2006年06月14日

江戸時代の歌舞伎

江戸時代の文化といえば、歌舞伎を除く事はできません。芝居見物は庶民たちにとって一番の娯楽で、当時の流行も歌舞伎役者たちから発信されていました。有名な役者たちは、今で言えば大スターで、井戸端に女たちが集まれば、噂話に花を咲かせていました。男たちも役者の声色を真似たり、粋な着こなしを真似していたようです。
江戸での一番人気はやはり、市川団十郎でしょう。文化4年(1807)の資料によると、当時、活躍していたのは蝦蔵を名乗っていた五代目です。六代目が22歳の若さで、8年前に亡くなってしまい、隠居する予定を返上して舞台に立っていました。すでに67歳です。七代目はまだ17歳でしたが、五代目の跡を継いで、後に名優になります。
団十郎に継いで人気があったのが、鼻高幸四郎と呼ばれた五代目松本幸四郎です。渋い演技で人気があったようです。
三代目坂東三津五郎も演技がうまく、坂三津(ばんみつ)と愛称されて人気者でした。
三代目尾上菊五郎はまだ24歳で、栄三郎を名乗っていました。若い娘たちに人気があってキャーキャー騒がれていたようです。菊五郎を襲名するのは7年後の事です。
関西では三代目中村歌右衛門と四代目沢村宗十郎が有名で、共に江戸に出て来て人気者になります。
女形(おんながた)では五代目岩井半四郎と四代目瀬川菊之丞が美貌を競い合っていました。
団十郎の三枡紋とかまわぬ模様、菊五郎の格子模様とよきこときく模様、三津五郎の縞模様、歌右衛門の芝翫(しかん)縞、半四郎の鹿の子模様と岩井茶、菊之丞の路考茶など、歌舞伎役者から流行したものも数多くあります。

江戸歌舞伎文化論

「草津温泉膝栗毛・冗談しっこなし」のあらすじ

草津温泉膝栗毛・冗談しっこなし


歌舞伎ヒーローの誕生 大江戸歌舞伎はこんなもの 歌舞伎人名事典新訂増補 江戸の役者たち新装版 江戸時代の歌舞伎役者 江戸歌舞伎文化論 歌舞伎の男たち、女たち 芸の秘密


ラベル:歌舞伎
posted by 酔雲 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸時代>文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。