2016年11月14日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 45.馬天ヌル

察度の葬儀は山南王の汪英紫も山北王の攀安知も参列して盛大に行なわれました。
サハチ(尚巴志)は改めて察度の勢力の大きさを知り、跡を継いだ武寧が佐敷を攻めて来るのではないかと恐れます。
山南王が武寧を説得したお陰で、攻めて来る事はなく助かります。

年末に旅をしていた祖父が帰ってきて、慶良間の無人島に行って来たと言います。
サハチは羨ましそうに祖父の話を聞いていました。
船を手に入れて海賊となったヒューガが活躍しているようでした。
父も慶良間の島から帰ってきて、久高島は完全に引き払ったと言いました。

年が明けると祖父も父も旅立ちました。
その日、娘たちの剣術の稽古が始まり、馬天ヌルの姿がない事に気づいたサハチは馬天ヌルを訪ねます。
馬天ヌルは、父が志喜屋ヌルからもらった勾玉を見せて、この勾玉が旅に出ろと言うと言います。
『ツキシルの石』が光るのを見て、旅に出る決心を固めたと言いました。
馬天ヌルは各地の神様の声を聞くために旅に出て行きました。
この時、サハチは馬天ヌルの旅の本当の目的を知りませんでした。
神様のお告げなら仕方がないと思って見送ったのです。
後に、馬天ヌルの旅は大きな成果となって現れます。

正月の下旬には三年振りにサイムンタルーがやって来ます。
サイムンタルーから、高麗の国が滅んで、朝鮮という国ができたとサハチは教えられます。
そして、サイムンタルーの兄が戦死し、サンルーザが隠居して、サイムンタルーが跡を継いだ事を知ります。


登場人物

・中山王
フニムイ、武寧。妻は汪英紫の娘。攀安知の義父。
察度の跡を継いで、中山王になる。

・山南王
汪英紫。武寧の義父。
島尻大里グスクを奪い取って、島添大里按司から山南王になる。

・山北王
ハーン、攀安知。妻は武寧の娘、マアサ。

・サハチ(尚巴志)
佐敷按司。
父は佐敷按司(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。中山王、察度の孫娘(武寧の娘)を妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
サハチのために裏の組織「三星党」を結成する。

・サミガー大主
サハチの祖父。鮫皮造りを隠居して、東行法師に扮して旅に出る。

・マガーチ
苗代大親の長男。祖父と一緒に旅に出る。

・東行法師
尚巴志の父、サグルー。
佐敷按司をサハチに譲り、東行法師を名乗って旅に出る。
慶良間の無人島で若い者たちを鍛える。

・馬天ヌル(馬天ノロ)
尚巴志の叔母。神名はティーダシル。
マチルギから剣術を習っている。
ヒューガと結ばれ、娘のササが生まれる。
神様の声を聞くため各地を旅する。

・ササ
馬天ヌルとヒューガの娘。

・マウシ
尚巴志の叔母。鮫皮職人の妻。
馬天ヌルの娘、ササを預かる。

・ユミー
馬天ヌルと一緒に旅をする。マチルギの弟子。

・クルー
馬天ヌルと一緒に旅をする。マチルギの弟子。

・サイムンタルー
早田左衛門太郎。対馬の倭寇の頭領、早田三郎左衛門の次男。
妻の実家の中尾家を継いでいたが、兄が戦死し、父が隠居して、早田家のお屋形様になる。

・イスケ
イトの父親。

・カンスケ
イトの弟。


尚巴志伝
ラベル:尚巴志伝 琉球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック