2016年11月28日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 47.佐敷ヌル

マチルギから妹のマカマドゥのお嫁入りを考えた方がいいと言われたサハチ(尚巴志)はマカマドゥに会いに行きます。
東曲輪に向かったサハチは気が変わって、佐敷ヌルを訪ねます。
佐敷ヌルは一人で剣術の稽古をしていました。
佐敷ヌルは今、師範代を務めて娘たちに剣術を教えていました。
サハチは佐敷ヌルと馬天ヌルの話などをして、ふと、お嫁に行きたいと思った事はないかと聞きます。
お嫁に行きたいと思った事はないけど、サハチ夫婦と一緒に旅をしたいと思った事はあると佐敷ヌルは言います。
サハチは来年の旅に佐敷ヌルを連れて行こうと決めます。
マカマドゥの事を聞くと、マカマドゥは姉のマナミーのようにどこかの若按司に嫁ぎたいと思っているようだと佐敷ヌルは言います。
マカマドゥに会いに行くと、マカマドゥは笛を吹いていました。
翌日、サハチはクマヌに会って、マカマドゥの婚礼の相談をします。
知念の若按司がいいとクマヌは言って、さっそく知念に向かいます。
断られるかもしれないと心配しましたが、知念ヌルのお陰ですんなりと決まりました。
旅に出た馬天ヌルは知念ヌルと会って、古いウタキ(御嶽)を巡りました。
知念ヌルは馬天ヌルと一緒にセーファウタキでお祈りをした時、神様のお告げがあって、佐敷から嫁入りの話がある事を知ったようです。

サハチは馬天ヌルが旅に出た本当の意味がわかりました。
各地のウタキを巡るにはその土地のヌルと会わなければなりません。
ヌルとしての霊力の強い馬天ヌルと会った各地のヌルたちは、馬天ヌルを尊敬するに違いありません。
各地のヌルが馬天ヌルを慕うようになれば、その力は計り知れないものとなるのです。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
佐敷按司。
父はサグルー(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。
サスカサからムムトゥフミアガイ(百度踏揚)という神名を授かる。

・佐敷ヌル(佐敷ノロ)
尚巴志の妹、マシュー。神名はツキシル。
師範代として娘たちに剣術を教えている。

・マカマドゥ
尚巴志の妹。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。熊野大親。
佐敷按司の家臣でサムレー大将。

・馬天ヌル(馬天ノロ)
尚巴志の叔母。神名はティーダシル。
ヒューガと結ばれ、娘のササが生まれる。
神様の声を聞くため各地を旅している。


尚巴志伝
ラベル:尚巴志伝 琉球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック