2017年05月08日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 70.久米村

11月に冊封使は帰って行きました。
サハチ(尚巴志)は「まるずや」でウニタキと会います。
ウニタキは、中山王の武寧と山南王のシタルーの間にすきま風が吹き始めたようだと言います。
シタルーは明国の言葉がしゃべれるので、冊封使と仲よくしていたのが、武寧には気に入らなかったようです。
首里のグスクが完成するまではシタルーが必要ですが、グスクが完成したら、武寧はシタルーを必要とはしなくなるだろうとウニタキは言います。

サハチはヤキチから、奥間ヌルが娘を産んだと聞いてほっとしました。
もし、男の子が生まれたら、もう一度、奥間に行かなければならなくなると思っていました。
行くのはいいが、そのあと、マチルギの事を考えると恐ろしくなりました。

12月に、サハチとウニタキはファイチ(懐機)に呼ばれて浮島の久米村に行きました。
ファイチの拠点は大通りから細い道に入って、迷路のように入り組んだ道の中にある茅葺きの小さな家でした。
ファイチは風水師として、久米村の人たちの相談に乗っているようです。
ファイチはメイファンという明国の美女と一緒にいました。
メイファンは明国から逃げて来た盗賊の女で、一緒にいた盗賊の男は明国から来た使者たちに捕まったそうです。

久米村を支配しているのはアランポーで、明国の皇帝から「国相」という地位を与えられて、王様のように贅沢な暮らしをしていました。
久米村でアランポーに逆らう事はできませんが、長史のワンマオ(王茂)はアランポーに反感を持っていて、ファイチはワンマオを味方に引き入れようと考えています。
ファイチはサハチとウニタキをワンマオに会わせます。
サハチとウニタキにはよくわかりませんが、ファイチは、うまくいった喜びます。
ファイチはサハチとウニタキをメイファンの屋敷に連れて行き、明国の料理を御馳走します。
食事中、浮島の港にシャム(タイ)の船が入ってきます。
サハチたちはシャムの船を見に行きます。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
島添大里按司。
父はサグルー(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・ナツ
ウニタキの配下。
島添大里グスクの侍女。
密かにサハチを思っている。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。先代の中山王、察度の孫娘(武寧の娘)、ウニョンを妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
尚巴志のために裏の組織「三星党」を結成する。
尚巴志の叔母、チルーを妻に迎える。
久高島のフカマヌルと結ばれ、娘が生まれる。

・ヤキチ
奥間の鍛冶屋。サハチを守るために佐敷に送られる。
奥間大親。

・ファイチ(懐機)
明国から逃げて来た道士。
家族を佐敷に連れて来て、尚巴志のために活躍する。
久米村を仕切っているアランポーを倒すため、風水師として久米村に住む。

・メイファン(張美帆)
明国の海賊の娘。
海賊の男と一緒に琉球に来て、密貿易で稼ぐ。
男は明国から来た使者に捕まり、明国に連れて行かれる。
メイファンはファイチに助けられ、南蛮の商人として浮島に住んでいる。

・ワンマオ(王茂)
久米村の唐人。
アランポーを追い出すためにファイチと手を組む。

・アランポー(亜蘭匏)
久米村の唐人。
1383年、泰期に代わって正使となり、明国に行く。
1394年、国相に任じられる。
久米村を仕切っている。



尚巴志伝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449693957
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック