2017年05月29日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 73.ナーサの望み

ウニタキが望月党を倒してから、浦添グスクの侍女のナーサは「よろずや」にちょくちょく遊びに来るようになりました。
ナーサは侍女を引退して、何か商売を始めようと思っているようです。
長年、女たちを使っていたので、遊女屋ならできそうだと思うが、遊女屋に行った事がないので、どんな事をしているのかわからないと言います。
ウニタキはヒューガの配下がやっている遊女屋「喜羅摩」に、ナーサを連れて行きます。
ナーサは遊女たちから真剣に話を聞いていて、本気で、遊女屋をやりたいと思っているようでした。

半月後、ウニタキはナーサと会いました。
ナーサは首里にできる新しい城下で「遊女屋」をやりたいと言います。
ウニタキはナーサを信じて、自分の事やサハチ(尚巴志)の事を話します。
ナーサは生まれ故郷の奥間のためにも、サハチのために働きたいと言って、ナーサが書いた浦添グスクの詳しい見取り図をウニタキに渡します。

サハチは浦添グスクの見取り図を見て喜び、ウニタキと一緒に浦添の「よろずや」に行ってナーサと会います。
ナーサの話を聞いて、サハチは以前、ナーサに会っていた事に気づきます。
クマヌに連れられて、初めて宇座の御隠居(泰期)の牧場を訪ねた時、馬に乗った勇ましく美しい侍女が浦添から来ましたが、それがナーサだったのです。

年の暮れ、父がヒューガと一緒に慶良間の島から帰って来ました。
サハチは父とヒューガと一緒に首里グスクを奪い取る作戦を練ります。


登場人物

・ナーサ
汪英紫が八重瀬グスクを攻め落とす時に、八重瀬按司に贈った絶世の美女。
浦添の若按司に嫁いだ汪英紫の長女、ウシの侍女として浦添グスクに入り、今では侍女たちを束ねている。
ウニタキの亡くなった妻、ウニョンの実の母親。
侍女を引退して、「遊女屋」をやろうと考えている。

・ムトゥ
マチルギの教え子。ウニタキの配下。
浦添の「よろずや」の売り子。

・望月ヌル
ヤエ。
望月党の兄二人が亡くなり、イブキと一緒になって、浦添の「よろずや」の女将になる。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。先代の中山王、察度の孫娘(武寧の娘)、ウニョンを妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
尚巴志のために裏の組織「三星党」を結成する。
尚巴志の叔母、チルーを妻に迎える。
久高島のフカマヌルと結ばれ、娘が生まれる。
望月党を壊滅させ、妻と娘の敵を討つ。

・サハチ(尚巴志)
島添大里按司。
父はサグルー(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・東行法師
尚巴志の父、サグルー。
佐敷按司をサハチに譲り、東行法師を名乗って旅に出る。
慶良間の無人島で若い者たちを鍛え、『師匠』と呼ばれる。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。尚巴志の師匠。
尚巴志のために山賊になる。
山南王の船を奪い取って海賊になり、慶良間の島の修行者たちの食糧を調達する。



尚巴志伝
ラベル:琉球 尚巴志伝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック