2012年05月07日

思紹(ししょう)

尚巴志の父親、苗代大親(なーしるうふや)は中山王となって思紹と名乗ります。
1354年に沖縄本島南部の佐敷(南城市)に生まれます。父親は佐銘川(鮫川)大主(うふしゅ)、母親は大城按司(うふぐしくあじ)の娘です。
美人として評判だった美里之子(んざとぅぬしぃ)の娘と結ばれ、尚巴志が生まれます。
苗代という地に住んでいたので苗代大親と呼ばれ、やがて、佐敷按司になります。按司というのは領主の事で、思紹の祖父が大城按司だったので、その力を借りて按司になったものと思われます。
いつの事かわかりませんが、母親の実家である大城按司は島添大里按司と争って滅ぼされてしまいます。その合戦に思紹も参加して活躍したはずですが、合戦の詳しい様子はわかりません。
1392年、39歳の時、何の理由があってか、21歳の尚巴志に家督を譲って隠居してしまいます。大城按司が滅ぼされ、戦国の世を生き抜くには倅の尚巴志の方がふさわしいと考えたのでしょうか。
尚巴志の活躍を助けながらも表に出なかった思紹ですが、1406年、尚巴志が浦添按司を倒した後、表に担ぎ出されて中山王となります。53歳でした。
15年間、王位にあった思紹は1921年に68歳で亡くなりました。8年後、尚巴志は沖縄本島を統一します。


尚巴志伝


          

          


ラベル:琉球
posted by 酔雲 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉球王国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。