2006年12月07日

室町幕府八代将軍、足利義政

義政といえば、銀閣寺を建てた将軍として有名ですが、将軍としての仕事をする事ができずに、応仁の乱の原因を作ってしまった人と言えます。
義政は、嘉吉の変で赤松氏に殺された六代将軍義教の子で、七代将軍義勝の弟です。次男なので当然、僧侶になる予定でしたが、兄が10歳で亡くなってしまったために、8歳の時に将軍職を継ぐ事に決まりました。
14歳で七代将軍になりますが、「三魔」と呼ばれていた今参局、有馬持家、烏丸資任の3人の側近衆が政務を牛耳っていて、将軍とは名ばかりで何もできませんでした。
20歳の時に日野富子を妻に迎えます。富子は嫁いで5年目に男の子を産みます。何人もいた側室も女の子は産みましたが、男の子は初めてです。義政も大喜びしますが、その子はすぐに亡くなってしまいました。今参局が呪いをかけていたと疑われ、琵琶湖の沖の島に流されて自害して果てます。今参局が亡くなると日野家が勢力を持って来ます。
うるさい側近たちに囲まれ、管領の細川勝元も好き勝手な事をしていて、将軍である自分の言う事を聞く者は誰もいません。面白くない義政は花見の宴、月見の宴など、大袈裟な宴会を催しては憂さ晴らしをします。やがて、庭園造りに興味を持って、花の御所の造営に熱中します。
29歳の時、義政はさっさと隠居をして好き勝手に生きようと決心して、僧侶だった弟(義視)を無理やり還俗させ、跡継ぎに任命して細川勝元に後見させます。もう男の子は生まれないだろうと思っていたのに、翌年、富子が男の子を産みます。義尚です。
富子は我が子を将軍職に就けようと、勝元と敵対している山名宗全を頼みます。次期将軍職の任命権は勝元と宗全の手にゆだねられ、さらに、畠山家、斯波家の家督争いも絡んで、応仁の乱が始まるのです。

陰の流れ《愛洲移香斎》第一部・陰流天狗勝


足利義政  茶道・香道・華道と水墨画


ラベル:将軍
posted by 酔雲 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国時代>人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。