2006年12月17日

三代目中村歌右衛門

豊国画「三代目中村歌右衛門」
文化5年(1808年)3月、31歳の時に、中村歌右衛門は上方から江戸に下って来て大活躍します。
目はぎょろっとして体は小さく、体格や容貌には恵まれなかったようですが、演技力でカバーして江戸っ子たちの人気者になります。
主役だろうが悪役だろうが、男役だろうが女役だろうが何でもこなして、一つの芝居の中で七変化や九変化をやって観客をあっと驚かせました。
「仮名手本忠臣蔵」では高師直、大星由良之助、斧定九郎、おかるの母親、弥五郎、戸無瀬、天河屋義平の七役を見事に演じ分けたそうです。
ぎょろっとした目を生かして、石川五右衛門は当たり役でした。
屋号は加賀屋、俳名は梅玉、あるいは芝翫(しかん)と号しています。


  假名手本忠臣蔵(大序・三段目・四段目)  假名手本忠臣蔵(道行・五段目・六段目)  假名手本忠臣蔵(七段目)  假名手本忠臣蔵(九段目・大詰)

  草津温泉膝栗毛・冗談しっこなし


ラベル:歌舞伎
posted by 酔雲 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸時代>人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。