2016年10月17日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 40.山南王

ヒューガが佐敷を去ってから二か月が過ぎ、南部の各地に山賊が出没して食糧が奪われたという噂が流れてきます。
島尻大里の城下にある『よろずや』も商品が増え、貧しい人たちに重宝がられています。
マチルギは教え子の娘たちから十二人を選んで、女子(いなぐ)サムレーを結成してグスク内の屋敷を守らせました。
やがては百人の女子サムレーを育てて、戦でも活躍させるとマチルギは張り切っています。
マチルギの教え子のトゥミとムトゥはウニタキの配下になって『三星党』に入りました。
ウニタキに呼ばれて、サハチ(尚巴志)が研ぎ師のハンルクの家に行くと、ウニタキは山南王が亡くなった事を告げます。
二か月後、サハチはウニタキに呼ばれて、ハンルクの家に行き、跡を継いだ山南王はどうしようもない奴で、やがては島添大里按司に滅ぼされるだろうとウニタキから言われます。
そして、中山王と山北王が和解して、武寧の娘が今帰仁の若按司に嫁ぎ、山北王の娘が武寧の次男に嫁ぐ事に決まったと告げられます。
東行法師に扮して旅をしていた祖父のサミガー大主は年末に帰って来て、若い者たちを百人、久高島に送ったと言います。
その翌日、父が久高島から帰って来て、若者たちも集まり、ヒューガから食糧も届いて順調に行っていると言います。
父は若者が増えたら、久高島から慶良間の無人島に移ろうと考えているが、移動するには船がいる。何とか船を手に入れたいと言います。
サハチは船は何とかしますと父に答えます。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
父が隠居し、21歳で佐敷按司になる。
父は佐敷按司(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。
サスカサからムムトゥフミアガイ(百度踏揚)という神名を授かる。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。サハチの師匠。
サハチのために山賊になる。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。中山王、察度の孫娘(武寧の娘)を妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
サハチのために裏の組織「三星党」を結成する。

・トゥミ
マチルギの教え子。ウニタキの配下。

・ムトゥ
マチルギの教え子。ウニタキの配下。

・ハンルク
奥間の研ぎ師。ウニタキの配下。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。熊野大親。
佐敷按司の家臣でサムレー大将。

・サミガー大主
サハチの祖父。鮫皮造りを隠居して、東行法師に扮して旅に出る。

・ヤグルー
尚巴志の弟。祖父と一緒に旅に出る。

・東行法師
尚巴志の父、サグルー。
佐敷按司をサハチに譲り、東行法師を名乗って旅に出る。
久高島で若い者たちを鍛える。

・山南王
島添大里按司の甥の息子。母親は察度の娘。

・島添大里按司
王叔汪英紫という名で、進貢船を送る。

・山北王
今帰仁按司ミン。帕尼芝(はにじ)の次男。

・武寧
中山王察度の長男フニムイ。浦添按司。


尚巴志伝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442879423
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック