、本人がやって来ました。

サハチが明国に行く目的には火薬を手に入れる事も含まれていました。
ファイチが親しくしていたメイファンは海賊の娘で、先に明国に帰っていました。
明国でメイファンと会って、海賊と火薬の取り引きができればいいとサハチは胸を膨らませます。

二日目に久米島に着いて、三日目の午過ぎに久米島を出帆します。
久米島を過ぎると明国まで途中に島はありません。
毎日、海しか見えない景色にも飽きた、ある夜、ウニタキが三弦を弾き始めます。
皆がウニタキの歌を聴いて、故郷に残してきた家族たちの事を想います。
翌日、嵐がやって来て、船が転覆するのではないかと思うほど恐ろしい経験をします。
黒潮も無事に乗り越え、船は順調に走りましたが、明国にはなかなか着きません。
船出してから十五日目に、今頃、首里ではお祭りをやっているなとサハチとウニタキが話していると、小琉球(台湾)が見えて来ました。

次の日、ようやく大陸が見えて来ました。
海に突き出した半島の上にグスクのような石垣が見え、そのグスクの下に泊まっていた船が進貢船に近づいて来ました。
進貢船が止まって、明国のサムレーが乗り込んで来ました。
明国のサムレーたちはサングルミーたちと会って、船から降りると進貢船を護衛して泉州の港まで誘導してくれました、


進貢船の大きさ

長さ34.8m、幅9.7m、舟高5,4m、艫高8.2m、舳高7.6m、総重量2300t。
帆柱 高さ30m、廻りが4.5m
本帆 長さ22m、幅15.4m(17反帆)
艫帆 長さ7.6m)、幅4.5m
前帆 長さ14.5m、幅7.2m
楫柱 長さ9m、廻り2,4m、葉長さ4.5m、葉幅3m
旗 進貢旗(帰国時には「奉旨帰国」の旗となる)、三角籏(黄色地に赤丸)、
  七ツ星籏(北斗七星)、モカズ籏(ムカデ)、五色籏、菩薩籏(媽祖)、
  御紋籏(青地に三つ巴)、舳籏、関帝王籏、艫黄色籏


登場人物

・サハチ(尚巴志)
島添大里按司。
父は中山王の思紹。
妻は伊波按司の妹、マチルギ。
父を中山王にして、明国に旅立つ。

・サングルミー
与座大親。中山王の正使。
山南王のシタルーと一緒に明国の国士監に留学して、帰国後、中山王武寧の正使となる。
明国から帰国すると武寧は亡くなっていて、思紹が中山王になっていたが、思紹に仕える。

・宜野湾親方
明国から帰ってきた進貢船のサムレー大将。
思紹に仕える。

・當山親方
當山之子。中山王のサムレー大将。
越来按司(美里之子)の弟。

・ウニタキ
表向きは地図を作っている重臣の三星大親。
中山王の裏の組織「三星党」の頭領。
妻は尚巴志の叔母のチルー。
尚巴志を守るために一緒に明国に行く。

・ファイチ(懐機)
中山王の客将。
久米村からアランポー一族を追い出し、長史のワンマオと一緒に新しい久米村を造っている。
旧友に会うために尚巴志と一緒に明国に行く。

・タブチ
八重瀬按司。
汪英紫の長男。山南王(シタルー)の兄。
中山王の武寧と組んでシタルーを倒し、山南王になるつもりだったが、尚巴志に邪魔される。
尚巴志を恨むが、父も弟も行った事のある明国に行ってみようと考え、中山王に従って明国に行く。

・玉グスク若按司
妻は尚巴志の妹。
従者として明国に行く。

知念若按司
妻は尚巴志の妹。
従者として明国に行く。

浜川大親
勝連の重臣。サンラー、尚巴志の幼馴染み。
従者として明国に行く。



尚巴志伝


ラベル:琉球 尚巴志伝
posted by 酔雲 at 19:56| Comment(0) | 尚巴志伝 あらすじと解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。