2016年12月12日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 49.宇座の御隠居

年が明けて、1398年となり、サハチ(尚巴志)は27歳になりました。
父が隠居して佐敷按司となって、7年目が始まりました。
周りの状況も7年前とは随分と変わりました。
島添大里按司だった汪英紫が山南王になり、察度が亡くなって武寧が中山王になり、今帰仁ではマチルギの敵だった帕尼芝が亡くなり、孫の攀安知が山北王になっています。
三人の王は親子関係にあって、山南王の娘が中山王の妻となり、中山王の娘が山北王の妻になっています。
そして今、長年敵対関係にあった八重瀬按司のタブチと糸数按司が結ぼうとしています。

新年の行事が済むと、父は若い者たちを鍛えるために慶良間の島に帰り、祖父は若い者たちを集めるために、弟のマタルーを連れて旅に出ます。
馬天ヌルも各地のウタキを巡る旅に出ます。
馬天ヌルは各地のヌルたちと仲よくなって尊敬もされ、数々の奇跡も起こしていました。

二月の初め、糸数按司の娘が八重瀬の若按司に嫁いで行きました。
婚礼から帰ると、ウニタキが待っていて、宇座の御隠居(泰期)が亡くなった事を知らせます。
サハチは驚き、亡くなる前に会いたかったと悔やみます。
葬儀に行けないサハチはマチルギ、クマヌ、ウニタキと一緒に、宇座の御隠居の冥福を祈ります。

宇座の御隠居の葬儀から一月ほどして、御隠居の後妻だったナミーが息子のクグルーを連れて佐敷グスクに来ました。
もし、クグルーがサムレーになりたいと言ったら、佐敷に連れて行けと御隠居に言われたとナミーは言います。
サハチは不思議に思って、どうして、浦添や小禄ではなく、佐敷につれて来たのかとナミーに聞きます。
御隠居はサハチ夫婦が訪ねて来るのを楽しみにしていて、御隠居が心を許して話ができたのはサハチ夫婦だけだったとナミーは言います。
サハチは感動します。そして、御隠居が楽しみにしていたのなら、毎年、会いに行けばよかったと後悔します。
サハチはクグルー母子を引き取ります。

梅雨は明けたましたが、マチルギのお腹が大きくなっていたので、今年の旅は中止になります。
弟のマサンルー夫婦が母と妹たちを連れて「ハーリー」を見に行きました。

七月に大きな台風が来て、首里天閣が倒壊しました。
台風の三日後、マチルギは六番目の子供を無事に産み、生まれた男の子はマグルーと名付けられました。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
佐敷按司。
父はサグルー(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。
サスカサからムムトゥフミアガイ(百度踏揚)という神名を授かる。

・東行法師
尚巴志の父、サグルー。
佐敷按司をサハチに譲り、東行法師を名乗って旅に出る。
慶良間の無人島で若い者たちを鍛え、『師匠』と呼ばれる。

・サミガー大主
サハチの祖父。
鮫皮造りを隠居し、東行法師に扮して旅に出て、若者たちを慶良間の島に送り込む。

・マタルー
尚巴志の弟。

・馬天ヌル(馬天ノロ)
尚巴志の叔母。神名はティーダシル。
ヒューガと結ばれ、娘のササが生まれる。
神様の声を聞くため各地を旅している。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。中山王、察度の孫娘(武寧の娘)を妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
サハチのために裏の組織「三星党」を結成する。

・佐敷ヌル(佐敷ノロ)
尚巴志の妹、マシュー。神名はツキシル。
師範代として娘たちに剣術を教えている。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。熊野大親。
佐敷按司の家臣でサムレー大将。

・宇座の御隠居
泰期。察度の義弟。

・ナミー
宇座按司の御隠居の後妻。ウミンチュの娘。

・クグルー
泰期の三男。母は後妻のナミー。


尚巴志伝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444822895
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック