2017年04月03日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 65.上間按司

久高島からの帰り、サハチ(尚巴志)たちは糸数の浪人者の襲撃を受けますが、サハチたちは簡単に倒します。
ウニタキに呼ばれて「まるずや」に行くと、ウニタキは昼寝をしています。
愛用の三弦(サンシェン)を娘のミヨンに取られてしまったと言います。
明国では皇帝が代わったので、大勢の使者たちが琉球に来るようだとウニタキはサハチに知らせます。
中山王の武寧は使者たちの宿泊施設の「天使館」を修築しているようです。
来年には冊封使が来るので、武寧は冊封の儀式をやる会場を首里に造るようだとウニタキは言いました。
そして、その会場作りには山南王のシタルーも加わるようです。

六月に中山王と山南王が合同で送った進貢船が帰って来て、島尻大里から与那原に明国の商品を積んだ荷車が次々にやって来ました。
ヤマトゥの商人たちはすでに帰ってしまったので、サハチからヤマトゥの商品を仕入れるためでした。
サハチも手の空いている者たちを連れて、与那原で取り引きを手伝っていました。
そんな頃、糸数グスクが上間按司という者に攻め落とされたという噂が流れて来ます。
上間按司なんて聞いた事もありませんでした。

次の日の夜、ウニタキがやって来て、上間按司の正体がわかったと言います。
上間按司は先代の糸数按司の息子でした。
先代の糸数按司が二十年前に戦死した時、跡を継いだ若按司は父親の側室を追い出しました。
当時、十二歳だった上間按司は母親と一緒にグスクを追い出されて、母親の実家に行き、十五歳の時には浮島で荷揚げ人足をやっていました。
人足を始めてから何年か経ったある日、人足同士の喧嘩を仲裁している所を察度が見て、見込みがありそうだと察度に拾われます。
察度が隠居して首里天閣に移ると、護衛隊長に任命され、察度が亡くなったあとは、上間の地にグスクを築いて、上間按司になります。
大工の弟がいて、屋敷の改築をしている糸数グスク内にいました。
弟の手引きで、グスク内に攻め込み、按司を殺して、グスクを奪い取ったのでした。
重臣たちの中には上間按司の事を覚えている者もいて、上間按司を新しい按司として迎えます。

7月に明国の使者たちがやって来て、浮島は大賑わいだったようですが、島添大里には何の影響もありませんでした。

閏10月にマチルギが三女のマシューを産みました。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
島添大里按司。
父はサグルー(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。
サスカサからムムトゥフミアガイ(百度踏揚)という神名を授かる。

・マサンルー
尚巴志の弟。
佐敷グスクを任され、佐敷大親を名乗る。

・キク
マサンルーの妻。ヤキチの娘。

・クルー
尚巴志の弟。

・ウミトゥク
クルーの妻。山南王シタルーの三女。

・ヤキチ
奥間の鍛冶屋。サハチを守るために佐敷に送られる。
奥間大親。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。中山王、察度の孫娘(武寧の娘)を妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
尚巴志のために裏の組織「三星党」を結成する。

・与那嶺大親
佐敷按司の重臣。

・糸数按司
南部東方の按司。

・上間按司
糸数按司の母親違いの弟。
兄の糸数按司を倒して、糸数按司になる。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。熊野大親。
尚巴志の家臣でサムレー大将。

・苗代大親
尚巴志の叔父。サハチとマチルギの剣術の師匠。
島添大里按司の重臣。島添大里の武術師範になる。

・ウミチル
ヤグルーの妻。玉グスク按司の娘。

・マカミー
マタルーの妻。八重瀬按司、タブチの娘。





尚巴志伝
ラベル:尚巴志伝 琉球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック