2006年05月17日

弁天のおりん

日光の円蔵の妻は女壷振り師で、通り名を弁天のおりんといいます。
そのいわれは博奕打ちに成り立ての若い頃、勝負に負けてオケラになってしまい、悔しくて帰る事もできず、襦袢姿になって着物を賭けました。それでも負けてしまい、ついに素っ裸になって襦袢と腰巻も賭けました。ようやく、運が巡って来て勝負に勝ち、着物を取り戻して、さらに10両勝って、意気揚々と引き上げました。その時の事が噂になって、裸弁天のおりんと呼ばれるようになりました。自分で名乗る時、裸弁天では恥ずかしいので、弁天のおりんと名乗っていました。
旅先でおりんと出会った円蔵は噂を知っていて、おりんの裸を拝もうと勝負を挑みますが負けて、自分が裸にされてしまいました。それでも二人は意気投合して、やがて、夫婦となります。
円蔵が国定忠治の客人になってから、おりんも百々一家にやって来て、忠治のために伊三郎の事を調べたり、女壷振り師を育て上げます。
30歳を過ぎて壷振りから身を引いて、境宿で居酒屋を始めます。円蔵が捕まって牢死した後は、旅に出て行方知れずとなってしまいます。
とは言っても、おりんは「侠客国定忠次一代記」を書くにあたって、私が創作した人物です。男ばかりじゃ面白くないと話に色を添えたわけです。
実際に、おりんのような女渡世人がいなかったわけではありません。忠治の子分の桐生町のお辰は実在しています。他にも、箱原のおさん、追分おきょう、女無宿おりは、投げ賽小万、小桜おせんなど、語り継がれている女渡世人は何人もいました。

侠客国定忠次一代記

国定忠次外伝・嗚呼美女六斬


緋牡丹博徒  緋牡丹博徒 一宿一飯  緋牡丹博徒 二代目襲名  緋牡丹博徒 お竜参上  陽炎
posted by 酔雲 at 11:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 江戸時代>人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
酔雲さん、はじめまして。
JOBLOG(ジョブログ)事務局の高橋と申します。
初めての書き込み失礼いたします。

今回は、酔雲さんのブログに、ぜひJOBLOGに
参加していただきたくコメントさせていただきました。

JOBLOGは、ブログから企業の求人情報を発信し
ブロガーさんには掲載していただくだけで報酬を
お支払いする、というシステムです。
ブログが人材と企業を結ぶ架け橋になる
今までにはないタイプの求人情報メディアです。

誠に勝手ではございますが、ご参加いただければ幸いです。
もしご興味がございましたら、詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.joblog.jp/blogger/

突然の書き込み、大変申し訳ございません。
お邪魔でしたら削除していただければと思います。

どうぞよろしくお願いします!
Posted by 高橋 at 2006年05月18日 21:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック