2016年12月19日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 50.マジムン屋敷の美女

明国の洪武帝が亡くなって、朝貢ができなくなってしまいましたが、密貿易船が続々と琉球にやって来ました。
毎年恒例の旅でサハチ(尚巴志)夫婦は、佐敷ヌルと弟のヤグルー夫婦を連れて浮島に行き、その賑わいに驚きます。
浮島のハリマの宿屋もお客がいっぱいで泊まる事ができず、サハチたちは松尾山で野宿をしました。
旅から帰ったサハチは、浮島に拠点を作ってくれとウニタキに頼み、ウニタキは『よろずや』を浮島に出そうと言いました。

7月の半ば、サハチはウニタキに呼ばれて、ウニタキの屋敷に行くとクマヌがいました。
ウニタキは配下の女、トゥミを島添大里グスクに側室として潜入させる事に成功したと言います。
5年掛かって、ようやく、島添大里按司のヤフスがトゥミと出会い、側室に迎え入れたとの事です。
島添大里城下には、ウニタキの配下がいる『よろずや』があり、よろずやの店員のムトゥが島添大里グスクに出入りしていて、トゥミと連絡が取れるとウニタキは言いました。
これで島添大里グスクを落とせるとサハチはウニタキに感謝します。

8月に八重瀬按司のタブチから、娘をサハチの弟のマタルーの嫁に迎えてくれと使者がやって来ます。
サハチは驚き、東方の按司たちと相談して、敵である八重瀬按司の娘を嫁に迎える事に決めます。

11月、マチルギは念願の女の子を産み、サハチの次女はマチルーと名付けられます。


1398年閏5月に洪武帝が亡くなると、明国では内乱が始まり、進貢船は泉州まで行っても、応天府(南京)まで行く事ができず、進貢はできませんでした。
中山王が1398年の4月に進貢したのが最後で、その後、永楽帝が即位した翌年の1403年まで5年間は進貢できませんでした。
1403年に中山王、山北王、山南王は進貢船を送って、永楽帝を祝福します。
永楽帝も琉球に返礼の使者を送り、翌年には、琉球に初めて冊封使が来る事になります。



登場人物


・サハチ(尚巴志)
佐敷按司。
父はサグルー(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。
サスカサからムムトゥフミアガイ(百度踏揚)という神名を授かる。

・佐敷ヌル(佐敷ノロ)
尚巴志の妹、マシュー。神名はツキシル。
師範代として娘たちに剣術を教えている。

・ヤグルー
尚巴志の弟。

・ウミチル
玉グスク按司の娘。尚巴志の弟、ヤグルーの妻。

・ハリマ
ヤマトゥの山伏。浮島の宿屋の主人。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。中山王、察度の孫娘(武寧の娘)を妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
サハチのために裏の組織「三星党」を結成する。

・チルー
ウニタキの妻。尚巴志の叔母。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。熊野大親。
佐敷按司の家臣でサムレー大将。

・島添大里按司
汪英紫の三男、ヤフス。

・トゥミ
マチルギの教え子。ウニタキの配下。

・ムトゥ
マチルギの教え子。ウニタキの配下。

・カマ
佐敷グスクの侍女をしていたが引退し、トゥミの母親役を務める。

・八重瀬按司
汪英紫の長男、タブチ。

・玉グスク按司
南部東方の按司。若按司の妻は尚巴志の妹。

・知念按司
南部東方の按司。若按司の妻は尚巴志の妹。

・糸数按司
南部東方の按司。

・垣花按司
南部東方の按司。

・マチルー
尚巴志の次女。



尚巴志伝
ラベル:尚巴志伝 琉球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック