2016年09月12日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 35.首里天閣

2月の初め、東行法師が志喜屋ヌルからもらった勾玉(まがたま)を持って佐敷に帰って来ました。
東行法師は久高島に渡り、フカマヌルと二十年振りの再会をし、娘のウミチルとも会いました。
久高島に籠もっていたサスカサヌルに言われて、東行法師は勾玉を馬天ヌルに渡すために帰って来たのでした。
馬天ヌルに勾玉を渡した東行法師は家族たちと会って、改めて旅立ちました。

5月になって、中山王の察度が浦添按司を息子の武寧に譲り、隠居して首里に建てた高楼に移ったとの噂が流れます。
サハチ(尚巴志)はクマヌに調べさせます。
噂は本当で、察度は三階建ての『首里天閣』と呼ばれる楼閣に移り、見物人たちが大勢押しかけて、華麗な楼閣を見上げているとの事です。
マチルギに話すと、梅雨が明けたら行きましょうと嬉しそうに言い、今年の旅は首里天閣と決まります。
その頃、東行法師は宇座の御隠居(泰期)のお世話になっていました。
梅雨が明けると東行法師は宇座の御隠居と一緒に首里天閣に行って、察度と会います。
サハチとマチルギはサムとマチルー夫婦、ヒューガと一緒に首里天閣に行きます。
首里天閣は明国の楼閣を真似した華麗で豪華な建物でした。
「凄いなあ」と見物人たちと一緒にサハチたちも見上げましたが、その時、首里天閣の三階では察度と泰期と東行法師がお茶を飲みながら昔話に花を咲かせていたのでした。
東行法師の様子を探らせていた島添大里按司は、東行法師が首里天閣にいると聞いて、「あいつは何者なんじゃ」と苦虫をかみ殺したような顔をして言いました。



登場人物

・サハチ(尚巴志)
父が隠居し、21歳で佐敷按司になる。
父は佐敷按司、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・ウミンター
尚巴志の叔父。サミガー大主を継ぎ、鮫皮造りの親方になる。

・東行法師
尚巴志の父、サグルー。
佐敷按司をサハチに譲り、東行法師を名乗って旅に出る。

・マサンルー
尚巴志の弟。父と共に旅に出る。

・フカマヌル(外間ノロ)
シラタル親方の長女。
サグルー(佐敷按司)の娘、ウミチルを産む。

・ウミチル
フカマヌルの娘、父はサグルー。尚巴志の母違いの妹。

・サスカサ
先代の島添大里ヌル。
島添大里グスクが落城後、久高島に逃げ、ずっとフボーヌムイに籠もっている。

・馬天ヌル(馬天ノロ)
尚巴志の叔母。神名はティーダシル。
マチルギから剣術を習っている。
ヒューガと結ばれ、娘のササが生まれる。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。佐敷按司の家臣。熊野大親。

・サミガー大主
サハチの祖父。馬天浜で鮫皮造りをしていたが隠居する。

・中山王、察度
浦添按司を息子の武寧に譲り、首里天閣に隠居する。。

・宇座の御隠居
泰期。察度の義弟。宇座按司を次男に譲って隠居する。

・サム
伊波按司の四男。マチルギの兄。
妻はクマヌの娘のマチルー。
伊波を飛び出し、妻を連れて佐敷に来る。

・マチルー
サムの妻。クマヌの娘。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。サハチの師匠。
尚巴志にとって重要な人物となる。
「陰の流れ 第一部」に智羅天として登場。愛洲移香斎に気合いの術と彫刻を教える。

・島添大里按司
島尻大里按司(山南王)の叔父。
王叔汪英紫という名で、進貢船を送る。
隠居した佐敷按司を疑い、見張りを付ける。

・奥間大親
島添大里按司の家臣。東行法師を見張る。



尚巴志伝
ラベル:尚巴志伝 琉球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック