2007年01月19日

武士の名前について

現代の名前は姓と実名だけですが、武士の名は姓、苗字、実名、通称、幼名、号などがあって、出家して法名を名乗る人もいました。
たとえば、愛洲移香斎は愛洲が苗字で移香斎は号です。姓は源氏で、実名は久忠、通称は太郎左衛門、幼名は太郎です。
上泉伊勢守は上泉が苗字で、伊勢守が通称です。伊勢守というのは官職名ですが、それが通称として使われていました。天覧試合の後、正式に武蔵守に任命されてからは武蔵守が通称になります。姓は藤原氏で、実名は秀綱、後に信綱に改名します。
武田信玄は武田が苗字、信玄は法名です。姓は源氏で、実名は晴信、通称は太郎、あるいは大膳大夫、信濃守です。
実名というのは魂の籠もった尊いもので、直接、口にするのは非礼な事と考えられていました。そこで、通称という呼び名が生まれます。自分から名乗る時は実名を使いますが、他人を呼ぶ時は決して、実名を呼ばずに通称を使っていました。
時代劇ではよく、「信長殿」「秀吉殿」「家康殿」とか呼んでいますが、本当は、信長でしたら、上総介殿、弾正忠殿、右大将殿とか呼び、秀吉なら、藤吉郎殿、筑前守殿、関白殿と呼び、家康なら、次郎三郎殿、三河守殿、内大臣殿、将軍様、大御所様と呼ぶべきです。しかし、出世するたびに通称は変わって行きます。忠実にやっていたら観ている方が混乱してしまうので、統一した方がわかりやすいのでしょう。
私の小説ではセリフには通称を使っています。読みづらいかもしれませんが、成るべく忠実に表現したいと思っています。


陰の流れ《愛洲移香斎》   摩利支天の風〜若き日の北条幻庵

藤吉郎伝―若き日の豊臣秀吉   時は今‥‥石川五右衛門伝

戦国草津温泉記・湯本善太夫   戦国草津温泉記・湯本三郎右衛門

銭泡記〜太田道灌暗殺の謎   陰の流れ外伝 針ヶ谷夕雲


ラベル:武将
posted by 酔雲 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。