2014年07月21日

馬天ノロ

 尚巴志の叔母の馬天ノロは、先代の馬天ノロが亡くなった時、島添大里のサスカサノロから教えを受けるように言われます、しかし、若く自惚れも強かった馬天ノロは、先代からすべてを教わったので、これ以上、学ぶものなど何もないと思って、教えを受けませんでした。
 ところが、馬天ノロが24歳になった時、島添大里按司が八重瀬按司に滅ぼされてしまい、大グスク按司から頼まれて、兄が佐敷按司になりました。兄が按司になると、出陣のための儀式や戦勝祈願などを執り行なわなければなりません。そういう事は先代からは教わっていませんでした。今になって、先代が言った事の意味がわかり、サスカサノロを探しますが、見つかりません。噂では、グスク内にいて、殺されてしまったのだろうと言います。馬天ヌルは後悔しますが、後の祭りでした。
 伯母である大グスクノロに教えを請いますが、大グスクノロは後継者の若ヌルの指導に忙しくて、なかなか教えてくれません。そして、五年後には大グスクも攻め落とされ、大グスクノロも亡くなってしまいます。出陣の儀式は教わりましたが、まだまだわからない事がいっぱいありました。玉グスクノロか糸数ノロに頼もうかとも思いましたが、大グスクの落城の後は疎遠になってしまい、頼む事はできませんでした。
 それから二年が経って、父のサミガー大主の所で働いているウミンチュから、久高島に七年間もウタキ(御嶽)に籠もって祈りを続けているノロがいると聞きます。七年前と言えば島添大里グスクが落城した時です。もしかしたら、サスカサノロではないだろうかと思って、すぐにでも久高島に行きたかったのですが、教えを請うとなると、しばらく留守にしなければなりません。姪のマシューを一人前のヌルにしてから行こうと諦めます。
 旅をするには身を守らなければならないと思い、30歳を過ぎているのに、マチルギから剣術を習います。マシューを相手に稽古に励んで、みるみる上達します。そして、マシューを佐敷ヌルに就任させると、馬天ヌルは旅に出るサハチ夫婦と一緒に久高島に渡ります。共に、旅をしたヒューガには以前から好意を持っていました。しかし、ノロとして、そんな事はしてはいけないと気持ちをずっと抑えていました。
 久高島で、フカマヌルと会い、フカマヌルに娘がいる事に驚き、ヌルはマレビト神となら結ばれてもいいと聞きます。その時から、馬天ヌルの心の中で、ヒューガはマレビト神となるのでした。
 馬天ヌルはウタキに籠もっているサスカサノロと出会い、教えを請い、許されて、共にウタキに籠もります。半年後、佐敷に帰った馬天ヌルは、余計な物をすべて捨て去ったかのような、さっぱりとした顔付きで、まるで、神気が漂っているようでした。何事にも囚われる事なく、自由気ままに暮らし、自然の成り行きで、ヒューガと結ばれて、娘のササが生まれます。
 ササが生まれてからは、娘を育てるためにおとなしくしていましたが、40歳になった時に、ウタキ巡りの旅に出ます。旅は五年にも及び、馬天ヌルは各地で奇跡を起こして、各地のノロたちから尊敬される存在となっていくのでした。


馬天ヌルの略歴

尚巴志伝


    


ラベル:琉球 尚巴志伝
posted by 酔雲 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉球王国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。