2006年05月31日

喜多川歌麿と艶本

艶本(えほん)は枕絵とか、春本とか、わ印(わらい本)とか呼ばれています。
江戸時代、幕府に禁止されていた書物ですが、版元は裏に隠れて盛んに出版していました。それを描く浮世絵師も勿論、禁止されているのを承知で、腕によりを掛けて描いていました。
美人絵を描かせたら天下一品と言われる歌麿は当然のごとく、腕をふるって素晴しい艶本を何冊も残しています。色のない墨摺りの半紙本が多いのですが、寛政11年(1799年)、47歳の時に売り出した「ねがひの糸ぐち」と享和2年(1802)、50歳の時に出した「絵本小町引」は多色摺りで折帖仕立ての豪華なものでした。
寛政9年から文化元年(1804)まで、毎年、艶本を売り出していた歌麿でしたが、その年の5月、「太閤記」に関する浮世絵を描いたという理由でお上に捕まってしまい、3日間、牢屋に入れられて責められ、その後、50日間の手鎖りの刑に処せられます。
当時、太閤記ものが流行っていて、歌麿もそれに便乗したのですが、豊臣秀吉の出世話である「太閤記」には徳川家康が出てきます。江戸時代、徳川幕府の始祖である家康は東照大権現様という神様になっていて、神様の事をとやかく言うのはけしからんと言うわけで、捕まってしまったのです。
「太閤記」は単なる口実に過ぎず、贅沢になった町人たちを取り締まるために、有名になりすぎた歌麿をみせしめとしたのでしょう。みせしめにされたのは歌麿だけではなく、弟子の月麿、勝川春亭、勝川春英、歌川豊国、そして、十返舎一九も手鎖り50日の刑に処せられました。
その時、歌麿は52歳でした。その刑の後、歌麿は懲りて艶本は描かなくなります。歌麿だけでなく、歌川派、勝川派の浮世絵師も描かなくなり、葛飾北斎とその弟子のような存在の渓斎英泉の活躍が始まります。
刑の後、歌麿はかなり落胆して、2年後には亡くなってしまいました。


 喜多川歌麿の履歴

 艶本一覧

「草津温泉膝栗毛・冗談しっこなし」のあらすじ

草津温泉膝栗毛・冗談しっこなし


歌麿の謎美人画と春画  喜多川歌麿  春画  江戸春画性愛枕絵研究  春画浮世絵の魅惑(4)  春画・江戸ごよみ(夏の巻)  春画と肉筆浮世絵  


ラベル:浮世絵師
posted by 酔雲 at 10:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 江戸時代>人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読みましたよー!私はちょっと痛い?日記かいてますwよかったら見てくださいね〜
Posted by 母恵夢 at 2006年05月31日 16:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。