2017年06月26日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 77.浦添グスク炎上

サハチ(尚巴志)が首里グスクを奪い取った日の夕方、浦添の遊女屋『喜羅摩』では、早々と戦勝祝いの宴が賑やかに開かれていました。
招待したのは侍女の頭を務めるナーサで、招待されたのは中山王の重臣たちでした。
重臣といっても武将ではなく、政務を司つかさどっている文官たちです。
夜も更けて、重臣たちがだらしなく遊女と戯れている時、若いサムレーが血相を変えてやって来ました。
「大変です。グスクが燃えております」と若いサムレーは叫びました。
重臣たちが外に飛び出して、グスクを見ると真っ赤な炎を上げて、グスクは勢いよく燃えていました。

ウニタキは配下を率いて、日が暮れるのを待って、浦添グスク内に潜入しました。
中山王の武寧も若按司もいないので、気が緩んでいる警固の兵たちを倒しながら、ウニタキたちはあちこちに火を付けました。
グスク内の者たちは火を消すどころではなく、必死に逃げました。
ウニタキたちは御内原(うーちばる)に潜入して、武寧の息子たちを皆、殺して、女たちは速く逃げろと追い出しました。
若按司の側室になっていたヒューガの娘のユリと奥間から贈られた側室を助け、武寧の三男に嫁いでいた玉グスク按司の娘も助けました。
西門からは財宝を山積みにした荷車が首里へと運ばれて行きました。

その頃、浮島の久米村ではファイチに率いられた慶良間の若者たちが、アランポーの配下の者たちを殺し、一族の者も殺し、アランポーも殺していました。

夜が明け、浦添グスクはまだくすぶっていましたが、グスク内に建っていたほとんどの屋敷が焼け落ちていました。
朝早くから重臣たちのもとへ、ナーサからの書状が届いて、重臣たちは昨夜の遊女屋に集まります。
ナーサは、中山王の武寧は亡くなり、島添大里按司が新しい中山王になると言います。
重臣たちは驚きますが、ナーサの話を聞いて、新しい中山王に仕える事になります。

山南王のシタルーがいる島尻大里グスクは、中山王の若按司が率いる兵とタブチが率いる兵に完全に包囲されていました。
中山王の若按司、カニムイのもとに、浦添グスクが焼け落ちたとの知らせが入ってきます。
タブチのもとにも浦添グスク炎上の知らせが入ります。
カニムイもタブチも、一体、何が起こっているのか、わけがわかりませんでした。


登場人物

・ナーサ
汪英紫が八重瀬グスクを攻め落とす時に、八重瀬按司に贈った絶世の美女。
浦添の若按司に嫁いだ汪英紫の長女、ウシの侍女として浦添グスクに入り、今では侍女たちを束ねている。
ウニタキの亡くなった妻、ウニョンの実の母親。
侍女を引退して、「遊女屋」をやろうと考えている。
尚巴志のために、中山王の重臣たちを寝返らせる。

・安謝大親
中山王の重臣。交易担当の総奉行。

・嘉数大親
中山王の重臣。財政担当。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。先代の中山王、察度の孫娘(武寧の娘)、ウニョンを妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
尚巴志のために裏の組織「三星党」を結成する。
尚巴志の叔母、チルーを妻に迎える。
久高島のフカマヌルと結ばれ、娘が生まれる。
望月党を壊滅させ、妻と娘の敵を討つ。
首里グスクの抜け穴を利用して、グスク内に潜入して、尚巴志の兵をグスク内に入れる。
浦添グスクに潜入して、火を付けて炎上させる。

・ユリ
奥間で生まれたヒューガの娘。
中山王の若按司の側室になる。
燃える浦添グスクからウニタキに助けられる。

・ファイチ(懐機)
明国から逃げて来た道士。
家族を佐敷に連れて来て、尚巴志のために活躍する。
久米村を仕切っているアランポーを倒すため、風水師として久米村に住む。
浦添グスクの炎上と同時に、アランポーの一族を抹殺する。

・アランポー(亜蘭匏)
久米村の唐人。
1383年、泰期に代わって正使となり、明国に行く。
1394年、国相に任じられる。
久米村を仕切っている。

・ワンマオ(王茂)
久米村の唐人。
アランポーを追い出すためにファイチと手を組む。
アランポーを倒して、久米村の代表になる。

・山南王、汪応祖
シタルー。汪英紫の次男。島尻大里按司。
山南王の官生として明国に留学する。
兄タブチとの争いに勝ち山南王になる。
首里グスクを奪い取るつもりだったが、尚巴志に奪われる。

・カニムイ
中山王武寧の若按司。
中山王の大将として、中部の按司たちを率いて、山南王の島尻大里グスクを攻める。

・奥間大親
中山王の重臣。

・ハマジ
奥間大親の配下。

・タブチ
八重瀬按司
汪英紫の長男、シタルーの兄。
中山王の武寧と組んで、シタルーを倒すつもりだったが、尚巴志に邪魔される。



尚巴志伝
ラベル:尚巴志伝 琉球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック