2017年03月13日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 62.マレビト神

久高島から帰ったサハチ(尚巴志)は浮島(那覇)に行ってシンゴと会って、船が手に入らないかと相談します。
島添大里按司になって領内も広くなり、家臣たちも増えて、ますます交易を盛んにしなければなりませんが、サハチは船を持っていませんでした。
シンゴは「一文字屋」から船を借りる事ができると言います。
来年に来る時、その船を一緒に連れて来てくれとサハチはシンゴに頼みます。

島添大里グスクに帰ると馬天ヌルとササ、そして、フカマヌルも来ていました。
フカマヌルは佐敷ヌルとの再会を喜んで、佐敷ヌルの屋敷に泊まる事になります。
サハチが馬天ヌルと話をしていたら、ササがいなくなってしまいます。
あちこち探しても見当たらず、ふと物見櫓を見上げたら、ササは楽しそうに踊っていました。

次の日、馬天ヌルはまたやって来て、サハチに話があると言います。
内緒の話だからと言って、二人は物見櫓に登ります。
ウニタキがフカマヌルのマレビト神に違いないと馬天ヌルは言います。
ウニタキとフカマヌルを会わせるべきだと馬天ヌルは言いますが、サハチは反対します。
ウニタキの妻はサハチの叔母のチルーで、チルーを悲しませるわけにはいきません。
馬天ヌルは奥間のサタルーの事をマチルギにばらすと言ってサハチを脅します。
サハチは仕方なく、ウニタキとフカマヌルを会わせる事にします。

サハチは城下の「まるずや」に行って、ウニタキと会い、馬天ヌルが用があるそうだと言います。
ウニタキはフカマヌルと会ったあと、行方がわからなくなります。
六日後、フカマヌルは島添大里グスクに帰って来て、ウニタキと一緒にあちこちに行って、とても幸せだったと言います。
その二日後、フカマヌルは久高島に帰りますが、ウニタキは姿を現しません。

8月の半ば、慶良間の島から真っ黒な顔をしてファイチ(懐機)が帰って来ます。
9月になって、佐敷ヌルのお腹が大きくなり、サハチは驚きます。
サハチが馬天ヌルと一緒に佐敷ヌルを問い詰めると、何と、相手はシンゴだと言います。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
島添大里按司。
父はサグルー(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。
サスカサからムムトゥフミアガイ(百度踏揚)という神名を授かる。

・シンゴ
早田新五郎。サイムンタルーの弟。
兄の左衛門太郎が朝鮮に投降したため、お屋形様の代理を務める。

・馬天ヌル(馬天ノロ)
尚巴志の叔母。神名はティーダシル。
ヒューガと結ばれ、娘のササが生まれる。

・ササ
馬天ヌルとヒューガの娘。

・フカマヌル(外間ノロ)
久高島のフカマヌルの娘でフカマヌルを継ぐ。
父はサグルー。尚巴志の母違いの妹。
ウニタキといい仲になる。

・佐敷ヌル(佐敷ノロ)
尚巴志の妹、マシュー。神名はツキシル。
師範代として娘たちに剣術を教えている。
佐敷から島添大里に移る。
シンゴといい仲になる。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。中山王、察度の孫娘(武寧の娘)を妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
尚巴志のために裏の組織「三星党」を結成する。

・マサンルー
尚巴志の弟。
佐敷グスクを任され、佐敷大親を名乗る。

・ファイチ(懐機)
明国から逃げて来た道士。
家族を佐敷に連れて来て、尚巴志のために活躍する。





尚巴志伝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447872834
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック