2017年06月05日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 74.タブチの野望とシタルーの誤算

久し振りに馬天ヌルと娘のササと一緒に、年末年始を過ごしたヒューガは五日になると慶良間の島から兵の移動を開始します。
サハチ(尚巴志)の父は慶良間の島には帰らず、孫たちと過ごしていました。

正月の半ば、八重瀬グスクで婚礼があり、南部の按司たちは皆、集まりました。
八重瀬按司のタブチの娘が中山王の武寧の四男に嫁いで行きました。
山南王のシタルーも来ていました。
糸数按司は何を考えているのかわかせない男でした。
武寧の次男の兼グスク按司は落ち着きのない男でした。
小禄按司は不気味で、面影が父親の宇座の御隠居(泰期)に似ていて、シタルーに付くのかタブチに付くのかわかりませんでした。

お祝いの宴の時、サハチはタブチに呼ばれて、別室でタブチと二人だけで会いました。
中山王が味方に付いたので、今回は必ず、シタルーに勝つから、サハチも従えとタブチは言います。
サハチは驚いた振りをして、タブチに従うと約束します。

次の日、サハチは「まるずや」でウニタキと会い、首里グスクの完成の儀式が2月10日に行なわれる事を知ります。
ウニタキは周りの状況を説明したあと、首里グスクの抜け穴を見つけたと言います。
シタルーが首里グスクを奪い取るために造った抜け穴を、ウニタキが見つけ出したのでした。

「まるずや」から出たサハチは弟のヤグルーと久高島のフカマヌルが一緒にいるのに出会います。
年末年始に誰も帰って来なかったので、フカマヌルは心配して島を出て来たそうです。
サハチは二人を連れて「まるずや」に戻り、フカマヌルをウニタキに預けます。

正月23日、シンゴとクルシの船が馬天浜に来て、サハチの長男、サグルーと弟のマサンルーが無事にヤマトゥから帰って来ました。
二人は京都まで行って来たと言って、サハチを驚かせます。
「一文字屋」が京都にも店を出して、その店にお世話になって京都見物を楽しんだと言います。
二人の話を聞いて、サハチも京都に行きたいと思いました。
シンゴからは、シンゴの父親、三郎左衛門が亡くなったと聞いて驚きます。
サハチはヤマトゥ旅に行った時の事を思い出し、三郎左衛門の冥福を祈りました。



登場人物

・サハチ(尚巴志)
島添大里按司。
父はサグルー(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。尚巴志の師匠。
尚巴志のために山賊になる。
山南王の船を奪い取って海賊になり、慶良間の島の修行者たちの食糧を調達する。

・馬天ヌル(馬天ノロ)
尚巴志の叔母。神名はティーダシル。
ヒューガと結ばれ、娘のササが生まれる。

・ササ
馬天若ヌル。
馬天ヌルとヒューガの娘。

・佐敷ヌル(佐敷ノロ)
尚巴志の妹、マシュー。神名はツキシル。
師範代として娘たちに剣術を教えている。
佐敷から島添大里に移る。
シンゴと結ばれ、娘のマユが生まれる。

・東行法師
尚巴志の父、サグルー。
佐敷按司をサハチに譲り、東行法師を名乗って旅に出る。
慶良間の無人島で若い者たちを鍛え、『師匠』と呼ばれる。

・タブチ
八重瀬按司
汪英紫の長男、シタルーの兄。

・山南王、汪応祖
シタルー。汪英紫の次男。島尻大里按司。
山南王の官生として明国に留学する。
兄タブチとの争いに勝ち山南王になる。

・糸数按司
先代の糸数按司の母親違いの弟。
察度に仕えて護衛隊長を務め、上間按司になる。
兄の糸数按司を倒して、糸数按司になる。

・ンマムイ
兼グスク按司。
武寧の次男。山北王の娘、マハニを妻に迎える。

・小禄按司
武寧の従兄。
宇座の御隠居、泰期の長男。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。先代の中山王、察度の孫娘(武寧の娘)、ウニョンを妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
尚巴志のために裏の組織「三星党」を結成する。
尚巴志の叔母、チルーを妻に迎える。
久高島のフカマヌルと結ばれ、娘が生まれる。
望月党を壊滅させ、妻と娘の敵を討つ。

・ヤグルー
尚巴志の弟。
平田グスクを任され、平田大親を名乗る。

・フカマヌル(外間ノロ)
久高島のフカマヌルの娘でフカマヌルを継ぐ。
父はサグルー。尚巴志の母違いの妹。
ウニタキと結ばれ、娘のウニチルが生まれる。

・シンゴ
早田新五郎。サイムンタルーの弟。
兄の左衛門太郎が朝鮮に投降したため、お屋形様の代理を務める。
佐敷ヌルと結ばれ、娘が生まれる。

・クルシ
早田左衛門太郎の重臣。
倅に跡を譲って隠居し、尚巴志の家臣になる。

・サグルー
尚巴志の長男。

・マサンルー
尚巴志の弟。
佐敷グスクを任され、佐敷大親を名乗る。



尚巴志伝
ラベル:尚巴志伝 琉球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック