2017年01月23日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 55.大グスク攻め

17年振りに大グスクに来たサハチ(尚巴志)は昔の事を思い出していました。
子供の頃、一緒に遊んだ大グスクヌルになったマナビーの事を思い出していました。
亡くなった山南王(汪英紫)に攻められて、大グスク按司は戦死し、マナビーも亡くなりました。

城下の者たちは誰もいませんでした。
サハチはグスクの近くにある屋敷を本陣にして、兵を配置して、重臣たちと作戦を練ります。
敵が夜襲を仕掛けてくるに違いないと見込んで、罠を仕掛けて、敵の出方を待ちました。

三日目の早朝、敵は攻めて来ました。
見事に罠に掛かって、敵は全滅しました。
その日、ファイチ、ヒューガ、サムの三人が作っていた高さが6メートルもある櫓が完成しました。
サハチが櫓に登って、グスクの中を見下ろすと、避難民の姿はどこにもありませんでした。
城下の者たちはグスク内に逃げるのを嫌って、山を下りたようでした。
サハチが櫓から下りると、義兄のサムが敵を倒してやると言って、弓矢を持って櫓の上に登りました。

大グスクに来て六日目、サハチは櫓から大グスクを眺めながら考えていました。
今帰仁合戦の時、大グスクは糸数按司に奪われましたが、シタルーはたったの一日で大グスクを取り戻していました。
シタルーはどうやって、このグスクを攻め落としたのだろうか。
ウニタキがやって来て、島尻大里の戦況をサハチに知らせました。
ウニタキの顔を見て、サハチはある事に気づきました。
ウニタキは山賊に襲撃された時、まだ完成していない抜け穴に逃げて、命が助かったと言っていました。
シタルーもきっと抜け穴を掘ったに違いないと考えます。
抜け穴からグスクに潜入すれば一日でグスクを落とす事も可能です。
サハチは本陣の屋敷に戻ると重臣たちに抜け穴の事を話し、みんなで抜け穴を探します。

五日が過ぎましたが、抜け穴は見つかりませんでした。
年が明けて、馬天ヌルと佐敷ヌルがやって来て、新年の儀式を行ないました。
次の日、ファイチが抜け穴を見つけました。
抜け穴の入り口は大グスクの裏の崖にある風葬地になっている洞窟でした。
ファイチはすでに抜け穴を調べて、グスク内のウタキに通じていると言いました。

次の日、総攻撃が始まります。
苗代大親が兵を率いて抜け穴を通ってグスクに潜入して門を開け、クマヌと當山之子が率いる兵が門が開くと同時に攻め込みます。
作戦はうまくいって、大グスクは落城します。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
佐敷按司。
父はサグルー(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。中山王、察度の孫娘(武寧の娘)を妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
尚巴志のために裏の組織「三星党」を結成する。

・ファイチ(懐機)
明国から逃げて来た道士。
家族を佐敷に連れて来て、尚巴志のために活躍する。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。熊野大親。
佐敷按司の家臣でサムレー大将。

・東行法師
尚巴志の父、サグルー。
佐敷按司をサハチに譲り、東行法師を名乗って旅に出る。
慶良間の無人島で若い者たちを鍛え、『師匠』と呼ばれる。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。尚巴志の師匠。
尚巴志のために山賊になる。
山南王の船を奪い取って海賊になり、慶良間の島の修行者たちの食糧を調達する。

・サム
伊波按司の四男。マチルギの兄。
妻はクマヌの娘のマチルー。
伊波を飛び出し、妻を連れて佐敷に来る。

・苗代大親
尚巴志の叔父。サハチとマチルギの剣術の師匠。
佐敷按司の重臣。

・當山之子
佐敷按司の家臣。美里之子の弟。

・屋比久大親
佐敷按司の重臣。

・与那嶺大親
佐敷按司の重臣。

・馬天ヌル(馬天ノロ)
尚巴志の叔母。神名はティーダシル。
ヒューガと結ばれ、娘のササが生まれる。

・佐敷ヌル(佐敷ノロ)
尚巴志の妹、マシュー。神名はツキシル。
師範代として娘たちに剣術を教えている。

・ユミー
馬天ヌルと一緒に旅をした後、ヌルになる。

・クルー
馬天ヌルと一緒に旅をした後、ヌルになる。

・内原之子
島添大里按司の家臣。大グスクの守将。



尚巴志伝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446226474
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック