2006年07月28日

「義経千本桜」のいがみの権太

いがみは歪みの事で、心が歪んでいる悪者を意味します。今ではあまり聞きませんが、昔はワルガキの事を権太と呼んでいたようです。いがみの権太というのは、心のひねくれたワルガキという意味です。
今でも歌舞伎で上演される「義経千本桜」はもともとは人形浄瑠璃の名作です。1747年の11月に大坂の竹本座で初演されて、翌年の5月に歌舞伎として江戸の中村座で初演されました。
竹田出雲、三好松洛、並木千柳の合作で、この三人は、「菅原伝授手習鑑」「仮名手本忠臣蔵」「雙(ふたつ)蝶々曲輪日記」などの名作を多く残しています。
序幕が「堀川御所の場」、二幕目が「伏見稲荷の場」、三幕目が「渡海屋の場」と「大物浦の場」、四幕目が「下市村の場」、五幕目が「釣瓶鮨屋の場」、六幕目が「芳野山道行の場」、大詰が「川連法眼館の場」です。
いがみの権太は四幕目と五幕目に登場します。1825年の市村座で、二代目関三十郎が演じ、1828年の市村座で、七代目市川団十郎が演じ、1831年の市村座で、三代目尾上菊五郎が演じ、1847年の河原崎座で、六代目松本幸四郎が権太を演じています。
権太は主役ではありませんが、権太を演じる役者次第で、成功したり失敗したりするので、名立たる名優たちが競って演じています。

天明三年浅間大焼 鎌原村大変日記


義経千本桜  ほんとうはおもしろいぞ歌舞伎義経千本桜  義経千本桜(下巻(2部))  芝居絵に見る江戸・明治の歌舞伎


ラベル:歌舞伎
posted by 酔雲 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸時代>文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。