2006年07月10日

上杉謙信の名前について一言

上杉謙信は越後守護代長尾為景の末っ子で、幼名は虎千代と名付けられました。生まれた享禄三年が寅年だったからだそうです。
7歳の頃、出家して林泉寺に入りますが、その時の名は不明です。
兄の片腕として働くために、14歳の時に還俗させられて、長尾平三郎景虎を名乗ります。その後、いつの頃からかわかりませんが、弾正少弼景虎を名乗ります。
32歳の時に関東に攻め込み、鎌倉の鶴岡八幡宮にて、関東管領上杉憲政から、管領職と上杉姓と政の字を譲られて、関東管領上杉政虎を名乗ります。
しかし、翌年には、将軍足利義輝から輝の字を名乗る事を許されて輝虎と改名します。そして、42歳の時に不識庵謙信を名乗り、45歳の時に剃髪して法体となります。
景虎を名乗っていたのが14歳から32歳までの17年余り、政虎を名乗っていたのが1年余り、輝虎を名乗っていたのが33歳から42歳までの8年余り、謙信を名乗っていたのが42歳から49歳で亡くなるまでの6年余りという事になります。
ちなみに、武田晴信が信玄を名乗ったのは39歳の時で、北条氏康が万松軒を名乗ったのは45歳の時でした。関東の地を争った三人の年齢を比較してみますと、万松軒が1515年の亥年生まれ、信玄が1521年の巳年生まれ、謙信が1530年の寅年生まれです。

戦国草津温泉記・湯本善太夫

戦国草津温泉記・湯本三郎右衛門


上杉氏年表  上杉謙信  上杉謙信  上杉謙信に学ぶ事業承継
ラベル:武将
posted by 酔雲 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国時代>人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック