2017年01月16日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 54.家督争い

八重瀬按司のタブチの行動は素早く、父親の汪英紫が亡くなったその日の夕方には島尻大里グスクを占拠しました。
タブチは重臣たちを集め、山南王になる事を宣言しますが、反対する重臣はいませんでした。
亡くなった汪英紫が、次男のシタルーを山南王にする事を願っていたのを知っていた重臣たちも、長男を差し置いて次男に家督を継がせる事に抵抗を感じていました。
タブチは今帰仁合戦でも活躍しているし、最近は思慮深くもなっているので、先代の願いだけで、タブチを排除するのは難しいと思っていました。
重臣たちは先代から預かっていた遺言を書いた書状をタブチに渡し、タブチはその書状を燃やしてしまいます。
次の日、タブチは父親の葬儀を行ないますが、弟のシタルーもヤフスも来ませんでした。

翌日、豊見グスク按司のシタルーが兵を率いて島尻大里グスクにやって来ます。
重臣たちの見守る中、タブチとシタルーは話し合いをします。
シタルーは父親の遺言状を見せて、自分が跡を継ぐ事を主張しますが、重臣たちは従いません。
父が生きていた頃、シタルーを支持していた重臣たちは皆、裏切ってしまいました。
シタルーは自分の思い通りにならない事に怒り狂って陣地に帰りました。
その日はにらみ合っているだけで、戦にはなりませんでしたが、城下の者たちは大騒ぎをしています。
シタルーの兵は逃げようとしている城下の者たちをグスクの中に追い込みました。
グスクの中に城下の者を多く入れれば、その分、兵糧が早くなくなるからです。
次の日からシタルーの攻撃が始まりますが、兵力が足りませんでした。

島尻大里の様子を探っていたサハチ(尚巴志)は、やがて、中山王が出て来てシタルーの味方をするだろう。タブチとシタルーが中山王を交えて戦を始めたら、その隙に島添大里グスクを奪い取ろうと作戦を立てます。
ところが、タブチから出陣要請が来て、東方(あがりかた)の按司たち全員で島添大里グスクを攻めてくれと言って来ました。
東方の按司たち全員で攻めたら、島添大里グスクを落とすわけにはいきません。もし、落城してしまったら、島添大里グスクは一番手柄を立てた者のものとなってしまいます。
誰が手柄を立てるにせよ、東方の按司のものとなってしまえば、攻め取る事はできなくなってしまいます。
島添大里グスク内にいるウニタキの配下のトゥミに活躍してもらうつもりでしたが、東方の按司たちが攻めている間は動くなとウニタキは知らせに走りました。

その頃、中山王の武寧はタブチとシタルーを秤に掛けていました。
タブチは戦に介入するなと言い、シタルーは援軍を頼むと言ってきています。
武寧は義父の汪英紫から、シタルーを頼むと書いてある遺言状も預かっています。
義父は恐ろしい男で、武寧も逆らえませんでしたが、亡くなってしまえば、山南をどうするかは、武寧が決めると思っています。
どっちを山南王にするかと武寧は悩みます。

サハチは兵を率いて出陣し、東方の按司たちと一緒に島添大里グスクを攻めます。
総攻撃を掛けますが、高い石垣に囲まれている島添大里グスクを落とす事はできません。
12月に入ると急に寒くなって、戦をするよりも、焚き火のための薪集めが日課になっていきました。
今年は台風が来て作物がやられ、グスク内にも大して兵糧もないだろう。食う物がなくなって、やがて降参するだろうと糸数按司は言います。
ウニタキがやって来て、中山王が中部の按司たちを連れて、シタルーの味方をしたと知らせます。
中山王の兵が加わって、シタルーは島尻大里グスクを完全に包囲します。

武寧がシタルーを助ける事に決めたのは、首里に新しいグスクを築くにはシタルーの力が必要だと考えたからでした。
シタルーは自ら指揮して豊見グスクを築いているし、明国に留学もしているので、明国の宮殿の事にも詳しい。明国の宮殿のような立派なグスクを築こうと思っている武寧にとって、シタルーの存在は不可欠だったのです。

戦は膠着状態に入り、知念按司は大グスクを攻めると言って出て行きました。もし落とせたら、大グスクをもらえるという了解も得て、勇んで出掛けました。
中山王と共に出陣してきた越来按司と中グスク按司はタブチの本拠地、八重瀬グスクを攻め始めました。
タブチ側の米須按司はシタルーの本拠地の豊見グスクを攻め始めます。
大グスクを攻めていた知念按司が、大グスクを落とすのは無理だと言って引き上げてきました。
糸数按司に言われて、サハチは大グスクを攻める事になります。


登場人物

・タブチ
八重瀬按司
汪英紫の長男、シタルーの兄。

・シタルー
豊見グスク按司。
汪英紫の次男。
山南王の官生として明国に留学する。
のちの山南王、汪応祖。

・ヤフス
島添大里按司。
汪英紫の三男。
シタルーの味方をする。

・サハチ(尚巴志)
佐敷按司。
父はサグルー(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。中山王、察度の孫娘(武寧の娘)を妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
尚巴志のために裏の組織「三星党」を結成する。

・ファイチ(懐機)
明国から逃げて来た道士。
家族を佐敷に連れて来て、尚巴志のために活躍する。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。熊野大親。
佐敷按司の家臣でサムレー大将。

・東行法師
尚巴志の父、サグルー。
佐敷按司をサハチに譲り、東行法師を名乗って旅に出る。
慶良間の無人島で若い者たちを鍛え、『師匠』と呼ばれる。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。尚巴志の師匠。
尚巴志のために山賊になる。
山南王の船を奪い取って海賊になり、慶良間の島の修行者たちの食糧を調達する。

・武寧
中山王。浦添按司。
フニムイ。察度の長男。
妻は汪英紫の娘で、タブチとシタルーの義兄。
山北王、攀安知の義父。
シタルーの味方をする。

・馬天ヌル(馬天ノロ)
尚巴志の叔母。神名はティーダシル。
ヒューガと結ばれ、娘のササが生まれる。

・佐敷ヌル(佐敷ノロ)
尚巴志の妹、マシュー。神名はツキシル。
師範代として娘たちに剣術を教えている。

・サム
伊波按司の四男。マチルギの兄。
妻はクマヌの娘のマチルー。
伊波を飛び出し、妻を連れて佐敷に来る。

・玉グスク按司
南部東方の按司。若按司の妻は尚巴志の妹。
タブチの味方をして島添大里グスクを攻める。

・知念按司
南部東方の按司。若按司の妻は尚巴志の妹。
タブチの味方をして島添大里グスクを攻める。

・糸数按司
南部東方の按司。
タブチの味方をして島添大里グスクを攻める。

・垣花按司
南部東方の按司。
タブチの味方をして島添大里グスクを攻める。

・米須按司
武寧の弟。察度の次男。
タブチの味方をして、中山王、豊見グスク按司と戦う。


尚巴志伝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445978463
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック