2017年01月30日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 56.作戦開始

サハチ(尚巴志)が大グスクを攻め落としたあと、大グスクの城下に住んでいた者たちが集まって来て喜びますが、その中に、死んだと思っていた大グスクヌルのマナビーがいました。
サハチはマナビーとの再会を喜び、小禄の近くに隠れ住んでいる若按司に、大グスクを返すと約束します。

大グスクを攻め取ったサハチは次に島添大里グスクを奪い取らなければなりません。
サハチの父は、隠居したあと、慶良間の島で兵を育てて来た事を重臣たちに打ち明けます。
九百人の兵が慶良間の島にいると聞いて、重臣たちは驚きました。
佐敷の兵をたせば一千人になります。
一千人の兵力があれば、島添大里グスクを落とすのも夢ではありません。
兵力は充分なのですが、東方(あがりかた)の按司たちと一緒に島添大里グスクを攻めていたら落とす事はできません。
どうしたら東方の按司たちを島添大里グスク攻めから引き上げさせる事ができるか、サハチたちは考えます。

豊見グスク按司のシタルーが戦に勝てば、シタルーの兵が島添大里グスクに攻めて来て、東方の按司たちは本拠地を守るために引き上げるだろうと結論が出ます。
シタルーを勝たせるためには、中山王の兵が今、攻めている八重瀬グスクを落とさなければなりません。
八重瀬グスク内には、ウニタキの配下の研ぎ師がいますが、たった一人では難しいので、ウニタキが配下を率いて八重瀬グスクに潜入する事に決まります。
グスク内に潜入して、中から門を開いて、中山王の兵を突入させるのです。

サハチの父はヒューガを連れて、慶良間の兵たちを移動させるために大グスクから去って行きます。
ウニタキは八重瀬グスクに向かい、サハチは再び、島添大里グスク攻めに加わります。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
佐敷按司。
父はサグルー(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・大グスクヌル(大城ノロ)
マナビー。サハチの幼馴染み。

・屋比久大親
佐敷按司の重臣。

・知念按司
南部東方の按司。若按司の妻は尚巴志の妹。
タブチの味方をして島添大里グスクを攻める。

・東行法師
尚巴志の父、サグルー。
佐敷按司をサハチに譲り、東行法師を名乗って旅に出る。
慶良間の無人島で若い者たちを鍛え、『師匠』と呼ばれる。

・与那嶺大親
佐敷按司の重臣。

・當山之子
佐敷按司の家臣。美里之子の弟。

・サム
伊波按司の四男。マチルギの兄。
妻はクマヌの娘のマチルー。
伊波を飛び出し、妻を連れて佐敷に来る。

・苗代大親
尚巴志の叔父。サハチとマチルギの剣術の師匠。
佐敷按司の重臣。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。中山王、察度の孫娘(武寧の娘)を妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
尚巴志のために裏の組織「三星党」を結成する。

・ファイチ(懐機)
明国から逃げて来た道士。
家族を佐敷に連れて来て、尚巴志のために活躍する。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。熊野大親。
佐敷按司の家臣でサムレー大将。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。尚巴志の師匠。
尚巴志のために山賊になる。
山南王の船を奪い取って海賊になり、慶良間の島の修行者たちの食糧を調達する。

・マサンルー
尚巴志の弟。


尚巴志伝
ラベル:尚巴志伝 琉球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック