2016年11月21日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 46.夢の島

2月にマチルギがサハチ(尚巴志)の四男、チューマチを産みます。
3月になると中山王武寧の三男と玉グスク按司の娘の婚礼が決まります。
今帰仁合戦に加わらなかった南部東方の按司たちを婚礼という形で従わせようと武寧は考えたのでした。
4月の初め、サイムンタルーがヤマトゥから積んで来た米と武器を運ぶために、慶良間の島に向かいます。
初めて慶良間の島に来たサイムンタルーはその美しさに感動します。
慶良間の島で若い者たちを鍛えているサグルー(尚巴志の父)に歓迎されて、サイムンタルーたちはのんびりと過ごしてからヤマトゥに帰って行きました。

梅雨に入り、サハチは雨を眺めながら横笛を吹いています。
ウミチルの横笛を聴いてから、自分でも吹きたくなって時々吹いていました。
初めの頃はマチルギにうるさいと文句を言われていましたが、最近は何とか聴かせられる程度の腕になっていました。
チューマチが生まれたばかりなので、今年の旅は中止となりました。
5月の4日に豊見グスク按司のシタルーが国場川で『ハーリー』という舟の競争を行なって大盛況だったとウニタキが知らせました。
明国に留学していたシタルーが明国の行事を真似たのでした。
来年の旅はハーリーを見に行こうとサハチは決めました。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
佐敷按司。
父はサグルー(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。
サスカサからムムトゥフミアガイ(百度踏揚)という神名を授かる。

・チューマチ(千代松)
尚巴志の四男。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。中山王、察度の孫娘(武寧の娘)を妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
サハチのために裏の組織「三星党」を結成する。

・サイムンタルー
早田左衛門太郎。対馬の倭寇の頭領、早田三郎左衛門の次男。
妻の実家の中尾家を継いでいたが、兄が戦死し、父が隠居して、早田家のお屋形様になる。

・クルシ
早田左衛門太郎の重臣。

・マウー
伊是名のナビーの五男。サグルーの甥。慶良間の島の師範代。

・東行法師
尚巴志の父、サグルー。
佐敷按司をサハチに譲り、東行法師を名乗って旅に出る。
慶良間の無人島で若い者たちを鍛え、『師匠』と呼ばれる。

・サスカサ
先代の島添大里ヌル。
島添大里グスクが落城後、久高島に逃げ、ずっとフボーヌムイに籠もっている。
フボーヌムイから出て来て、サグルーと一緒に慶良間の島に行く。

・フカマヌル(外間ノロ)
シラタル親方の長女。
サグルー(東行法師)の娘、ウミチルを産む。
ヤグルーの妻になったウミチルの伯母。
フカマヌルを娘のウミチルに譲って、慶良間の島に行き、娘たちに剣術を教える。

・マニウシ
シラタル親方の長男。フカマヌルの弟。
慶良間の島で若い者たちを鍛える武術師範。。



尚巴志伝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444190320
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック