2006年10月10日

種玉庵宗祇

宗祇は連歌師の第一人者です。連歌会所奉行職を務め、連歌界の総元締のような立場にありました。
室町時代から戦国時代にかけて、武将の嗜みの一つに連歌がありました。
連歌とは数人が集まって句の詠み合いをする即興的な遊びで、まず、師匠格の人が発句と呼ばれる五・七・五の句を詠みます。次に、亭主格の人が脇句と呼ばれる七・七の句を詠み、師匠の次の位の人が第三句の五・七・五を詠み、それから順番に、七・七の句、五・七・五の句と詠んで行きます。100句まで詠むのが普通で、百韻連歌と呼ばれます。
発句には季語を入れて、その句だけで独立していなければなりません。脇句は発句と同じ季節を詠み、発句からあまり離れていてはいけません。第三句は発句と脇句に関連しながらも、変化する事を重要視します。同じ所をグルグル回っていては発展しないので、少し、目先を変えなければならないのです。
連歌をするには古典の和歌を知らなければならないので、武将たちは合戦の合間に「古今和歌集」や「源氏物語」などを読んで勉強していたのです。
宗祇は相国寺の僧で、30歳頃、寺を出て、東山の近くに草庵を結んで連歌の修行を始めます。40歳を過ぎてから連歌師としての名が広まります。
48歳の時に、応仁の乱が始まり、宗祇は戦を避けて関東へと旅立ちます。この時、江戸城主の太田道灌に歓迎されて、しばらく、江戸に落ち着きます。
53歳の秋、近江の飛鳥井雅親邸内に種玉庵を営み、古典の研究に没頭します。連歌会所の奉行職に就いたのは68歳の時でした。
武将たちから招待を受けては遠くまで出かけて行き、82歳で亡くなる時まで、旅を続けていました。弟子で有名なのは夢庵肖柏と柴屋軒宗長です。
現在も盛んに行なわれている俳句は、江戸時代になって、連歌の発句が独立したものです。

種玉庵宗祇の略歴

陰の流れ《愛洲移香斎》第三部・本願寺蓮如

※宗祇は陰の流れ第三部・本願寺蓮如の35.再会その2に登場します。


宗祇  連歌師宗祇の実像  連歌とは何か  中世和歌連歌の研究  連歌の心と会席  新編日本古典文学全集(61)
タグ:連歌師
posted by 酔雲 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国時代>人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25216866

この記事へのトラックバック