2016年10月24日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 41.傾城

洪武27年(1394年)、正月の10日、サハチ(尚巴志)の弟、マサンルーがヤキチの娘のキクと婚礼を挙げます。
3月にはウニタキがサハチの叔母のチルーと婚礼を挙げます。
ウニタキはサハチのために裏の組織『三星党』を作り、配下の者たちも二十人集まりました。
ウニタキとチルーの婚礼が佐敷で行なわれていた頃、浦添と今帰仁では大々的な婚礼が行なわれていました。
浦添按司(武寧)の娘が今帰仁の若按司(攀安知)に嫁ぎ、今帰仁按司(山北王a)の娘が浦添按司の次男に嫁ぎました。
中山王と山北王は同盟を結び、浦添も今帰仁もお祭り気分に浸っていました。
お祭り気分の浦添グスクで事件が起きました。
婚礼に招待されていた山南王が、武寧の側室を奪って逃げたのです。
その側室は高麗の国から贈られた絶世の美女でした。
めでたい席だったので、武寧は騒がず、翌日になって、義父の島添大里按司に相談しました。
中山王が山南王を攻めるかと思われましたが、一月が過ぎても何も起こりませんでした。
武寧は山南王を攻めたかったのですが、側室の出産、進貢船の帰国と続いて、梅雨に入ってしまい、梅雨が明けたら攻めるだろうとウニタキはサハチに報告します。
梅雨が明けて、島添大里按司と武寧は山南王を攻めます。
島添大里按司は島尻大里グスクを奪い取りますが、山南王も盗まれた側室もどこにもいません。
結局、山南王を捕まえる事はできず、島添大里按司は山南王になります。
のちにわかった事ですが、山南王は側室を連れて高麗の国まで逃げ、その地で病没しました。
島添大里按司の山南王攻めのどさくさに紛れて、ウニタキとヒューガは山南王の船を奪い取りました。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
父が隠居し、21歳で佐敷按司になる。
父は佐敷按司(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・東行法師
尚巴志の父、サグルー。
佐敷按司をサハチに譲り、東行法師を名乗って旅に出る。
久高島で若い者たちを鍛える。

・マサンルー
尚巴志の弟。

・ヤキチ
奥間の鍛冶屋。サハチを守るために佐敷に送られる。

・キク
ヤキチの娘。マサンルーの妻になる。

・ヤザイム
奥間の長老の息子。奥間鍛冶屋の親方。

・サミガー大主
サハチの祖父。鮫皮造りを隠居して、東行法師に扮して旅に出る。

・ヤグルー
尚巴志の弟。祖父と一緒に旅に出る。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。中山王、察度の孫娘(武寧の娘)を妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
サハチのために裏の組織「三星党」を結成する。

・チルー
サハチの叔母。佐敷グスクの侍女。ウニタキの妻になる。

・武寧
中山王察度の長男フニムイ。浦添按司。
妻は汪英紫の娘、ウシ。

・ンマムイ
武寧の次男。山北王の娘、マハニを妻に迎える。
のちに兼グスク按司になる。

・高麗の美女。
琉球に来た高麗の使者から贈られた絶世の美女。

・山北王
今帰仁按司ミン。帕尼芝(はにじ)の次男。

・ハーン
山北王の長男。武寧の娘、マアサを妻に迎える。
のちの攀安知。

・山南王
島添大里按司の甥の息子。母親は察度の娘。
武寧の側室を盗んで高麗に逃げる。

・島添大里按司
王叔汪英紫という名で、進貢船を送る。
島尻大里グスクを奪い取って、山南王になる。

・八重瀬按司
汪英紫の長男、タブチ。

・豊見グスク按司
汪英紫の次男、シタルー。明国に留学中。

・米須按司
武寧の弟。

・瀬長按司
武寧の弟。

・小禄按司
武寧の従兄。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。サハチの師匠。
サハチのために山賊になる。


尚巴志伝
ラベル:琉球 尚巴志伝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック