2017年03月20日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 63.サミガー大主の死

ウニタキが久し振りにサハチ(尚巴志)のもとに現れました。
ウニタキはフカマヌルに骨抜きにされて久高島にいたと言います。
フカマヌルに出会った瞬間、一目惚れをしてしまい、何をやっても手に着かず、フカマヌルと一緒にいたと言います。
こんな事を続けていたらよくないと思ったフカマヌルはフボーのウタキに籠もってしまいます。
ウニタキは男子禁制のフボーのウタキに入ろうとして、雷に打たれて気絶したそうです。
その時、ウニタキは神様の声を聞いて、その意味がわかって帰って来たと言います。
神様は何と言ったんだとサハチが聞いても、ウニタキは教えてくれませんでした。

島添大里から浦添に移った「よろずや」のムトゥが浦添グスク内に入り、侍女たちを束ねているナーサという女と会ったとウニタキはサハチに知らせます。
浦添グスクは簡単に落とせるグスクではないので、浦添グスクの見取り図を作ってくれとサハチはウニタキに頼みます。

十月になって、祖父のサミガー大主が倒れます。
クマヌの煎じ薬を飲んでも、よくなりません。
倒れてから五日後、慶良間の島から父が帰って来ます。
祖父は父の帰りを待っていたかのように、「戦のない世の中を作ってくれよ」と言って息を引き取りました。
次の日、葬儀の準備をしていると、馬天浜に大勢のウミンチュがやって来ます。
サミガー大主にお世話になったウミンチュたちが集まって来たのです。
サハチは小舟で埋まった馬天浜を見て、改めて、祖父の偉大さを知ります。

サミガー大主の死から一月後、佐敷ヌルは女の子を産みました。



登場人物

・サハチ(尚巴志)
島添大里按司。
父はサグルー(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。
サスカサからムムトゥフミアガイ(百度踏揚)という神名を授かる。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。中山王、察度の孫娘(武寧の娘)を妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
尚巴志のために裏の組織「三星党」を結成する。

・フカマヌル(外間ノロ)
久高島のフカマヌルの娘でフカマヌルを継ぐ。
父はサグルー。尚巴志の母違いの妹。
ウニタキといい仲になる。

・ナーサ
汪英紫が八重瀬グスクを攻め落とす時に、八重瀬按司に贈った絶世の美女。
浦添の若按司に嫁いだ汪英紫の長女の侍女として浦添グスクに入り、今では侍女たちを束ねている。
後に尚巴志にとって重要な人物となる。

・ムトゥ
マチルギの教え子。ウニタキの配下。
浦添の「よろずや」の売り子。

・サミガー大主
尚巴志の祖父。
鮫皮造りを隠居し、東行法師に扮して旅に出て、若者たちを慶良間の島に送り込む。

・尚巴志の祖母、マシュー
戦死した大グスク按司の娘で、サミガー大主の妻。

・東行法師
尚巴志の父、サグルー。
佐敷按司をサハチに譲り、東行法師を名乗って旅に出る。
慶良間の無人島で若い者たちを鍛え、『師匠』と呼ばれる。

・尚巴志の母、ミチ
戦死した美里之子(んざとぅぬしぃ)の長女。

・馬天ヌル(馬天ノロ)
尚巴志の叔母。神名はティーダシル。
ヒューガと結ばれ、娘のササが生まれる。

・ササ
馬天ヌルとヒューガの娘。

・佐敷ヌル(佐敷ノロ)
尚巴志の妹、マシュー。神名はツキシル。
師範代として娘たちに剣術を教えている。
佐敷から島添大里に移る。
シンゴと結ばれ、娘のマユが生まれる。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。熊野大親。
尚巴志の家臣でサムレー大将。

・キラマ
馬天浜のウミンチュ。カマンタ(エイ)捕りの名人。
島尻大里の「よろずや」の主人になる。

・ソウゲン(宗玄)
元の国で修行を積んだ禅僧。佐敷按司の家臣となり、尚巴志たちの読み書きの師になる。





尚巴志伝
ラベル:尚巴志伝 琉球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック