2016年11月04日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 43.玉グスクのお姫様

11月にサハチ(尚巴志)の三男のイハチが生まれます。
年末には旅に出ていた祖父とヤグルーが帰って来ます。
ヤグルーに、お前のお嫁さんが玉グスクのお姫様に決まったと告げると、ヤグルーは驚き、信じられないと言って、夢でも見ているかのような顔付きになります。
祖父は大グスクの遺児が小禄の近くで細々と暮らしていたとサハチに言います。
サハチは何とかしてやりたいと思いますが、今の状況では助ける事はできませんでした。
五日後には父も久高島から帰って来ました。
父は久高島に二百人の若者たちが集まったが、やがては慶良間の無人島に移すと言います。
男だけでなく、娘たちも集めて、無人島に新しい村を作るといって張り切っています。
サハチは父に玉グスクから使者が来た事を告げます。

年が明けて2月、サハチの妹のマナミーが玉グスクの若按司に嫁ぎ、ヤグルーが玉グスク按司の娘、ウミチルをお嫁に迎えます。
婚礼が済むと、父は久高島に行き、祖父は苗代大親の長男、マガーチを連れて旅に出ました。

ウミチルは世間知らずのお姫様でした。
玉グスクにいた時は侍女が何でもしてくれたのに、ここではそうはいきません。
初めのうちは戸惑っていたウミチルも一人で好きな所に行けるのが楽しくなり、ヤグルーと二人だけで浜辺を歩くのもウキウキしていました。
ウミチルたちの新居のある東曲輪では夕方になると娘たちが集まって来て、剣術の稽古をしていました。
不思議な光景でしたが、自分には縁のないものと思っていました。
しかし、剣術を教えているのが長兄の妻で、次兄の妻も稽古に励んでいると聞いて、自分も仲間に入ってもいいのかしらと思います。
ヤグルーに相談したら、やってみろと言われ、ウミチルも剣術を習い始めます。
梅雨が明けると、ウミチルとヤグルーはサハチ夫婦と一緒に旅に出ます。
供も連れずに、旅に出るなんてとウミチルは驚きます。
どこに行きたいと聞かれて、ウミチルは久高島と答え、一行は久高島に行きます。
ウミチルは久高島に着くと海に入りたいと言います。
海に入って遊んでから、フカマヌルを訪ねると、びしょ濡れのウミチルを見て、フカマヌルは驚きます。
サハチはフカマヌルから、父が若者たちを連れて慶良間の無人島に移った事を知らされます。
フボーヌムイに籠もっていたサスカサも一緒に慶良間に行ったと聞いて驚きます。



登場人物

・サハチ(尚巴志)
父が隠居し、21歳で佐敷按司になる。
父は佐敷按司(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。
サスカサからムムトゥフミアガイ(百度踏揚)という神名を授かる。

・イハチ
尚巴志の三男。

・サミガー大主
サハチの祖父。鮫皮造りを隠居して、東行法師に扮して旅に出る。

・ヤグルー
尚巴志の弟。祖父と一緒に旅に出る。

・東行法師
尚巴志の父、サグルー。
佐敷按司をサハチに譲り、東行法師を名乗って旅に出る。
久高島で若い者たちを鍛える。

・マナミー
尚巴志の妹。玉グスクの若按司に嫁ぐ。

・ウミチル
玉グスク按司の娘。尚巴志の弟、ヤグルーの妻になる。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。熊野大親。
佐敷按司の家臣でサムレー大将。

・マガーチ
苗代大親の長男。祖父と一緒に旅に出る。

・フカマヌル(外間ノロ)
シラタル親方の長女。
サグルー(東行法師)の娘、ウミチルを産む。
ヤグルーの妻になったウミチルの伯母。

・ウミチル
フカマヌルの娘、フカマ若ヌル。父はサグルー。尚巴志の母違いの妹。



尚巴志伝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443502394
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック