2017年04月17日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 67.望月ヌル

正月の下旬に、去年の夏にヤマトゥ旅に行ったサハチ(尚巴志)の弟のマタルーと従弟のマガーチが帰って来ました。
サハチは二人から、対馬にいるサハチの娘のユキが、サイムンタルー(早田左衛門次郎)の息子の六郎次郎に嫁いだと聞いて驚きます。
花嫁姿のユキはまぶしいほどの美しさだったと聞いて、サハチは今すぐにでも対馬に行きたいという衝動に駆られます。

2月になって、サハチはウニタキに呼ばれて、島添大里城下の「まるずや」に行きます。
ウニタキはファイチ(懐機)からもらった三弦(サンシェン)を弾いていました。
サハチは奥間に行って、奥間ヌルに骨抜きにされて、ウニタキがフカマヌルに骨抜きにされた気持ちがよくわかったと言います。

浦添の「よろずや」にいた望月党の女が逃げたとウニタキは言いました。
そして、望月党の爺さんがウニタキを訪ねて来て、その女が望月ヌルだった事がわかり、望月党の事も色々と聞いたと言います。
八十歳を過ぎた爺さんはすでに隠居していましたが、望月ヌルがいなくなったので探していました。
望月党のお頭のサンルーと弟のグルーが対立して、望月党が分裂し、その争いに妹の望月ヌルも巻き込まれて、斬られてしまったのでした。
望月党の爺さんは、ウニタキに望月党を潰しても構わんから、望月ヌルを救ってくれと言って息を引き取ります。
望月党が内部争いをして、勢力を弱めたら、望月党を潰すとウニタキは言いました。
望月党はウニタキの妻と娘の敵なので、止める事はできませんが、サハチは心配します。

2月の下旬、島尻大里の「よろずや」の主人だったキラマが亡くなり、3月にはサハチの祖母が亡くなりました。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
島添大里按司。
父はサグルー(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・シンゴ
早田新五郎。サイムンタルーの弟。
兄の左衛門太郎が朝鮮に投降したため、お屋形様の代理を務める。
佐敷ヌルと結ばれ、娘が生まれる。

・クルシ
早田左衛門太郎の重臣。
倅に跡を譲って隠居し、尚巴志の家臣になる。

・マタルー
尚巴志の弟。

・マガーチ
尚巴志の叔父、苗代大親の長男。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。中山王、察度の孫娘(武寧の娘)を妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
尚巴志のために裏の組織「三星党」を結成する。
尚巴志の叔母、チルーを妻に迎える。
久高島のフカマヌルと結ばれ、娘が生まれる。

・イブキ
ヤマトゥの山伏。ウニタキの師匠。
ウニタキの配下になり、浦添の「よろずや」の主人となる。

・望月サンルー
望月党のお頭。三代目の望月サンルー。

・望月グルー
サンルーの弟で、兄と対立する。

・望月ヌル
望月党のお頭、サンルーとグルーの妹。

望月党の老人
初代の望月サンルーと一緒にヤマトゥから琉球に来て、勝連按司に仕え、望月党を作る。

・キラマ
馬天浜のウミンチュ。カマンタ(エイ)捕りの名人。
島尻大里の「よろずや」の主人になる。

・尚巴志の祖母、マシュー
戦死した大グスク按司の娘で、サミガー大主の妻。



尚巴志伝
ラベル:尚巴志伝 琉球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック