2017年04月24日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 68.冊封使

1404年の4月、明国から初めて冊封使が来ました。
中山王の武寧と山南王のシタルーは、冊封使を大歓迎して迎えましたが、サハチ(尚巴志)には関係のない事でした。

その頃、サハチはシンゴの船に乗ってヤマトゥに行く弟のクルーと義兄のサムを見送りました。
そのあと、八重瀬按司のタブチの娘が糸数按司の長男に嫁いだ婚礼に出席します。
タブチの長男は先代の糸数按司の娘を嫁に迎えていましたが、糸数按司が代わったので、新たに同盟を結んだのでした。

今年のハーリーは冊封使たちも招待されて盛大に行なわれ、首里に新しくできた宮殿では、中山王と山南王の冊封の儀式が行なわれました。
シタルーの父親の汪英紫は正式に山南王になっていなかったので、シタルーは11年前に亡くなった承察度の跡を継ぐ形で山南王になりました。

サハチ夫婦は毎年恒例の旅で、ヤグルー夫婦とマタルー夫婦を連れて久高島に行きました。

6月には知念按司の娘がタブチの三男に嫁いで行きました。
これで、東方の按司たちは全員、タブチと婚礼で結ばれました。

冊封の儀式が終わると、首里グスクの工事が再開されました。
サハチはウニタキと一緒に、首里グスクを見に行きました。
高い石垣に囲まれ、厳重に警備された首里グスクの門を見ていると、驚いた事にファイチ(懐機)が中から出て来ました。
サハチとウニタキはファイチのあとを追って行き、人影のない所まで行って声を掛けます。
ファイチはシタルーに呼ばれて、風水の事を聞かれたそうです。
ファイチは首里グスクは最高のグスクだから、完成したら奪い取ったらいいと、とんでもない事を言いました。
サハチが、首里グスクを奪い取って、浦添グスクを攻めるのだなと聞くと、ファイチは、浦添グスクは必要ないので焼き払ってしまえばいいと言って、浮島に帰って行きました。
サハチはファイチの言った事に驚きますが、ウニタキは、ファイチの考えもいいかもしれないと言いました。

島添大里グスクに帰るとヤキチが待っていて、奥間ヌルが妊娠したと知らせました。



登場人物

・サハチ(尚巴志)
島添大里按司。
父はサグルー(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・中山王、武寧
フニムイ。察度の長男。浦添按司。
妻は汪英紫の娘で、タブチとシタルーの義兄。
山北王、攀安知の義父。
山南王のシタルーと一緒に首里にグスクを築く。

・山南王、汪応祖
シタルー。汪英紫の次男。島尻大里按司。
山南王の官生として明国に留学する。
兄タブチとの争いに勝ち山南王になる。

・冊封使
明国の皇帝、永楽帝が琉球の王を任命するために送った使者。

・シンゴ
早田新五郎。サイムンタルーの弟。
兄の左衛門太郎が朝鮮に投降したため、お屋形様の代理を務める。
佐敷ヌルと結ばれ、娘が生まれる。

・クルシ
早田左衛門太郎の重臣。
倅に跡を譲って隠居し、尚巴志の家臣になる。

・サム
伊波按司の四男。マチルギの兄。
妻はクマヌの娘のマチルー。
伊波を飛び出し、妻を連れて佐敷に来る。

・クルー
尚巴志の弟。

・上間按司
糸数按司の母親違いの弟。
兄の糸数按司を倒して、糸数按司になる。

・タブチ
八重瀬按司
汪英紫の長男、シタルーの兄。

・玉グスク按司
南部東方の按司。若按司の妻は尚巴志の妹。

・大グスク按司
マナビー(大グスクヌル)の弟。
父が戦死したあと、母と共に小禄のはずれに隠れ住んでいた。
尚巴志から大グスクを譲られ、大グスク按司になる。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。中山王、察度の孫娘(武寧の娘)を妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
尚巴志のために裏の組織「三星党」を結成する。
尚巴志の叔母、チルーを妻に迎える。
久高島のフカマヌルと結ばれ、娘が生まれる。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。
サスカサからムムトゥフミアガイ(百度踏揚)という神名を授かる。

・ヤグルー
尚巴志の弟。
平田グスクを任され、平田大親を名乗る。

・ウミチル
ヤグルーの妻。玉グスク按司の娘。

・マタルー
尚巴志の弟。

・マカミー
マタルーの妻。タブチの娘。

・知念按司
南部東方の按司。若按司の妻は尚巴志の妹。
大グスク按司の叔父。

・ファイチ(懐機)
明国から逃げて来た道士。
家族を佐敷に連れて来て、尚巴志のために活躍する。
久米村を仕切っているアランポーを倒すため、風水師として久米村に住む。

・ヤキチ
奥間の鍛冶屋。サハチを守るために佐敷に送られる。
奥間大親。

・ナーサ
汪英紫が八重瀬グスクを攻め落とす時に、八重瀬按司に贈った絶世の美女。
浦添の若按司に嫁いだ汪英紫の長女の侍女として浦添グスクに入り、今では侍女たちを束ねている。
後に尚巴志にとって重要な人物となる。


尚巴志伝
ラベル:琉球 尚巴志伝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック