2017年05月01日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 69.ウニョンの母

ウニタキは浦添の「よろずや」にいるムトゥから信じられない話を聞きます。
浦添グスクの侍女たちを仕切っているナーサが、ウニタキの妻だったウニョンの本当の母親だったというのです。

ナーサは三十三年前、中山王の武寧に嫁いだ花嫁の侍女として八重瀬から浦添に行きます。
ナーサの美貌は、当時十六歳だった武寧の心を捕らえ、武寧は花嫁よりも侍女のナーサに夢中になってしまいます。
ナーサは妊娠してしまい、武寧は困って、花嫁の父親の汪英紫に相談し、察度には内緒で、ナーサは八重瀬でウニョンを産みます。
ウニョンは花嫁が産んだという事にして育てられ、勝連按司の三男だったウニタキに嫁ぎます。

話を聞いたウニタキは腰を抜かしてしまうほどに驚き、もっと詳しい話を聞きたいと思います。
ムトゥに頼んで、ウニタキは「よろずや」でナーサと会います。
すでにナーサは50歳を越えているはずなのに、未だに美しく、30代にしか見えませんでした。
ナーサはウニタキをじっと見つめて、ウニョンの夫の浜川大親ではないかと言います。
ウニタキは覚えていなかったが、以前、ウニタキはナーサと会っていて、ナーサは覚えていました。
正体を明かすつもりはなかったが、ばれてしまったのなら仕方がないとウニタキはウニョンの夫だと名乗ります。

ナーサは勝連から来た侍女から「望月党」の事を知り、娘の敵を討つために、望月党の事をずっと調べていたと言います。
ウニタキはナーサの話を聞いて、必ず、望月党を倒すと約束します。

一月後、いなくなった望月ヌルの居場所がわかり、イブキが救い出して浦添の「よろずや」に連れて来ました。


登場人物

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。先代の中山王、察度の孫娘(武寧の娘)ウニョンを妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
尚巴志のために裏の組織「三星党」を結成する。
尚巴志の叔母、チルーを妻に迎える。
久高島のフカマヌルと結ばれ、娘が生まれる。

・ムトゥ
マチルギの教え子。ウニタキの配下。
浦添の「よろずや」の売り子。

・ナーサ
汪英紫が八重瀬グスクを攻め落とす時に、八重瀬按司に贈った絶世の美女。
浦添の若按司に嫁いだ汪英紫の長女、ウシの侍女として浦添グスクに入り、今では侍女たちを束ねている。

・イブキ
ヤマトゥの山伏。ウニタキの師匠。
ウニタキの配下になり、浦添の「よろずや」の主人となる。

・望月ヌル
望月党のお頭、サンルーとその弟、グルーの妹。

・中山王、武寧
フニムイ。察度の長男。浦添按司。
妻は汪英紫の娘ウシで、タブチとシタルーの義兄。
山北王、攀安知の義父。
山南王のシタルーと一緒に首里にグスクを築く。

・ウシ
武寧の妻。汪英紫の娘。
八重瀬按司のタブチと山南王のシタルーの姉。

・汪英紫
先代の山南王。中山王武寧の義父。
武寧の妻のウシと八重瀬按司のタブチと山南王のシタルーの父親。
八重瀬グスクを奪い取って、八重瀬按司になり、島添大里グスクを奪い取って島添大里按司になり、島尻大里グスクを奪い取って、山南王になる。



尚巴志伝
ラベル:尚巴志伝 琉球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック