2016年09月05日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 34.東行法師

年が明けた1392年の正月、佐敷按司は隠居して、頭を丸め東行法師となって旅に出ます。
サハチ(尚巴志)の弟のマサンルーが父の供として従いました。
佐敷按司が隠居した事を知ると島添大里按司は、何か裏がありそうだと疑い、家臣の奥間大親に見張れと命じます。
サハチ夫婦は佐敷グスクの一の曲輪の屋敷に移り、母と弟たちは東曲輪の屋敷に移りました。
娘たちの剣術の稽古が始まった五日の日、伊波のサムが妻のマチルーを連れて、サハチを訪ねて来ます。
サムは伊波を飛び出して来たので、佐敷に置いてくれと言います。
サハチはクマヌと相談して、サム夫婦を預かる事にします。

旅に出た東行法師とマサンルーは玉グスクの城下を見て、知念を目指します。
途中、志喜屋を通った時、東行法師はサハチの誕生を祝福してくれた志喜屋の大主を思い出します。
すでに亡くなっているとは思うが、急ぐ旅でもないので挨拶でもして行こうと大主の屋敷を訪ねます。
大主の娘の志喜屋ヌルが現れて、東行法師が佐敷から来たと言うと、目の色を変えて東行法師を見つめました。
亡くなった大主は、十年後に佐敷から誰かが訪ねて来るだろうと予言したと言います。
東行法師は驚き、志喜屋ヌルから翡翠の勾玉を贈られます。
その勾玉は代々、浦添のヌルに伝わっていた古い勾玉でした。


西行法師は西にあるという極楽を目指して西行と号しますが、琉球ではニライカナイは東にあるので、佐敷按司は東行と号しました。


登場人物

・佐敷按司
尚巴志の父、サグルー。
隠居して東行法師を名乗って旅に出る。

・サハチ(尚巴志)
父が隠居し、21歳で佐敷按司になる。
父は佐敷按司、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・ミチ
尚巴志の母。先代の美里之子(んざとぅぬしぃ)の娘。

・マサンルー
尚巴志の弟。父と共に旅に出る。

・ヤグルー
尚巴志の弟。

・マナミー
尚巴志の妹。

・マカマドゥ
尚巴志の妹。

・マタルー
尚巴志の弟。

・マチルー
尚巴志の妹。

・クルー
尚巴志の弟。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。佐敷按司の家臣。熊野大親。

・苗代大親
尚巴志の叔父。サハチとマチルギの剣術の師匠。

・馬天ヌル(馬天ノロ)
尚巴志の叔母。神名はティーダシル。
マチルギから剣術を習っている。
ヒューガと結ばれ、娘のササが生まれる。

・佐敷ヌル(佐敷ノロ)
尚巴志の妹、マシュー。神名はツキシル。
マチルギから剣術を習っている。

・島添大里按司
島尻大里按司(山南王)の叔父。
王叔汪英紫という名で、山南王の使者として明国に行く。
隠居した佐敷按司を疑い、見張りを付ける。

・奥間大親
島添大里按司の家臣。東行法師を見張る。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。
サスカサからムムトゥフミアガイ(百度踏揚)という神名を授かる。

・サム
伊波按司の四男。マチルギの兄。
妻はクマヌの娘のマチルー。
伊波を飛び出し、妻を連れて佐敷に来る。

・マチルー
サムの妻。クマヌの娘。

・ウミンター
尚巴志の叔父。サミガー大主を継ぎ、鮫皮造りの親方になる。

・志喜屋ヌル(志喜屋ノロ)
志喜屋大主の娘。
父から頼まれていた勾玉を東行法師に渡す。


尚巴志伝
ラベル:尚巴志伝 琉球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック