2016年10月03日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 38.久高島

サハチ(尚巴志)の妻のマチルギは三人目の子供を産みます。
三人目はようやく女の子で、祖母の名前をもらってミチと名付けられます。
マチルギはミチを抱きながら、「あなたは本当は次女みたいよ」と言います。
マチルギは対馬のイトがサハチの娘を産んだ事を知っていたのでした。
サイムンタルーとクルシの口はふさげても、船乗りたちの口はふさげず、マチルギの耳にも入ったのでした。
マチルギは鬼のような顔をして木剣を振り回し、サハチは逃げ出します。
佐敷グスクの裏山に、裏の組織を作っているウニタキの拠点となる小屋かあります。
サハチはそこに逃げ込み、ウニタキと会います。
旅に出る前、東行法師(サハチの父)はウニタキと会って話をし、仲間に加わってもらいました。
ウニタキは仲間に女を加えたいと言い、サハチは佐敷グスクで侍女をしているチルーを紹介します。
その事はマチルギから頼まれていました。
チルーがウニタキの事を好きらしいので何とかしてやりたいとマチルギは言ったのです。
ウニタキと別れてグスクに帰り、サハチはマチルギに謝ります。
マチルギはイトの事は許そうと思ったが、サハチにはひとこと言わないと気が済まないので怒ったと言います。

4月になると島添大里按司は進貢船を明国に送ります。
山南王から強引に船を借りて使者を送ったのでした。
その頃、サイムンタルーの船も馬天浜を船出して、久高島に向かいます。
その船には倭寇に扮したヒューガが乗ってました。
サイムンタルーは久高島で東行法師と会います。
東行法師は久高島に集まって来た若者たちを鍛えていました。
東行法師と今後の作戦を練っていると、ヒューガが山賊になって若者たちの食糧を手に入れると言い出します。
東行法師はヒューガに頼みます。

久高島で密談が行なわれていた時、馬天浜ではウニタキがチルーと会って、「三星党」に入れる娘の事を相談していました。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
父が隠居し、21歳で佐敷按司になる。
父は佐敷按司(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。
サスカサからムムトゥフミアガイ(百度踏揚)という神名を授かる。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。中山王、察度の孫娘(武寧の娘)を妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
サハチのために裏の組織「三星党」を結成する。

・チルー
サハチの叔母。佐敷グスクの侍女。

・東行法師
尚巴志の父、サグルー。
佐敷按司をサハチに譲り、東行法師を名乗って旅に出る。
久高島で若い者たちを鍛える。

・サイムンタルー
中尾左衛門太郎。対馬の倭寇の頭領、早田三郎左衛門の次男。
妻の実家の中尾家を継いでいる。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。サハチの師匠。
尚巴志にとって重要な人物となる。
「陰の流れ 第一部」に智羅天として登場。愛洲移香斎に気合いの術と彫刻を教える。

・マニウシ
シラタル親方の長男。フカマヌルの弟。

・フカマヌル(外間ノロ)
シラタル親方の長女。
サグルー(佐敷按司)の娘、ウミチルを産む。

・ウミチル
フカマヌルの娘、フカマ若ヌル。父はサグルー。尚巴志の母違いの妹。



尚巴志伝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442477549
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック