2016年12月26日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 51.シンゴとの再会

サハチ(尚巴志)の弟、マタルーが八重瀬按司の娘を嫁に迎える事に決まり、サハチはマサンルーのために平田にグスクを築き始めました。
年末になって、祖父のサミガー大主と一緒に旅をしていたマタルーが帰って来ます。
マタルーに話すと、特に好きな娘もいないので、それで構わないと言いますが、敵である八重瀬按司の娘とどう接したらいいのか心配のようでした。
旅から帰って来た馬天ヌルに、マタルーの嫁の事を話すと、大丈夫よと言います。
馬天ヌルはマタルーと一緒になる事に決まった娘を知っていて、武芸好きな娘だから、マチルギと気が合うだろうと言いました。
旅から帰って来た父も、馬天ヌルの了解済みなら、嫁にもらおうと賛成します。

年が明けて、八重瀬からマタルーの花嫁が嫁いできます。
マサンルーは平田グスクに移りました。
婚礼が終わると、父も祖父も馬天ヌルも旅に出ていきます。
サミガー大主はマタルーに代わって、苗代大親の次男、サンダーを連れて旅に出ていきました。

正月の末、ヤマトゥから船が来ましたが、サイムンタルーではなく、シンゴが大将としてやって来ました。
十二年振りの再会でした。
シンゴから、サイムンタルーが朝鮮に投降したと聞いてサハチは驚きます。
投降したといっても捕虜になったわけではなく、宣略将軍という地位を与えられて、倭寇の取り締まりをやっていると言います。
サイムンタルーだけでなく、主立った倭寇の首領たちはほとんどの者が朝鮮に投降したとシンゴは言いました。
サハチの娘のユキは十三歳になって、母親のイトから剣術を習っているようです。
サハチはシンゴを連れて、各地を案内して、シンゴも琉球はいい所だと感動します。


◇朝鮮の倭寇懐柔策
高麗王国を倒した李成桂は国名を朝鮮と改め、倭寇対策に乗り出しますが、寝返る事を潔しとしなかった多くの重臣たちを殺してしまったため、倭寇退治をする武将もいなくなってしまいました。
苦肉の策として考えたのが倭寇懐柔策で、倭寇の首領を配下の者たちと一緒にそっくり召し抱えて、倭寇退治をさせようと考えたのです。
投降した倭寇に官職を与え、屋敷や食糧なども与えて優遇します。
早田左衛門太郎も朝鮮の武将に説得されて、投降する事を決心し、宣略将軍という地位を与えられました。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
佐敷按司。
父はサグルー(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。
サスカサからムムトゥフミアガイ(百度踏揚)という神名を授かる。

・マサンルー
尚巴志の弟。

・兼久大親
佐敷按司の重臣。平田グスクの普請奉行。

・マタルー
尚巴志の弟。

・マカミー
マタルーの妻。八重瀬按司、タブチの娘。

・東行法師
尚巴志の父、サグルー。
佐敷按司をサハチに譲り、東行法師を名乗って旅に出る。
慶良間の無人島で若い者たちを鍛え、『師匠』と呼ばれる。

・サミガー大主
サハチの祖父。
鮫皮造りを隠居し、東行法師に扮して旅に出て、若者たちを慶良間の島に送り込む。

・サンダー
苗代大親の次男。

・馬天ヌル(馬天ノロ)
尚巴志の叔母。神名はティーダシル。
ヒューガと結ばれ、娘のササが生まれる。
神様の声を聞くため各地を旅している。

・シンゴ
早田新五郎。サイムンタルーの弟。
兄のサイムンタルーが朝鮮に投降したため、お屋形様の代理を務める。

・サイムンタルー
早田左衛門太郎。対馬の倭寇の頭領、早田三郎左衛門の次男。
妻の実家の中尾家を継いでいたが、兄が戦死し、父が隠居して、早田家のお屋形様になる。
朝鮮に投降して、宣略将軍の地位を与えられ、倭寇の取り締まりをする。

・イト
対馬の娘。サハチの娘、ユキを産む。



尚巴志伝
ラベル:琉球 尚巴志伝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック